エディー・バウアー・ジャパン

2019年06月20日

1196.♪ノー・サッチ・ラック!




いやぁ〜、うっとりしちゃいますねぇ!


♪No Such Luck/Michael McDonald(1982年)


マイケル・マクドナルド!さんご登場。


ファンクから、いつの間にか洒落たあの時代のAORに行ってるなぁ!ちょうど、TOTOさんたちと同じ時代にソロとして活躍をしていたのが、元後期ドゥービー・ブラザーズのシンガー、マイケル・マクドナルドさん!「ドゥービー・ブラザーズがポップスになってしまったのかぁ?」なんて、トム・ジョンストンさんの代わりにマクドナルドさんが加入してからの彼らは、賛否両論があったと聞きます。

私は、ドゥービー・ブラザーズさんたちは、ちょうど前期・後期の曲がまんべんなく収録されたベスト盤から入った人なので、まだロックが何かと言うことも何にも知らなかった時だったので・・・両方意外にすんなりと聴けちゃったんですよね。なので今も、前期の土臭いサザンロックも、後期のブルーアイドソウルも、全く違和感なく入って来ちゃうんですよ!でもやはり、後期が良いですねぇ。

さて今夜は、マクドナルドさんがドゥービー・ブラザーズ解散後、最初にリリースしたソロアルバム「思慕(ワン・ウェイ・ハート)(If That's What It Takes)(1982年)」収録のナンバーです!このアルバムからは、「♪アイ・キープ・フォーゲッッティン(I Keep Forgettin')(1982年)」がヒットして、今も注目の曲になっているようですが、

全曲◎の良いアルバムなんだよねぇ!改めて私は、一番好きなアルバムと言っても良いかなぁ?なんて、今感じています!

マクドナルドさんは、ヴォーカル、ピアノ、フェンダー・ローズ、シンセサイザーを担当していますが、バックのミュージシャンが、これまた豪華絢爛です!グレッグ・フィリゲインズさん(キーボード(クラヴィネットやハモンドオルガンも弾いてます))、マイケル・ボーディッカーさん(シンセサイザー)、マイケル・オマーティアンさん(フェンダー・ローズ)、

ギタリストには、ディーン・パークスさん、スティーヴ・ルカサーさん、ロベン・フォードさん、ベーシストには、ウィリー・ウィークスさん、ルイス・ジョンソンさん、マイク・ポーカロさん、ドラムスには、ジェフ・ポーカロさん、スティーヴ・ガッドさん、パーカッションに、レニー・カストロさん、パウリーニョ・ダ・コスタさん、サックスソロで、エドガー・ウィンターさん、トム・スコットさん、

バッキングヴォーカルに、ケニー・ロギンスさん、クリストファー・クロスさん、ブレンダ・ラッセルさん・・・、そしてプロデュースには、レニー・ワロンカー&テッド・テンプルマンさんが担当と来れば、素晴らしいものが出来ないわけはないですよねぇ?もちろん、凄腕だからだけでなくて、凄腕の方々が熱い気持ちを込めて演奏しているからこそ・・・ですよねぇ?

落ち着いていて
う〜〜っとりの美旋律と
マクドナルドさんの
スモーキーな歌声に酔いしれよう!

あの時代の、ジャズ/フュージョンmeetsアダルト・コンテンポラリーないし、AORってところになるのでしょうか?ハードで土臭いロックンロール好きには、確かに物足りないかもしれませんねぇ?ドゥービー・ブラザーズさんたちの前期・後期の論争が、マクドナルドさんのソロを改めて今堪能していて、なるほどだなぁ!って、ようやく実感しています。

ただ、本日のナンバーではギターソロも飛び出して来るし、ロックな要素もあります!しかし全体を包んでいるのは、やっぱり都会的なポップミュージックなんですよねぇ?リズムセクションが、マイク&ジェフのポーカロ兄弟で、ギターにスティーヴ・ルカサーさん!と言うことは、前回のTOTOと雰囲気が似ているってところも感じます。

独特の曲の流れが、何とも心地良いんだよなぁ!やっぱり作曲能力なんでしょうねぇ?私はもう琴線に触れっぱなしで、う〜〜っとりしてしまっています!前述したように、ジャズ/フュージョンの味付けもありますよね?リズムがまっ平にならない、どこか揺れて動く独特のリズムがまた良いんだなぁ!シンセサイザーも、ギラギラしてない音で、逆にあったかぁ〜い気持ちにさせてくれたり、

対称になるアナログの、フェンダー・ローズの煌びやかな音も、全体とピッタリ合っていて、ホントさすがだよ〜!って感じます。そんな最高の音の中に、マクドナルドさんの、白人とは思えない、しゃがれたスモーキーな歌声が入って来る!正に、ミスター・ブルーアイドソウル!味わい深いです。後に彼は、モータウンのカヴァーアルバムをリリースされますが、

これがまた、合うんだよなぁ!もちろん彼は黒人さんじゃないわけですが、限りなくアフリカンに近いシンガーさんだと、改めて聴くと実感しますね!そして、マクドナルドさんにしか出せない、独自の世界を持っていらしゃいます!どんな歌詞なのかは、もういらないほどの旋律と歌声ですぞ〜!

彼も選ばれたる歌い手さんだよなぁ!

疲れた心身が癒される
珠玉のナンバーに乾杯・・・。


※本日の1曲「♪ノー・サッチ・ラック(1982年)」収録のアルバム「思慕(ワン・ウェイ・ハート)(1982年)」は、米ビルボード 200で最高位6位、ビルボード・R&B・アルバムチャートで最高位10位を獲得しているようです。未体験の方々には、ぜひ堪能して欲しい名作ですぞ〜。



にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ

にほんブログ村 音楽ブログへ

posted by のぶそうる at 22:24| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)マ行・ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。