セシール

2019年06月28日

1198.♪ヒューマン・ネイチャー!



キング・オブ・ポップよ永遠に・・・。


♪Human Nature/Michael Jackson(1983年)


マイケル・ジャクソン!さんです。


先日の6月25日は、マイケル・ジャクソンさんが亡くなられてから、10年の年月が経った日だったんですねぇ?あれからもう10年も経ってしまったのかぁ・・・?何か早いような遅いような、やはり、死に対して疑惑があったりしたためか、やっぱり今もファンは、複雑な気持ちにならざる得ないですよね?しかしもう何を言ったって、マイケルさんは帰って来ないのですから、彼が残してくれた宝物のような音楽を、

いつまでも楽しんで、いつまでも彼の存在を忘れないで行こう!と言うことに私はしたいと思います。今夜は彼の色気が漂う、何とも表現することが難しい?いやポップで美メロなナンバーを!全世界でNo.1を獲得した通算6作目のアルバム「スリラー(1982年)」収録の、ヒットシングルナンバーでございます!

本日のナンバーのバックミュージシャン

パウリーニョ・ダ・コスタさん(パーカッション)、スティーヴ・ルカサーさん(ギター)、デヴィッド・ペイチさん(シンセサイザー)、ジェフ・ポーカロさん(ドラムス)、スティーヴ・ポーカロさん(シンセサイザー)・・・と、最近私がまた虜になっている、マイケル・マクドナルドさんの「思慕(ワン・ウェイ・ハート)(1982年)」と、同じく、TOTOのメンバーがバックアップしていたんですねぇ?

しかも同じ1982年!皆さん、どんだけ仕事してんだよ〜!って、驚いてしまいます。この頃彼らは、TOTOとしての活動もしていらっしゃるんですからねぇ?しかも本日のナンバーは、スティーヴ・ポーカロさんがジョン・ベティスさんと共にソングライティングも行っているんですから、ワーカホリックを超えちゃってるんじゃないでしょうか?

機械的な
シンセサイザーサウンドが
とても人間的であったかぁ〜く
ちょっと不思議な雰囲気がある
でも
とてもメロディアスな名曲ですねぇ!

そうそう、'90年代に入ってから、SWVさんたちが「♪ライト・ヒア(リミックス)(1993年)」で、このマイケルさんの名曲をサンプリングしていて、それがまた良いんですよ〜!何だろう?独特の雰囲気がありますよね?もちろん最高のR&Bソングなんですが、シンセサイザーのサウンドに、なぜかあったかぁ〜い人間味を感じちゃう?・・・なんて、独特の感じがあります。

シンセサイザーのサウンドにさえ、あったかさを感じるなんて・・・もちろんカッコイイR&Bなんだけれど、心が優しくなれちゃう!歌メロも、リズミカルで、これまたカッコイイR&Bなんだけれど、その歌われる、人間のあったかい触れ合い?を感じて、凄く心があったかくなっちゃう!やっぱりマイケルさんの持つ、大きな優しさや思いやり!これらが、どうしたって聴く者に伝わって行くのでしょうねぇ?

アルバムの中では、地味にさえ聴こえてくるナンバーかもしれませんが、元々彼の持っている、ソウルフルでR&Bな部分が良く出て来ていて、私は今もこのナンバーが好きです!まだ書いてなかったことに気が付き、あれ?って思ってしまったわけなんですが、良い曲だなぁ!と、改めて感じています。

自分に厳しく他人に優しく、本気で世界が一つになれると信じていた方でもあって、彼ならばそれを本当に叶えてくれると思わせた人だったと思います!しかし、そう言ったミュージシャンとしての部分以外のことで、周りに振り回されてしまったのが・・・いやもうやめましょう!彼の曲は、彼の歌は、彼のダンスは、彼の存在は・・・永遠に皆の心に残ることでしょう!

ミスター・マイケル・ジャクソンよ永遠に・・・。


※本日の1曲「♪ヒューマン・ネイチャー(1983年)」は、米ビルボード 100で最高位7位、カナダとオランダで最高位11位、ニュージーランドでは最高位12位、英国のシングルチャートで最高位62位・・・を記録しているようです。アルバム「スリラー(1982年)」は、アメリカ、イギリス、カナダを始め、全世界のアルバムチャートで最高位No.1!を獲得しているようです。







にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲・好きなアルバムへ


posted by のぶそうる at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)マ行・ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。