アウトドア&フィッシング ナチュラム

2019年07月01日

1199.♪Only You 君と夏の日を!




気分爽快
ジャパニーズ・ポップンロール!


♪Only You 君と夏の日を/TUBE(1996年)


TUBE!さんたちです。


AORでアダルトな雰囲気を満喫していたんですが、そろそろ、スカッと爽快!な曲で、梅雨の鬱陶しさを吹っ飛ばしたい!なんてことで、ニッポンが誇る夏限定のスター!(いや失礼!他の季節もいろいろとご活動されていらっしゃると思うのですが)今宵はTUBEさんたちの、正に夏を感じる爽快ジャパニーズ・ポップンロールを!

作詞:前田亘輝さん
作曲:春畑道哉さん
編曲:TUBE

メンバー

前田亘輝さん(ヴォーカル)
春畑道哉さん(ギター&キーボード)
角野秀行さん(ベース)
松本玲二さん(ドラムス&パーカッション)

ホント、
気分爽快なポップでロックな
ジャパニーズナンバーが
気持ち良いぞ〜〜〜〜!

先日テレビで彼らの勇姿を久々に拝見!

まだまだエネルギッシュで、感動しちゃったんですが、やはり夏と言えば、彼らTUBEさんたちの曲が聴きたくなるのが、特に私たちの世代じゃないでしょうか?今夜は彼らの通算23作目のシングルナンバーです!春畑さんのドライヴするロックンロールなギターが特徴的で、カラっと晴れた日に合う、ポップで爽快なナンバーですぞ〜!

春畑さんは確か、マイケル・シェンカーさんから影響を受けた方で、その後のハードロック系のスタイルを、見事にジャパニーズ・ポップに融合させたギタリストだと思います!私と同じ世代(2歳先輩ですが)なので、「それ分かる分かる〜!」って彼のギターを聴いていて感じますねぇ!この曲でも、オルタナ系を通らない、ストレートで快活って言うのかなぁ?トリッキーさもある、カッコイイ〜ギターフレーズを、存分に聴かせてくれます!

リズムも、松本さんのダイナミックなドラミングと、角野さんのシンプルだけどしっかりとバンドの核となるベースが、しっかりとバンドを支えて、シンプルなのに、グイグイと引っ張られて行きます!アメリカン・ロックに影響された歌謡曲とも言えるけれど、良いじゃないですかぁ!自分たちのものにちゃんとしていますよねぇ?

練られたメロディとかは、

正にジャパニーズならではで、

サビは一緒に歌いたいところだよねぇ?

そしてやはり、

前田さんのヴォーカル!

張りがあるダイナミックなスタイルは、日本人離れしていて、最初聴いた時には、「おお〜!」って思った方多いことでしょう。艶もあってソウルフルで・・・やっぱり聴かせるシンガーさんだなぁ!年を重ねるごとに、太られちゃってますが、そこも愛嬌を感じて良いです!人の良いフランクな雰囲気が。しかしひとたび歌い出せば、

聴く者すべてを虜になってしまうその歌声!

・・・は素晴らしいですねぇ!

気分爽快!

朝一番から行きたいですねぇ!


※本日の1曲「♪Only You 君と夏の日を(1996年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位9位を記録しているようです。この曲収録のアルバム「Only Good Summer(1996年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位No.1!を獲得しているようです。夏はTUBE?なぜか、納得しちゃうんだよなぁ!






posted by のぶそうる at 23:34| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。