2019年10月28日

ジェフ・リンズ ELOが新作です!

エレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)

の中心的人物、

ェフ・リンさんのソロ名義になるんですよね?

ジェフ・リンズ ELO!さん

いよいよ新作、

フロム・アウト・オブ・ノーウェア

がリリースされるようですぞ〜!

そして今、

タイトルソングの♪フロム・アウト・オブ・ノーウェアと、♪タイム・オブ・アワ・ライフが公開されていて、いつものように堪能しております!(良い時代になりましたよねぇ〜ホントに?)2曲共に正にジェフ・リン節で、何と表現して良いんだろう?独特の旋律が、またしても心地よくて、また独り癒されております!



我々ニッポン人の琴線に触れる旋律じゃないですかぁ?

これからまた、R&Bに包まれようと思っていた矢先に、彼らの音楽を聴いて、どんどんポップなロックに引っ張られて行っちゃうかなぁ?アルバムは日本で11月1日に発売予定だとのこと。ベース、ドラムスやギター、ピアノ、キーボード、ヴォーカルを、ジェフ・リンさんが独りで担っているようで、改めて天才の凄さをひしひしと感じておりますが、

英国産メロディって、
ニッポン人にずっと人気ですよねぇ?

同じ島国だからでしょうか?西洋と東洋で、全く違うはずなのに?

ホント不思議ですよね?

ただもうそう言うことを言うのはナンセンスな時代で

好きなものは好き!

それで良いんですよねぇ?

スペイシーな雰囲気満載なのに、実はアナログの生楽器を主にして、大事にしているし、リズムも意外にシンプルであるのがELOさん。しかしアンサンブルがだぁ〜〜っと始まると、とてつもない魅惑の旋律に、心を奪われてしまうんだよなぁ!

新作のリリース・・・楽しみですねぇ?

追記:ジェフ・リンさんのソロ・プロジェクトじゃなくて、ジェフ・リンズ ELOってのが今のELOさんの名称なんですね?失礼m(__)m



posted by のぶそうる at 23:39| 東京 ☁| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。聴いた瞬間にジェフ・リンと分かる相変わらずの音ですねw 安定感というか、安心感のある音です。
最近の情報は全く知りませんが、ジェフ・リンズってわざわざ付けるのは、もう一つのELOも活動してるんですかね?
ELOでなくても、ジェフ・リンのソロ名義でいいような気がしますが・・・。
Posted by 実験鼠 at 2019年11月04日 20:05
実験鼠さん、
コメントありがとうございますm(__)m

お久しぶりです!
ホント、独特な旋律を持っていらっしゃる方ですよねぇ?ニッポン人の琴線に触れるメロかと。やはり英国なんですかねぇ〜、ニッポンと通じる音楽は?
Posted by のぶそうる at 2019年11月04日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。