アウトドア&フィッシング ナチュラム

2019年11月30日

1237.♪Self Control(方舟に曳かれて)




デジタルなんだけれど、あったかいんだよなぁ!


♪Self Control(方舟に曳かれて)
/TM NETWORK(1987年)


TM NETWORK!のご三方です。


トリオにフォーカス!


・・・なんですが、今回は実質、四人組よりも多くの音数があるんで?正確にはトリオではないんだけれども、フロントは三人なのでトリオってことにしちゃいます!彼らも私は影響を受けた人たちで、やっぱりいつ聴いても心地よいなぁ〜!今宵は彼らの通算9作目のシングル!収録アルバムは、通算4作目のアルバム「Self Control(1987年)」です!

メンバー

小室哲哉さん(シンセサイザー&キーボード)
宇都宮隆さん(ヴォーカル)
木根尚登さん(ギター&キーボード)

作詞:小室みつ子さん
作曲&編曲:小室哲哉さん

ウキウキワクワクなポップチューン!
デジタルなのに、あったか〜くて
やっぱりニッポンの歌で
最高に心地よいナンバーですね!

イントロからもうワクワクしちゃって、自然に身体が動いちゃう、名デジタル踊り系ナンバー!今聴いても色褪せてないよねぇ?後のtrfさんたちの「♪Survival Dance(1994年)」にも続くような、小室さん風味が満載です!アダムとイブやボニー&クライドってワードが飛び出したりして、ちょっと難しい詩なのかなぁ?とも感じるけれど、

♪教科書には・・・って、勇気をくれるようなシンプルな詩にも思えて、ここらへんもカッコイイなぁと感じます!そうそう、作詞の小室みつ子さんは、小室哲哉さんと同姓だったので、小室哲哉さんがふざけてみつ子さんのことを、「お姉さんです!」なんて発言していたため、私はつい最近までそれを信じていました。実は親戚関係など全くないんだってねぇ?

正にシンセサイザーやキーボードが主体で、これぞデジタルサウンドなのに、どこかあったかぁ〜く迫って来るのも、不思議なんですが良いです!ライヴだとドラムスがリズムをキープしているし、やっぱり人間が演っている感がそう感じさせるんだろうね?ウィキペディアを読むと、この曲で初めてテレビ番組の「夜のヒットスタジオ」に出演して注目されて、続いて大ヒットする「Get Wild(1987年)に繋がるようですね?

夜のヒットスタジオは見てなかったので知らなかったんだけど、私も実は、♪Get Wildから入って行きました!(いや本日の曲を友達の家で聴いたのが先だったかなぁ?)三人の風貌もかっこよかったし、英国のニューウェイヴ系が好きだった私には、ピッタリとハマりましたね。旋律は、緻密に作り上げるニッポンの曲には珍しく?意外にシンプル!やっぱり洋楽風で、アレンジで盛り上げるスタイルが彼らなんだよなぁ!

UTSUさんの次々に単語が入って来て忙しいヴォーカルスタイルも、最初聴いた時は物凄く新鮮で、今思うと凄くニッポン的ですよね?旋律がシンプルでアレンジが豪華!でも、紡がれる詩の多さと柔らかい歌声が、ピタッとハマッて、TM NETWORKが出来上がったんでしょうか?もちろんUTSUさんも、木根さんもいらっしゃけれど、

小室哲哉氏の存在!

大きいですよねぇ?YMOさんたちと比較されて、やっぱりYMOさんの方が・・・!って良く言われますが、ポップミュージックとして聴いた場合私は、どちらも大好きですが、TMさんたちだよなぁ〜と感じます!英国っぽいって思っても、聴いていると日本語だし、メロディなんかも、やはりジャパニーズで、オリエンタルな雰囲気があって、

今回聴いてて、そこが一番カッコイイと感じています!西洋人にはやはり出来ないナンバーじゃない?小室さんはもう引退されてしまった訳ですが、彼の、そしてUTSUさんや木根さんが組んだ、TM NETWORKさんの音楽は、時代を超えて聴き継がれる音楽だと確信しています!

やっぱりカッコイイなぁ!


※本日の1曲「♪Self Control(方舟に曳かれて)(1987年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位33位を記録しているようです。アルバム「Self Control(1987年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位3位を獲得しているようです。名盤ここにあり・・・ですね。







posted by のぶそうる at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。