アウトドア&フィッシング ナチュラム

2020年01月23日

1252.♪オールウェイズ・ゼア・フォー・ユー!



いやぁ〜、
こんなに心地よいなんて・・・。


♪Always There For You/Stryper(1988年)


ストライパー!さん出番です。


この方たちも、やっぱり聴きたくなっちゃいます!

クリスチャン・メタル!なんて呼ばれていた、アメリカはカリフォルニア州、オレンジ郡ご出身。彼らもL.A.メタル・ムーヴメントから出て来た人たちです。ただ、そのグループ名も聖書から取られたように、全員がクリスチャンなんですよね。メタルって言うと、暗黒の方をイメージにしているグループが多い中、まさかのクリスチャン!当時驚きを隠せなかったですが、

音楽の方は、やはり私の好きなポップな要素があるグループ!でも、紛れもなくハードロックな人たちです!今夜は彼らの通算4作目のアルバム「イン・ゴッド・ウィ・トラスト(In God We Trust)(1988年)」収録のナンバーです!

メンバー

マイケル・スウィートさん(リードヴォーカル&ギター)
ロバード・スウィートさん(ドラムス)
オズ・フォックスさん(リードギター&バッキングヴォーカル)

このアルバムでは、ベースのティム・ゲインズさんが脱退していて、セッションメンバーとして、ブラッド・コブさんがベースを担当しています。結局、レコーディング終了後のツアーで、ゲインズさんは復帰しているようですね。

爽やかポップでメロディアスで
でもハードなギターロックで
こんなにも心地よい曲はないよぉ〜〜!

久々に聴きましたが、やっぱり彼らも良いんだよなぁ!疲れた時やイライラしている時なんかに聴くと、爽やかな風に包まれて・・・一瞬で辛いこと忘れてしまいます!マイケルさんとロバートさんは兄弟で、ロバートさんがお兄さん。共に甘いルックスのイケメンで、当時の正にヘアー系ですが、かっこよかったんだよね。

この時期のL.A.メタル勢は、皆さん風貌が良くて、女性ファンが多かったんですよね?(今は当たり前に女性ハードロッカーさんたち、たくさんいらっしゃるようですが)今その格好とか見ると、さすがに、えええ?って感じちゃうけれど、手の届かない銀幕のスターと同じく、良い意味でロックスターを感じます。でも肝心の音楽の方も、こんなに爽やかなハードロックってあったのかぁ?って当時、ウイウキしちゃうほど衝撃的だったよなぁ。

グイグイと攻撃的なギターリフが炸裂して行くのが、やっぱりハードロックだと認識していたところに、ポップソングとしても通用するほどの美メロソングが、たまらなく心地よかったことを思い出します。もちろん過去にも、クイーンさんなんて大御所がいらっしゃたし、全く新しいとは言えなかったけど・・・。

マイケルさんの素晴らしい歌声!

スタトライパーさんたちは、もう何曲も書かせて貰っていて、いつも同じこと言ってると思うけれど、ヴォーカルのマイケルさんの美声!これが素晴らしいです!男が美声?ってって思うかもしれないけれど、こんなにも甘く艶のある美しい声を持っているなんて、凄く羨ましかったなぁ!って思っていたことを思い出すなぁ。そうそう、これまた書いていたかなぁ?スティクスのシンガー、デニス・デ・ヤングさんと似ていますよね?

ヤングさんも、それはそれは張りのある美しい歌声で、聴く者を圧倒しちゃう方ですよね?爽やかな歌声と美しいメロディですが、ギターはハードに唸っていて、基本的なことろはギター主体のロックンロール!アメリカンの方々はやはり、そうなるんですかねぇ?ブルージーな要素もそうですが、欧州系の人たちよりも、アメリカの人たちは意外に保守的なのかも?

アルバムもポップな曲とヘヴィな曲がしっかりと共存していていて、ここらへんも彼らの凄いところ!ヘヴィな曲でのマイケルさんは、しっかりとシャウトしています!今も彼らは、メンバーチェンジをしながらも活躍していて、今のロック!かなりヘヴィな音を出して、進化を恐れず果敢に挑戦しているようです!ちょっとヘヴィばかり続くので、私は個人的には今の彼らは、う〜んちょっとなぁ?なんですが。

ファイアーハウスの、ペリー・リチャードソンさんが現在はベースなんですねぇ?

いつまでも末永く活躍し続けて欲しい!
彼らも、グループですねぇ?

♪僕はいつでも君のそばにいるよ・・・

ベタで普遍的な歌詞ですが

や〜〜っぱり良い曲です!


※本日の1曲「♪オールウェイズ・ゼア・フォー・ユー(1988年)」収録のアルバム「イン・ゴッド・ウィ・トラスト(1988年)」は、米ビルボード・クリスチャン・アルバムチャートで最高位5位、ビルボード 200で最高位32位、ニッポンのアルバムチャートで最高位49位・・・を獲得しているようです。ハードロックファンならば、クリスチャンじゃなくとも、堪能したいアルバムです。







posted by のぶそうる at 22:57| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。