アウトドア&フィッシング ナチュラムノートンストア

2020年02月13日

1259.♪バンブー・ミュージック!




今やレトロに聴こえちゃう?
アジアンな旋律が良いですねぇ!


♪Bamboo Music/David Sylvian
with Ryuichi Sakamoto(1982年)


デヴィッド・シルヴィアンさんと
坂本龍一教授とのコラボですね


久しぶりに触れてみたんですが、古き良きに聴こえて来ちゃったよ〜、ついに!しかし、何て味わい深い曲なんだぁ!とも感じて、やっぱり良いなぁ〜!と。坂本教授が、まだこの頃はジャパンに在籍していた、デヴィッド・シルヴィアンさんとコラボした時のナンバーです!映画「戦場のクリスマス(1983年)」の主題曲になった、「♪メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」もまた、シルヴィアンさんが歌詞を付けて歌い、

「♪禁じられた色彩(Forbidden Colours)(1983年)」というタイトルでリリースされているんですよね?このお二人は、出会うべくして出会ったお二人なんでしょうか?シルヴイアンさんが、坂本教授から多大なる影響を受けたってのが本当のところだと思いますが、どうでしょうか?今夜は上記、お二人のコラボソングです!「♪バンブー・ハウセズ(Bamboo Houses)(1982年)と、両A面シングルでリリースされた曲でしたねぇ。

これぞ'80'sテクノポップ?
アジアンな旋律に、
やっぱりグっと来ちゃうなぁ!

実はこの2年前にジャパンのアルバム「孤独な影(1980年)」収録の「♪テイキング・アイランズ・イン・アフリカ」で、シルヴィアンさんと教授のコラボは実現していたんですが、やっぱり、「えええ?歌入ってたっけ?」と言って話題になった、戦場のメリー・クリスマスの主題曲、♪メリー・クリスマス・ミスター・ローレンスの方が外せないところですが、今夜のこの曲の方がワクワクしちゃって・・・。

ここにミック・カーンさんが生楽器のベースを入れちゃったら、思いっきりジャパンになっちゃうところが、シンセベースなんでジャパンじゃないんだよなぁ?ってことが分かります。(YMOっぽい雰囲気もありますが)シルヴィアンさんの実弟、スティーヴ・ジャンセンさんがドラムスで参加しています。ベースがシンセでもドラムは生音で入って来るところも、洒落ていて良いですよねぇ?

正に'80'sのテクノポップ!

粘着系の独特な歌声で魅了する、シルヴィアンさんのヴォーカルが、今聴くと結構濃い〜〜なぁ!そのルックスも含めて!ソロになられてからは、意外や意外、今聴くとその歌声はすっきりとしているよなぁ〜って思うんだけど。でもこの曲が、これぞシルヴィアンさんだよねぇ?バンブーと言えば、竹のこと!

歌われていることは、昔のニッポンのことですよね?何とも、辛い生活のことを歌っているように思うんだけれど、跳ね上がるリズムが入っていたりしているから、決して暗くならない感じも良いところだなぁ!ガムランって言うんでしたっけ?東南アジアな音色が登場すると、熱帯のアジアの雰囲気も感じられて、

シルヴィアンさんが当時、中国や日本、そして東南アジアなどに興味をそそられていたのが分かります!坂本教授が入ることで、曲のクオリティが上がって、東洋の風がさらに強く吹いて・・・。最近急に、和なニッポンの音楽に魅かれ始めている私なので、この曲も何とも言えない、上手く説明出来ないんだけれども、

和の東洋のアジアンな心地よい旋律?

・・・を感じてワクワクして、
思いっきり癒されています!


※本日の1曲「♪バンブー・ミュージック/バンブー・ハウセズ(1982年)」は、英国のシングルチャートで最高位30位を記録しているようです。アジアの風が吹く・・・今新しい?かもしれませんね?








posted by のぶそうる at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。