アウトドア&フィッシング ナチュラム

2020年03月09日

1267.♪BE HAPPY!



ロックだけどポップで
何か、あったかぁ〜くって上がります!


♪BE HAPPY/PERSONZ(1988年)


パーソンズ!さんたち続くぞ〜。


作詞:JILLさん
作曲:渡邉貢さん
編曲:PERSONZ


このナンバーも好きでしたぁ!

やっぱり彼らと言えば、次の年の「♪DEAR FRIENDS(1989年)」がイチオシ!なんですが、もう書かせて頂いたので、今宵はこのナンバーを!通算2作目のシングルナンバーです!

跳ねりうねるリズムが
ポップであったかぁ〜くて!
そして
リラックスしてハッピーになれる?

作曲がベースの渡邉さんなんですよねぇ!なるほど、突っ走るビート系ではなくて、跳ねる感じのポップナンバーに仕上がっていて、そのタイトルの通り、幸せになって!な曲ですよね?シンセベースと、シモンズを使ったドラムスのリムズ隊が奏でる機械的なサウンドが印象的。でも無機質ではなく、あったかぁ〜い人間味を感じて、逆に、さらに人間臭い雰囲気を感じて、聴く方もリラックスしてハッピーなっちゃうなぁ!

ホント、彼らにはセンスを感じるなぁ!もちろんこういう音楽って欧米が発祥ですが、ジャパニーズが演ると、何だろう?やっぱりグイグイ入って来ません?日本語の歌詞ってのも大きいですが、う〜〜ん?血がそうさせるのかなぁ?この曲は凄くシンプルな曲ですが、構成が緻密で、サビ前で盛り上げて、やっとサビに辿り着いたりっていう、洋楽にはないものがありますよね?

JILLさんの歌声もこの曲では、リラックスしているようで、とても爽やかです!艶っぽくて、でも力強くて、でも優しくて・・・彼女の存在感もこのグループでは大きいよなぁ。当時の'80年代の持つ、ちょっと浮かれ過ぎじゃない?なんだけど、明るい雰囲気に対するアンチテーゼとして存在していたのが、ボウイさんやパーソンズさんたちだと認識していましたが、

意外にも、もっと優しくて、実はあったかぁ〜いものが主軸にあったのかなぁ?なんて感じています!ここ最近のJ-POPも、そんな雰囲気を備えているグループが出て来ていて、私は嬉しいところなんですが・・・。今世界は大変な困難に直面していますが、団結して進んで行きたいところですよね?そして世界中がまた、ハッピーデイズ、ハッピータイム、ハッピースマイル・・・になりますように。


※本日の1曲「♪BE HAPPY(1988年)」収録のアルバム「MODERN BOOGIE(1988年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位26位を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)な行・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。