エディー・バウアー・ジャパン

2020年04月30日

1279.♪エヴリバディ・ダンス!



うねるリズムが炸裂!
でもやっぱり
洗練されててエレガントなんだなぁ?


♪Everybody Dance/Chic(1978年)


シック!さんご登場・・・。


やっぱり彼ら、そして、バーナード・エドワーズさんの登場でございます!元々ジャズ・メンであった、エドワーズさんとギタリストのナイル・ロジャーズさんが、ポップシーンで新しいことを演ってみよう!なんてことで、お二人を中心に、アメリカはニューヨークにて結成されたグループが、シックさんたち!プレイヤーとして、皆さん上手くて素晴らしいのは当たり前なんだけど、良い曲を披露しようぜ!ってのが強く感じられて、

まずは楽曲を大切にする人たち!

・・・であって、さらにお洒落でエレガントな雰囲気が、アフリカンの人たちだけでなく、いろいろな人たちにアピール!したようですねぇ?ニッポンでは時代的に、「ロックでフイーバー!(笑)」の時代だそうで、私よりも10歳ぐらい上の先輩方がディスコで踊る時の、正にマストなグループだったと聞きます。私は前にも話した通り、デュラン・デュランを最初に聴いて、彼らが影響を受けたグループとして知ったのが最初でした。

今夜の1曲を改めて聴くと、ホント、デュラン・デュランのジョン・テイラーさんに影響を与えたリズムなのが分かりますよね?シックさんたちは、生ストリングスをバックに従えていますが、デュラン・デュランさんたちは、それをキーボードでカヴァーしていたんだよねって。洒落た雰囲気も、正に似ているし・・・。今夜は彼らのデビュー作「ダンス・ダンス・ダンス(Chic)(1977年)」収録で、2ndシングルナンバーです!

メンバー

バーナード・エドワーズさん(ベース&ヴォーカル)
ナイル・ロジャーズさん(ギター&ヴォーカル)
トニー・トンプソンさん(ドラムス)
ノーマ・ジーン・ライトさん(ヴォーカル)
アルファ・アンダーソンさん(ヴォーカル)
他、多数のバックミュージシャンが参加

プロデュースは、
バーナード・エドワーズさんとナイル・ロジャーズさん

ベースがうねって揺れる
ザッツ・ファンク!
でも、洗練されたエレガントな楽曲が
お洒落でカッコイイぞ〜!

いきなりイントロからエドワーズさんのベースが揺れてうねって、間奏ではソロも登場!ミュージックビデオでは、ミュージックマンのスティングレイを使ってますが、彼のサウンドは、モコっとこもった太い音で、同じく洗練されていると言われる、ルイス・ジョンソンさんと、やっぱり似てますね?同じステングレイということもあるけど、共にとてもお洒落でエレガントな雰囲気があるし。

今夜のこの曲では、直線的なフレーズも飛び出して来て、おお〜!ってまた独り上がりまくっております(笑)カッコイイなぁ!トンプソンさんのドラムスももちろん良いんですが、ギターのロジャーズさんの、これまた美しい音色のカッティングが、絶妙なグルーヴを生み出しているよねぇ?生音のシャープなカティングの、正にお手本です。

このデビュー時は、ノーマ・ジーン・ライトさん&アルファ・アンダーソンさんがヴォーカルを担っていたんだよねぇ!次からは、ルーシー・マーティンさんがライトさんに代って加入。その後、このお二人がメンバーとして定着することに。女性ヴォーカルをメインにしたってことも、先見の明があったと思います!サラッとしいて、くどくなくて、でもやっぱり歌えるシンガーさんたちを立てることで、

正にエレガンス構築ですねぇ!

でも、ベースがやっぱり耳に入って来るよね?前回も書きましたが、生楽器演奏って違うんだよなぁ?と。シンセサイザーをふんだんに取り入れた音も、クールでカッコイイと思うんですが、リズムは絶対生楽器だよねぇ〜!改めてエドワーズさんのベースを堪能してて、強く感じます。ルイス・ジョンソンさんと同様に、エドワーズさんも、惜しくも1996年に天に召されてしまいました。ホント残念だよなぁ!

ドラマーのトンプソンさんも、2003年でしたよね?亡くなられしまいました。ギターのロジャーズさんは、今も精力的に活動していらっしゃるようで、とても嬉しいところですが、彼にはお二人の分まで長生きして欲しいよねぇ?いやいや、ファンクミュージック!やっぱりカッコイイなぁ!未体験の方々には、ぜひ堪能して欲しい曲であり、グループです!


※本日の1曲「♪エヴリバディ・ダンス(1978年)」は、米ビルボード・ダンス・シングルチャートで最高位NO.1!、ビルボード・R&B・シングルチャートで最高位12位、ビルボード 100では最高位38位、アイルランドのシングルチャートで最高位6位、英国では最高位9位・・・を記録しているようです。アルバム「ダンス・ダンス・ダンス(1977年)」は、米ビルボード・R&B・アルバムチャートで最高位12位、ビルボード 200で最高位27位、カナダでは最高位25位・・・を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 22:15| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。