ノートンストア

2020年07月05日

1293.♪ザ・サンセット・ヴァレー




爽快なんだけど、
東洋的な妖艶さがまた良いなぁ〜!


♪The Sunset Valley/高中正義(1981年)


高中正義!さん出番です。


この方も、あの頃のフュージョンと言うと思い出します!ニッポンが誇るギタリスト、高中正義さんです!実は彼も、リアルタイムで知っていて、曲も聴いていました。しかしその後は行かず、後追いでじっくりと聴きました。しかし次のアルバムには、これまたなぜか行かなかったんですよね?今回聴き直してみて、いやぁ〜、凄いアルバムだったことに気が付きましたぁ。

今宵は、高中さんの通算7作目のアルバム「虹伝説 THE RAINBOW GOBLINS(1981年)」収録のナンバーです!そしてフォーカスするベースマンは、田中章弘!さんです。

アルバム参加メンバー

田中章宏さん(ベース)
宮崎まさひろさん、井上茂さん、
村上秀一さん(ポンタさん)(ドラムス)
石川清澄さん、小林泉美さん(キーボード)
菅原裕紀さん、木村誠さん、
山崎進さん(パーカッション)
さつま光二さん(サックス)
ロイ・ガーナーさん(ナレーション)

東洋の妖艶な雰囲気と
ファンキーなディスコ調グルーヴが融合?
高中さんのギターも秀逸です!
そして田中さんのベースがカッコイイ!

作詞、作曲、編曲:高中正義さん
ストリングス・アレンジ:星勝さん

イタリアの画家、ウル・デ・リコ氏の絵本である「THE RAINBOW GOBLINS」(虹伝説)からインスピレーションを受けて制作された、コンセプトアルバム!当時高中さんが、虹色に染めたオールバックで、凄いインパクトがあって、あひょ〜〜っ!と唸ってしまったことを思い出します。しかし、ロックとはちょっと違う彼の確かなギタープレイの方にこそ、やはり衝撃を受けた作品ですね。

高中さんのギター、そしてボコーダーで歌われるそのハミングに、やっぱりもって行かれるナンバーですが、ベーシストの、田中章宏さんのベースプレイにも、耳を持って行かれちゃいます!田中さんは、ユーミンさんの1983年の「リ・インカーネーション・ツアー」のバックメンバーとして参加。その後20年間、彼女のツアーに同行した方。

そして、鈴木茂さん主宰のグループ「バックルバック」へ参加。細野晴臣さん、大滝詠一さん、山下達郎さん、井上陽水さん・・・他との共演!と言う、伝説のアーティストのバックを務めた、選ばれたるベースマンと言っても過言ではない、凄い方なんだよねぇ!御年65歳。最近は白髪になられて、渋いおじ様になられているようですが、今も活躍を続けていらっしゃるようですね?

本日のナンバーでは、ジャジーってよりも、跳ね上がるファンク調のディスコ風ベースが、カッコイイです!フェンダーのプレシジョン、ジャズベースを使っていらっしゃるようですけれど、もう教科書通りと言うか、完璧なグルーヴを披露されていて、やっぱり彼も偉大なるニッポンのベースマンなんだなぁ〜と、感激だよねぇ!ロックンロールのベースも今回フォーカスしていて、やっぱり凄いと思うんだけど、

跳ね上がるファンキーなベースは、本当に心地良く耳に心に響いて来ます!ホント、カッコイイよねぇ?このグルーヴあっての、高中さんのギターであると思います。もちろん高中さんのヤマハSGの、シングルコイルのストラトやテレキャスターでは出せない、とろみのある甘いトーンのギターの音色は、そして彼の独特のプレイの方が、もちろん主役なんですけれどねぇ!

そんでもって、ボコーダーやキーボードの音がそう感じさせるのかな?ちょっとYMOっぽい?東洋的で妖艶なエキゾティックな雰囲気が醸し出されていて、おお〜、ニッポンを感じるよなぁ!って。ストリングスが入って来るところも、ゴージャスで良いですが、東洋的に感じるのは、この曲だけ聴いた場合にそうなるのかなぁ?やっぱり虹伝説は、アルバムをすべて聴いて初めて、その魅力にやられてしまう作品ですねぇ!

高中さんのギターも最高ですが

田中章宏さんのベースも、
心地良くて、素晴らしいですね?

そんな東洋を感じながらも、
フュージョンはいつも、
ウキウキワクワクさせてくれますなぁ!

未体験の方々にはぜひアルバム全体で、

まるまるっと体験して欲しいです!・・・。








posted by のぶそうる at 23:55| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。