エディー・バウアー・ジャパン

2020年08月30日

1306.♪クリスタル・ライト!




美メロブリティッシュ!
でも、
シンプルなのが良いなぁ〜。


♪Crystal Light/UFO(1974年)


UFO!さんたち続きます・・・。


そして、
ピート・ウェイさんにフォーカス!

やっぱり耳は、マイケル・シェンカーさんのギターに行ってしまいますなぁ!今夜は、彼らの通算3作目のアルバム「現象(Phenomenon)(1974年)」収録の名バラッドでございます!このアルバムから、マイケルさんが加入すわけですが、それ以前の1st,2ndを私は知らないので、何とも言い難いのですが、レビューされてる方のご意見を読むと、

ここから、メロディアスで分かりやすいハードロックに転換したそうですね?ホント、私も改めてまた聴き直してみると、ポップさもあるし、メロディアスで分かりやすくて、でも英国の伝統的なロックも継承していて、良いアルバムだなぁ〜と感じるばかりです。ギター&キーボードのポール・レイモンドさんはまだ加入されてないですが、フィルさんのヴォーカル、ピートさんとアンディさんのリズム隊も、素晴らしいです!

英国はロンドンご出身で、マイケルさん加入前は、ミック・ボルトンさんがギターを担当、マイケルさん脱退後は、ポール・チャップマンさん(彼も今年の6月に逝ってしまわれたんですよね?)今現在は、ヴィシャス・ルーマーズやアリス・クーパーさんところに居た、ヴィニー・ムーアさんがギタリストで、ロブ・デ・ルカさんがベース、

ドラムスのアンディさんとフィルさん、そしてゲイリー・ムーアさんのバックを'80年代に務めた、ニール・カーターさんがギター&キーボードを担って、今も活動しているんですねぇ?いやいや、最近の彼らも聴かなきゃだなぁ!彼らにも、ホント末永く活動していって欲しいところです!

濡れたマイナー調の
ブリティッシュロッカバラッド?
でもシンプルで
とても聴き易いんだよなぁ!

やっぱり彼らはブリティッシュ・ロッカーなんだよなぁ?ってのが、この曲を聴くと痛感します!アコースティック・ギターも入って来て、ちょっとツェッペリンっぽい感じもして?イギリスだなぁ〜。フィルさんのヴォーカルも聴きどころですが、マイケルさんの・・・そうそう、彼のギターはブリティッシュってよりも、クラシカルミュージックっぽいのかなぁ?

独りドイツ人なわけで、独特のものを魅せてくれてますよね?間奏のギターソロも、もうこの時点で秀逸なソロを聴かせてくれてるし、やっぱりマイケル・シェンカーありきですかね?・・・と言いつつも、ギターソロ時のバックでは、アコースティック・ギターのみのバッキングなので、ピート・ウェイさんのベースが、土台をばっちり・きっちり担っています!

サイドギターやバッキングのギターを必要としない、太いベースサウンドで、しっかりとマイケルさん、そしてシンガーのフィルさんを盛り上げながら、センスあるフレーズでバックを作ってるのが、やはり素晴らしいです!後にギブソンのサンダーバードを使って、指弾きもしているピートさんですが、この頃はフェンダーのプレシジョン・ベースのようですね?

ロックサウンドにはやっぱり、野太いのに、ジャミっとした音も出せる、プレシジョン・ベースが合うんだよなぁ?って思います。ただプロフェッショナルの方々は、どんなベースを使おうとも、自身のサウンドを作っちゃう!なので、実は彼はこんなベースを使っているんだよ!ってことを聞かないと、分からないんだよね?その人その人のクセとか、スタイルで、これって誰だよね?ってのは分かるけれど。

そして'70年代初頭なので、ドラムが、♪ドカドカ・ドコドコ・・・って忙しい!私は'80'sからロックに入っていった人なんで、カチっときちっと落ち着いたリズムになってからのロックこそが、ドラマーだよ〜!な人なんですが、遡って'70'sロックのリズムを体験した時は、それはそれは興奮しました!本日の1曲も静かな曲ですが、グルーヴがあるんだよねぇ!こういうグルーヴのあるリズムを聴くと、

やっぱり'70'sこそロック黄金期って、ホント実感するわけですが、'80'sを聴くとまた、カチっと締まったリズムが良いなぁ!って思っちゃう。まぁ、どちらも好きで良いんだけれどね。でもUFOってグループも凄い人たちだったんだなぁ?と凄く感じています!そしてピート・ウェイさんの生み出すリズムも、素晴らしかったんだなぁ?

モトリー・クルーのベーシスト、ニッキー・シックスさんが、ピートさんが大好きだったって、レビューされてる方がいらっしゃいましたぁ!!ニッキーさんも、土台を築く音は裏方ベースマンですが(彼の場合は作曲者としての才能もあるんだけど)、存在感のある人ですよね?ピート・ウェイさん、そしてUFOさんたちは、紛れもなくロック史に残るベーシストであり、グループですよね?


※本日の1曲「クリスタル・ライト(Crystal Light)(1974年)」収録のアルバム「現象(Phenomenon)(1974年)」は、アメリカのオフィシャル・アルバムチャートで202位を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)マ行・ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。