エディー・バウアー・ジャパン

2020年09月04日

1308.♪システムス・フェイリング!




ポップとロックの絶妙な融合?
やはり、
マイケルさんならではだよねぇ?


♪Systems Failing/
The Michael Schenker Group(1983年)


マイケル・シェンカー・グループ!

さんたち続くぞ〜。

「限りなき戦い(Built To Destroy)(1983年)」やっぱり良いですねぇ〜!「神(1980年)」、「神話(1981年)」、ライヴ・アルバムの「飛翔伝説(1982年)」、マイケルさんと言ったら、どうしてもこの3枚に帰ってしまう私なんですが、限りなき戦いも、やっぱり素晴らしいですねぇ?ポップ過ぎるとか、軽いよね?・・なんてことが言われていたけれど、

軽快な中にも、きちんとマイケル節があるし、あの頃の最先端の音楽に、果敢に挑戦しているからこそ創られた作品だと思うんだよなぁ。古き良き欧州系のロックを継いだナンバーも、聴いているとちゃんとあるし、前回も書きましたが、恒例のインストナンバーもあるし。でもポップな曲にもトライしている姿は、私は称賛に値すると思うんだけど、どうでしょうか?

ただ、アメリカ向けのリミックス・アルバムは必要なかったんじゃないかなぁ?って感じるんだけれども、これはこれで良かったのでしょう!さて今夜も上記アルバム収録のナンバーを!

'80's爽やかディスコポップ?
しかし
軽快なナンバーに果敢に挑む姿勢に乾杯!
でもシェンカーさんは
やっぱりシェンカーさんですね?

YouTubeには、'70'sグラム・ロックっぽくない?なんて書かれてましたが、今聴くとホント、ハードロックではない曲ですよね?あの頃の、オリヴィア・ニュートン・ジョンさんや、シーナ・イーストンさんが歌っても違和感ないようなナンバー?ところがどっこい、聴いている内に、どんどん引き込まれて行って、やっぱりマイケル・シェンカーなんだよなぁ!って、絶対感じることでしょう!

歌われている歌詞(今とも通じる感じがしますが)なんかよりも、マイケルさんのギターにワクワクしちゃいましょう!な曲ですね?あの頃って、歌詞がどうだとかどうでも良くて、旋律とサウンド、ギタープレイなんかだけで、もうワクワクドキドキしちゃっていたことを思い出します!どれだけノリノリになれるか、体が動くか、旋律に酔えるかだったよなぁ?最近は、歌われている歌詞に俄然注目している私なんだけど、

あの頃は、ホント気にしなかったなぁ。しかしあんだけ夢中になれたんだから、考えたら、マイケルさんのギターの音やフレーズってのは、凄い魅力を持っていたってことですよね?この曲では、流れるようなフレーズをハモらせたギターソロで、聴く者を圧倒します!渋いブルージーでもなく、濡れたせつないソロでもなく、でも、ウキウキワクワクドキドキしてしまいますよね?

これ、キーボードで演ったら、当時のユーロビート・ディスコ風になっちゃいそうですよね?(笑)でもマイケルさんだからこその、やっぱりロックソングになっていることに気が付く!バーデンさんとの共作になるようだけど、進化を恐れず演ってみよう!だったと思います。でもあの頃って皆さん、新しい音や旋律に挑戦していた気がするんだよなぁ。レインボーさんも、ラッシュさんなんかも・・・。

今年、御年65歳になられらマイケルさん!ブロンドの髪の人って白髪になっても、あんまり違和感ないから、マイケルさんは今も若々しく見えますよね?歴代のメンバーとのコラボを演ってたりして、今も特にニッポンでは注目されているようです。マイケルさんは太ってないし、未だにカッコイイのには驚きます!そう、ポール・レイモンドさんも昨年逝ってしまわれたんだってね?知らなかったです。

盟友レイモンドさんのためにも、そして若くして亡くなられたロックンローラーのためにも、彼には末永〜く活動して行って欲しいです!

マイケル・シェンカーさんは
いつの作品を聴いても
やはり、
マイケル・シェンカーさんなんですね?


※本日の1曲「システムス・フェイリング(1983年)」収録のアルバム「限りなき戦い(1983年)」は、英国のアルバムチャートで最高位23位、スウェーデンでは最高位32位、米ビルボード 200で最高位201位、ニッポンのオリコン・アルバムチャートでは最高位6位・・・を獲得しているようです。'80年代を代表する、素晴らしいアルバムだと思います・・・。







posted by のぶそうる at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)マ行・ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。