BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

2020年09月30日

1314.♪グッバイ・トゥ・ロマンス!




美しいバラードだよねぇ?


♪Goodbye To Romance
/Ozzy Osbourne(1980年)


オジー・オズボーン!さん続きます・・・。


オジーさんの1stアルバム、
いやいや、良いですねぇ〜!

今回聴いてて、改めてそう感じているところですが、今宵もこのアルバム「ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説(Blizzard Of Oz)(1980年)」収録のナンバーです!歌詞を改めて読んでみたら、こんなにもせつなくて、美しい詩だったとは?ハードロック・グループのバラードは一番美しい!の格言通り、珠玉のバラードナンバーです!

そしてこのアルバムは、ベースにボブ・デズリーさん、ドラマーにリー・カースレイクさんが担ったヴァージョンが最初に流通したヴァージョン。しかしリマスターが施されて、現メタリカのロバート・トゥルージロさんがベース、マイク・ボーディンさんがドラムスをっていうヴァージョンに入れ替わって、

またボブ&リーさんたちお二人のリズムセクションに戻ったりしているようですね?当時、ブラック・サバスを脱退したオジーさんの複雑な状況が窺い知れますが、リアルタイムで聴いた私たちの世代は、最初のヴァージョンに統一して欲しいなぁ!って思うんじゃないでしょうか?もちろん音がダイナミックになるのは大歓迎なのですが・・・。

美旋律!
ちょっとせつない雰囲気が
どこか
クラシカル・ミュージックを思わせる
ランディさんのギターと見事に融合して
最強のバラードになってますよね?

さて今回も、
リズム隊にフォーカス!と思ったんですが、

やはり

ランディさんのギター!

に耳が行ってしまいますね。

♪さようなら友よ。すべての素晴らしかった過去にもさようなら・・・。

ブラック・サバスのメンバーへの郷愁を!ってことのようですね?あの頃にさようならと。せつなくてストレートで美しい歌詞が、これまた美しい旋律に乗って、本当に最高のバラードですなぁ!オカルトチックだったり、悪を演じるオジーさんですが、このナンバーは天使の役だった?ギターのランディ・ローズさんが、あまりにも美しいメロディを奏でたので、悪が滅びてしまった?

なんてことを想像してしまいません?ランディさんが亡くなられてしまって、急遽加入した、後のナイト・レンジャーのギタリスト、ブラッド・ギルスさんが代役を担い、ブラック・サバスの曲をライヴで披露したライヴ・アルバム「悪魔の囁き(Speak Of The Devil)(1982年)」もリリースされて、良い感じでブラッドさんは代役を務めていらっしゃいました!

しかしランディさんは特別だったんでしょうねぇ〜、オジーさんにとっては?そう言っても、ジェイク・E・リーさん、ザック・ワイルドさん、ガス
・Gさん・・・と、数々のギタリストを迎えてしっかりと道を踏みしめて突き進み、今も第一線で活躍しているのだから、あっぱれオジーさん!だよね?しかしって、しかしって言葉が最近多いかなぁ?(笑)

ランディさんの、クラシック旋律をロックンロールに取り入れた、美しいギターのメロディは何とも表現出来ないんだけど、心に入って来るんだよなぁ!ラフでルーズで、ブルーズを基調とした'70年代の黄金期のロック・ギターとは、やはり違いますよね?もちろん引き継いでいるんだろうけれど、もっともっと進化させたって言うのかなぁ?

速弾きなんかは、ただ上手いだろう?っていう感じで嫌う方々が一時期多かったように感じますが、最近はまた違って来てるようにも感じますし・・・。まぁ、プロのギタリスト、評論家の方々に詳しいところはお任せするとして、この曲でのランディさんは、アルペジオでバッキングを刻んだり、コードでシンプルに鳴らしたり、あまり難しことは演ってなくて、でもギターソロでは、これぞ!っていう、美しいソロを披露してくれています!やっぱり歪んでいないようで、結構歪ませている音ですが、

独特のタッチと、しっかりと一つ一つの音が聴こえてくるところが、クラシカル・ミュージックっぽい?メロディに昇華されていて、美しい!っていう形容詞が一番ピッタリですかね?タッピングはこの曲ではしてないですが、1980年代の幕開けと共に、あの頃のやはり新しいスタイルだったと思います!クラシックでも、交響曲ではなくてソナタなのかなぁ?

そして水玉模様のフライングVですが、調べてみたら、シャーベル社のクラフトマンが、ランディさんのためだけに作ったものなんだそうですね?ギブソンではなかったんですね。前回ギブソンって言ってしまってたなぁ〜、大変失礼m(__)mもうクワイエット・ライオット時にもこれは、使われていたそうですねぇ?知らなかったです。アーミングを入れてる曲は、このVを使っっているってことになるんですね。

このアルバムでは、クラシック・ギターを使ったインストの「ディー(Dee)(1980年)」って曲も、とても美しい曲なんだよなぁ!やはり本物のギタリストだった方で、独特の間とかあって、やっぱりクラシックの方にもし御存命だったならば、行っていた方ですね?本当に、こんなにも早く天に召されてしまったのが、残念でなりません。

そして、オジーさんのヴォーカルが、実はとても甘い歌声だったてことを再発見してしまった!歌い上げる歌唱力のあるって方ではないと思っていたんだけれど、実はかなり良い歌い手さんだったんですねぇ?

・・・なんて

オジー&ランディは、
不滅の永遠の最強のコンビ!

だったんですね?


※本日の1曲「♪グッバイ・トゥ・ロマンス(Goodbye To Romance)(1980年)」収録のアルバム「ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説(Blizzard Of Oz)(1980年)」は、英国のアルバムチャートで最高位7位、カナダでは最高位8位、米ビルボード 200では最高位21位、ニュージーランドで最高位47位・・・を獲得しているようです。






posted by のぶそうる at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。