BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

2020年10月11日

1315.♪ウォンテッド・マン!




やはり
エディさんを受け継いでいる?


♪Wanted Man/Ratt(1984年)


ラット!さんご登場です。


エディさんのギタープレイに
影響を受けたギタリストは?

・・・ってことで、やっぱり思い出したのがラットさんたち!ウィキペディアを読むと、メンバー間で裁判沙汰などもあったようで、今現在は、ヴォーカルのスティーヴンと、ベースのフォアンさんだけになってしまったようですね?一方、ボビーさんが別のラットを主張していて、分裂してしまったようです。いやぁ〜、あの頃一世を風靡した彼らなのに、とても残念です。

ギターのロビンさんは惜しくも2002年に、病気で42歳の若さで亡くなられてしまったようですし。さて彼らは私は、正にリアルタイムで、ポップミュージックの方が良いなぁ!と思っていたけれど、やっぱりロックンロールもまだ良くて、新しい時代の幕開けを告げるような彼らの登場に、刺激を受けました!

ギターのリフで、ガンガン突っ走るロックンロールなんだけれど、軽快で、まるでスポーツを見ているような爽快感は何だ?なんて思ったものですが、今振り返ると、独特のあの時代ならではのロックンロールだったんだよね?そうかぁ?ギターのウォーレンさんが、「エディ・ヴァン・ヘイレンさんに影響を受けている!」とおっしゃっていた通り、特に、ギターのサウンドが似ているなぁ?と、今また聴いていて感じますね。

シャーベルのワンハムバッカー・ピックアップにフロイドローズ仕様なので、似るのは当然だという声もあるけれど。今宵は、彼らのメジャー通算1作目のアルバム「情欲の炎(Out Of The Cellar)(1984年)」収録の、アルバムのトップを飾る、2ndシングルナンバーです!

メンバー

スティーヴン・パーシーさん(ヴォーカル)
ロビン・クロスビーさん(ギター)
ウォーレン・デ・マルティーニさん(ギター)
フォアン・クルーシェさん(ベース)
ボビー・ブロッツァーさん(ドラムス)

プロデューサーは、ボー・ヒルさん

アメリカは、カリフォルニア州サンディエゴにて、数々のメンバーチェンジを繰り返しながら、'80年代初頭に結成された、アメリカン・ハードロックンロール・グループ!「ラットゥン・ロール」と呼ばれた、軽快でポップなハードロックで、今思うと、前時代の長尺曲やラフ&ルーズとは一線を画した、コンパクトに纏まった、あの時代に生まれたアメリカン・ハードロックですねぇ!

今回もベーシストじゃなく、

ロビン&ウォーレンさん、
ギターのお二人にフォーカスです!

コンパクトに纏められながらも
程よくドライヴしたサウンド
テクニカルなプレイ
やはりあの時代のギターが炸裂だぁ!

まずロビンさんですが、彼はジャクソンのフライングV他、ジャクソン社のギターを使用。ウォーレンさんとそれほど音色の差は感じられないんだけれども、彼の方がどちらかって言うと地味ですかね?と言うか、オールドスタイルをしっかり基本に持っていて、そこに新しいことをブレンドして行くっていうのかなぁ?確か、ZZ Topの、ビリー・ギボンズさんに影響されている彼ですから、やっぱり正統派ってことですかね?

一方のウォーレンさんは、前述したようにシャーベルの、ワンハムバッカー&フロイドローズ仕様のストラトキャスター・タイプを使用していて、正にエディ・ヴァン・ヘイレンさんに憧れを抱く、あの頃はまだギター少年って感じでしたよね?この曲では二人それぞれのソロパートがあるんだけど、
ウォーレンさんのソロは、正にエディさんに憧れを抱く、エディさんっぽいソロを披露してくれています!

背が高く痩身で、美少年風なルックスは、ギター少年だけでなく、ニッポンでは女性ファンが多かったウォーレンさん!踊るように、いやスポーツをしているようにステージでは動きまくりながら、でもきちんとギターを弾く姿はひたむきさを感じました!確か当時、ニッポンの血が入った彼女がいましたよね?何となく私たちニッポンに縁があるようで、今また女性のアイドル・メタル・グループへギターで参加しているようですね。

ほんのり薄化粧を施した、イケメンさんたちっていうのもあってか、ウォーレンさんだけでなく、女性ファンがたくさんいたことを思い出します!でも音楽の方は、グラムでもニュー・ウェイヴでもなく、ストレートなアメリカン・ロックンロール!今また聴いてみると、やはり軽いなぁ!ってのが否めないですが、軽快で分かりやすく、これぞなロックのかっこよさを!そしてツボを抑えていて、

ヴァン・ヘイレンさんと通じるところだよね?

でも彼らは、これも前述しましたが、長く続かなかったんだよなぁ!思い返してみれば、彼らの後に出て来たL.A.メタルと呼ばれたグループたちも、短命なバンドが多かったように思います。しかし、バンドを脱退してから次の活動で、またしっかり活動している人たちも多いんですよね。ドッケンのジョージ・リンチさんとか?

そう考えると、ラットさんたち、オリジナルメンバーで演るところを、また見たかったなぁ!また今に合った、カッコイイ〜ロックンロールを演ってくれたと思うんだよなぁ?閉塞感を打ち破る?明るいウクキワクワクするような音楽を。それぞれのラットにまた期待するしかなさそうですが・・・。

そんでもってこの曲は、ミュージック・ビデオがしっかりと作られていて、シリアスな西部劇風なのに、実はボビーさんの・・・と、ちょっとクスッと笑わせてくれるとこなんかが、'80年代のMTV全盛期らしくて、何かあの頃は、笑いも一つの要素になっていたよなぁ?なんて感じます。エディ・ヴァン・ヘイレンさんのギターは、限りなく後のたくさんのギタリストに受け継がれて行く!それは今も続いていることでしょう・・・。


※本日の1曲「♪ウォンテッド・マン(Wanted Man)(1984年)」は、米ビルボード・ロック・シングルチャートで最高位38位、米ビルボード 100で最高位87位・・・を記録しているようです。アルバム「情欲の炎(Out Of The Cellar)(1984年)」は、米ビルボード 200で最高位7位、カナダでは最高位12位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 23:12| 東京 ☔| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。