エディー・バウアー・ジャパン

2020年10月20日

1319.♪地下室のドブねずみ!




疾走してるのに揺れるグルーヴが
やっぱりエアロスミスだぁ!


♪地下室のドブねずみ
Rats In The Cellar(1976年)


エアロスミス!さんたち続くぞ〜!

やっぱり彼らはカッコイイなぁ!

今回また聴いていて強く感じます!理屈抜きなんだよねぇ〜、ロックンロールって?やっぱりこのグルーヴと、リズミカルに歌メロ、そしてドライヴするギター!これなんだよなぁ?しばらく'70'sロックはご無沙汰していたんですが、ノリノリになっちゃってます!(笑)そしてベースのトム・ハミルトンさんは、このナンバーでは地味なんだけど、意外に動きのあるラインを弾いてブイブイ鳴らしていますね!でも彼らはやはり、

スティーヴン&ジョー!

・・・さんのお二人なのかなぁ?

ライヴでスティーヴンさんに寄り添って、一つのマイクで一緒に歌うお二人を見て入ると、ホント絵になるよなぁ!ミック・ジャガー&キース・リチャードを継ぐお二人?ただこれも、トム&ジョーイさんたちのリズムセクションが、土台をきっちりと支えているからこそ、そして、ブラッドさんのギターもあるからなんでしょうねぇ?正に、素晴らしい5人のアンサンブルですね!

今宵も彼らの通算4作目のアルバム「ロックス(Rocks)(1976年)」収録のナンバーを!このアルバムだと、「♪バック・イン・ザ・サドル(1976年)」や、「♪ホーム・トゥナイト(1976年)がシングルカットされているし、有名どころだと思うんだけれど、私は今夜のこの曲が今回聴いてて、おお〜!って一番ノッてしまった曲です。

疾走する速いロックンロール!
でも、
横揺れするグルーヴが彼ららしくて
ホントカッコイイです!

一気に突っ走る、あの頃の正にアメリカン・ロックンロールなのに、どこか揺れるグルーヴを感じるのはなぜなんだろう?やっぱりトムさんとジョーイさんのリズム隊が、うねっているからだろうなぁ?'80年代のように、真っ直ぐにリズムを刻んでないんだよね?いわゆる、ルートでベースが刻まれてないから、揺れるんでしょうね?後、ジョーさんとブラッドさんのギターも、

この曲は直線的なプレイなはずなのに、やはり揺れてるんだよなぁ!ヘッドバンキングじゃ合わなくて、やっぱり、踊っちゃう方が合うよねぇ?ここらへんは前回も書きましたが、あの時代、'70年代のロックンロールなんだよなぁ。そしてこれこそが、正統派のハード・ロックンロ−ルってことだよね?ギターも結構歪ませているのに、ソロなんかでは音の粒がちゃんと聴こえて来て、

意外に歪んでないんだよなぁ?って思うし、でもがっつりとしたギターサウンド!やっぱりギターのお二人もこれぞロック!と言うしかないですね。結構速いテンポのナンバーなのに、どう聴いたって、エアロスミスさんって分かるもんなぁ。曲の構成もいたってシンプルで、♪出来るなら捕まえてみろよ〜!なんていう歌詞も、ロックンロールここにありだよね?

スティーヴンさんのハーモニカの調べも聴こえて来て、ブルージーな雰囲気もあるし、もうこれは理屈じゃないんだよねぇ!聴くんじゃなくて感じるんだぁ!これこそがロックンロールじゃぁ!って、今回彼らの曲を堪能していて強く感じるばかりです。2000年代に入ってからのライヴでは、経験を積んでいる分、いぶし銀?の、正にベテランのパフォーマンスを見せてくれていて、

練りに練り込まれたヴァージョンが聴けます!これ聴いちゃうと、また彼らのカッコイイところを感じちゃいますね!'80年代には彼らはグループ存続の危機を迎えたことがありましたが、結局はギターのお二人がまた帰って来て、'90年代にはまた彼らの新しい魅力を披露して、次の時代へ、そして今も第一線で活躍する5人!ホント凄ぇ〜〜なぁ!のひと言だよね?今後の彼らにも、まだまだ演って欲しいところです!

'70's
アメリカン・ハード・ロックンロール!
やっぱり今聴いても、
理屈抜きでカッコイイですねぇ?


※本日の1曲「♪地下室のドブねずみ(Rats In The Cellar)(1976年)」収録のアルバム「ロックス(Rocks)(1976年)」は、米ビルボード 200で最高位3位、カナダでは最高位14位、オーストラリアのアルバムチャートで最高位45位、スウェーデンで最高位46位・・・を獲得しているようです。紛れもなく、'70年代を代表するロックアルバムですね?










posted by のぶそうる at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

1318.♪ラスト・チャイルド!




揺れるグルーヴが
やっぱりロックンロールなんだよね?


♪Last Child/Aerosmith(1976年)


エアロスミス!さんたち・・・。


デッド・エンドさんが来て、ニッポンのロックンロールへ!と思っていたんだけど、やはりベーシストにフォーカスしようってことで、この方を思い出しました!エアロスミスの、トム・ハミルトンさんです!この人は疾走するロックンロール・ベースも上手いけれど、初期・中期の頃なんかだと、うねるようなファンキーな指弾きも披露していて、私の好きなベースマンなんだよね!

そんでもって、今思い返している'80年代のアメリカのハードロック勢が影響を受けた作品と言われているのが、エアロスミスさんたちの通算4作目のアルバム「ロックス(Rocks)(1976年)」だったと記憶しているんですが、なるほどそうだったのかぁ?って、今またこのアルバムを聴いてみると、'80'sのロック・グループが影響受けているのを感じます。私は彼らエアロスミスさんたちは、十代の思春期の頃はベストしか聴かなくて、

同じくアメリカンの、キッスさんたちと一緒に30代になってから遡って聴いた人なんで、偉そうに言えないんですが、キッスさんたちと共に一時期ハマりましたねぇ!英国とはまた違った、ラフで力強いロックンロールが、やっぱりカッコイイなぁ〜!と。そして本日のナンバーは、ファンク風味もあって、やはりあの時代なんだなぁ?とも感じています。今宵は上記のナンバーを!そしてトム・ハミルトンさんにフォーカスします!

メンバー 

スティーヴン・タイラーさん(ヴォーカル)
ジョー・ペリーさん(ギター)
ブラッド・ウィットフォードさん(ギター)
トム・ハミルトンさん(ベース)
ジョーイ・クレイマーさん(ドラムス&パーカッション)

うねるリズムセクションに
うねるギター!
ファンクロックンロール?が
やっぱりカッコイイです!

トム&ジョーイさんの、あの時代のうねるファンキーなリズムが、延々と続いて行く!ジョー&ブラッドさんのギターも、ロックンロール・ギターなんだけれど、揺れる感じが、やっぱりファンク調で、そこにスティーヴンさんの、黒い歌声が入って来る!これぞ、'70年代黄金期のロックンロールなんだよねぇ?

そしてこのナンバーは、スティーヴンさんとブラッドさんの共作なんだよねぇ?ギターソロもブラッドさんが披露してますが、うねる黒い雰囲気満載で、やっぱりあの頃のロックって、R&Bやソウル、そしてファンクが融合してたんだよなぁ?カントリーとR&B、ブルーズがミックスして出来たのがロックンロールなんだから、不思議なことではなくて、これこそがロックンロールなんだよなぁ?

さてベースのトムさんですが、濃い〜、スティーヴンさんとジョーさんが居るから目立たないけれども、長身でスラっとした、実はバンドきってのイケメンなんだよねぇ〜、トムさんは?調べてみると、初期はフェンダー・プレシジョン・ベースで、その後、ジャズベースにスイッチ!ギブソンのサンダーバードも、ミュージックマンのスティングレイも使っていたそうですね?

特別アクの強さのようなものは感じられないし、いつもそれほど目立たない音作りのように感じるけれど、しっかりとリズムをキープしています!疾走するピッキングのベースも、指で弾くうねるフレーズも、何でも出来ちゃうっていう、いわゆる器用な方なんだよなぁ!「♪シック・アズ・・ア・ドッグ(1976年)」ではギターも弾いているようですから、ホント職人肌のプレイヤーですね!

今聴くと、と言うか、ドラマティックな展開が出て来るニッポンの曲に慣れている耳には、何となく物足りない感じがするけれど、同じフレーズの繰り返しを続けて、昇天!ていうスタイルは、ロックの真骨頂!これぞやっぱり、ロックンロールだったんだなぁ!と、今回聴いてて思い出さしてくれました。モトリー・クルーのベーシストであり、ソングライターでもあるニッキー・シックスさんが、

通算3作目のアルバム「シアター・オブ・ペイン(1985年)」をリリースした時に、「これはもう、エアロスミスだぜぇ!」って言っていた意味が、今回やっと分かった気がします!正にこのアルバムに、思いっきりニッキーさんは影響を受けた人なんだよね?疾走する、カチっと纏まった'80'sロックンロールから、揺れるグルーヴィーな世界に、ホント変わりましたからねぇ。

そして彼はライヴが良いんだよねぇ!ライヴこそがロックンロール・バンドのひのき舞台!上手いのはもちろんですが、ライヴならではの生感溢れるパフォーマンスは、さすがのひと言!やっぱり凄い人たちだと、改めて認識します。そしてこのグループも、リズム隊がしっかりしているから、スティーヴンさん、ジョーさんが自由だし、映えるんですよね?

ドラムスのジョーイさんももちろんですが

トム・ハミルトンさんも
紛うことなき最強のベーシスト!

ですよね?


※本日の1曲「♪ラスト・チャイルド(Last Child)(1976年)」は、米ビルボード 100で最高位21位、カナダでは最高位26位・・・を記録しているようです。アルバム「ロックス(Rocks)(1976年)」は、米ビルボード 200で最高位3位、カナダでは最高位14位、オーストラリアのアルバムチャートで最高位45位、スウェーデンで最高位46位・・・を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 23:55| 東京 ☔| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

1314.♪グッバイ・トゥ・ロマンス!




美しいバラードだよねぇ?


♪Goodbye To Romance
/Ozzy Osbourne(1980年)


オジー・オズボーン!さん続きます・・・。


オジーさんの1stアルバム、
いやいや、良いですねぇ〜!

今回聴いてて、改めてそう感じているところですが、今宵もこのアルバム「ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説(Blizzard Of Oz)(1980年)」収録のナンバーです!歌詞を改めて読んでみたら、こんなにもせつなくて、美しい詩だったとは?ハードロック・グループのバラードは一番美しい!の格言通り、珠玉のバラードナンバーです!

そしてこのアルバムは、ベースにボブ・デズリーさん、ドラマーにリー・カースレイクさんが担ったヴァージョンが最初に流通したヴァージョン。しかしリマスターが施されて、現メタリカのロバート・トゥルージロさんがベース、マイク・ボーディンさんがドラムスをっていうヴァージョンに入れ替わって、

またボブ&リーさんたちお二人のリズムセクションに戻ったりしているようですね?当時、ブラック・サバスを脱退したオジーさんの複雑な状況が窺い知れますが、リアルタイムで聴いた私たちの世代は、最初のヴァージョンに統一して欲しいなぁ!って思うんじゃないでしょうか?もちろん音がダイナミックになるのは大歓迎なのですが・・・。

美旋律!
ちょっとせつない雰囲気が
どこか
クラシカル・ミュージックを思わせる
ランディさんのギターと見事に融合して
最強のバラードになってますよね?

さて今回も、
リズム隊にフォーカス!と思ったんですが、

やはり

ランディさんのギター!

に耳が行ってしまいますね。

♪さようなら友よ。すべての素晴らしかった過去にもさようなら・・・。

ブラック・サバスのメンバーへの郷愁を!ってことのようですね?あの頃にさようならと。せつなくてストレートで美しい歌詞が、これまた美しい旋律に乗って、本当に最高のバラードですなぁ!オカルトチックだったり、悪を演じるオジーさんですが、このナンバーは天使の役だった?ギターのランディ・ローズさんが、あまりにも美しいメロディを奏でたので、悪が滅びてしまった?

なんてことを想像してしまいません?ランディさんが亡くなられてしまって、急遽加入した、後のナイト・レンジャーのギタリスト、ブラッド・ギルスさんが代役を担い、ブラック・サバスの曲をライヴで披露したライヴ・アルバム「悪魔の囁き(Speak Of The Devil)(1982年)」もリリースされて、良い感じでブラッドさんは代役を務めていらっしゃいました!

しかしランディさんは特別だったんでしょうねぇ〜、オジーさんにとっては?そう言っても、ジェイク・E・リーさん、ザック・ワイルドさん、ガス
・Gさん・・・と、数々のギタリストを迎えてしっかりと道を踏みしめて突き進み、今も第一線で活躍しているのだから、あっぱれオジーさん!だよね?しかしって、しかしって言葉が最近多いかなぁ?(笑)

ランディさんの、クラシック旋律をロックンロールに取り入れた、美しいギターのメロディは何とも表現出来ないんだけど、心に入って来るんだよなぁ!ラフでルーズで、ブルーズを基調とした'70年代の黄金期のロック・ギターとは、やはり違いますよね?もちろん引き継いでいるんだろうけれど、もっともっと進化させたって言うのかなぁ?

速弾きなんかは、ただ上手いだろう?っていう感じで嫌う方々が一時期多かったように感じますが、最近はまた違って来てるようにも感じますし・・・。まぁ、プロのギタリスト、評論家の方々に詳しいところはお任せするとして、この曲でのランディさんは、アルペジオでバッキングを刻んだり、コードでシンプルに鳴らしたり、あまり難しことは演ってなくて、でもギターソロでは、これぞ!っていう、美しいソロを披露してくれています!やっぱり歪んでいないようで、結構歪ませている音ですが、

独特のタッチと、しっかりと一つ一つの音が聴こえてくるところが、クラシカル・ミュージックっぽい?メロディに昇華されていて、美しい!っていう形容詞が一番ピッタリですかね?タッピングはこの曲ではしてないですが、1980年代の幕開けと共に、あの頃のやはり新しいスタイルだったと思います!クラシックでも、交響曲ではなくてソナタなのかなぁ?

そして水玉模様のフライングVですが、調べてみたら、シャーベル社のクラフトマンが、ランディさんのためだけに作ったものなんだそうですね?ギブソンではなかったんですね。前回ギブソンって言ってしまってたなぁ〜、大変失礼m(__)mもうクワイエット・ライオット時にもこれは、使われていたそうですねぇ?知らなかったです。アーミングを入れてる曲は、このVを使っっているってことになるんですね。

このアルバムでは、クラシック・ギターを使ったインストの「ディー(Dee)(1980年)」って曲も、とても美しい曲なんだよなぁ!やはり本物のギタリストだった方で、独特の間とかあって、やっぱりクラシックの方にもし御存命だったならば、行っていた方ですね?本当に、こんなにも早く天に召されてしまったのが、残念でなりません。

そして、オジーさんのヴォーカルが、実はとても甘い歌声だったてことを再発見してしまった!歌い上げる歌唱力のあるって方ではないと思っていたんだけれど、実はかなり良い歌い手さんだったんですねぇ?

・・・なんて

オジー&ランディは、
不滅の永遠の最強のコンビ!

だったんですね?


※本日の1曲「♪グッバイ・トゥ・ロマンス(Goodbye To Romance)(1980年)」収録のアルバム「ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説(Blizzard Of Oz)(1980年)」は、英国のアルバムチャートで最高位7位、カナダでは最高位8位、米ビルボード 200では最高位21位、ニュージーランドで最高位47位・・・を獲得しているようです。






posted by のぶそうる at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする