激安ブランドコスメの通販サイト Cosmeland アウトドア&フィッシング ナチュラム

2018年01月21日

1063.♪ノーボディーズ・ダイアリー!




無機質と情熱?


♪Nobody's Diary/Yazoo(1983年)


ヤズー!のお二人・・・ご登場。


彼らもいたよ〜!

・・・ってことで、ヤズーさんたちの通算2作目のアルバム「愛にさよなら(You And Me Both)(1983年)」収録の、今夜はシングルナンバーです!

メンバー

アリソン・モイエさん(ヴォーカル)
ヴィンス・クラークさん(キーボード、シンセサイザー他)

テクノロジーと生の歌声の融合!
これが、
ピッタリとハマった彼らの凄さに
改めて感動してしまいますぞ〜!

1981年、英国はエセックスにて結成された男女ユニットがヤズーさん!元デペッシュ・モード(現在イレイジャーに在籍)の結成時のメンバーであり、テクノ・アンビエント系のヴィンス・クラークさん。アナログ音楽をこよなく愛する、ソウルフルな声の持ち主である、アリソン・モイエさん。

まさかこのお二人が、ユニットを組むなど考えられなかったんだそうですね?しかし実際に演ってみたら、見事に時代に乗った、ニュー・ウェイヴ・ポップ・サウンドを作り出して、シーンを引っ張る存在になるとは?今、あの頃のニューロマンティックスを振り返っているところなんだけれど、

ヴィサージさんたちと同じく、エレクトロポップで、バックは、ほぼ全面テクノロジーサウンド!そして、ヴォーカルのみ生って言うスタイル。どちらかと言うと、生楽器主体のスパンダー・バレエさん、カルチャー・クラブさん、そしてデュラン・デュランさんたちが、私は好みでしたが、

彼らヤズーさんたちも、あの頃の空気感が漂って来て・・・今うっとりしちゃってます!リアルタイムでは、それほどのめり込むまでは行かなかったはず?なんだけれど、その後じっくり堪能しましたぁ!けれど、今また聴くと、あの頃だよなぁ〜〜って、感じちゃいますねぇ!

クラークさんのエレクトロポップが、シンプルにストレートにバックを担って、無機質な雰囲気を作り出している中、モイエさんの歌声が登場すると、一気に空気が変わって、キャッチーなポップソングに、一瞬にして変わるから不思議です!

今は痩せられて、お綺麗な大人の女性になられていますが、この頃のモイエさんは、ぽっちゃりしていて、ショートカットのヘアスタイルと、濃いメークをしたキリリとした眼差しが、ちょっと怖かった!でもこれまた、中刈り上げて上のブロンドの髪を残して立ち上げる、奇抜なスタイルのクラークさんと共に、

彼らも、

ニューロマンティックスを

強く感じますよねぇ!

それにしても、虚無感だとか機械的なギスギスした感じが全くしないのが、本当に不思議だよなぁ!やはり、モイエさんの存在なんだろうねぇ?ピッタリとハマったんですねぇ?♪日記を題材に、女性の想いを訴える詩?も、事前に知らなくても、

この存在感溢れる旋律とサウンドで、十分堪能出来てしまい、どんどんハマって行っちゃいます!やはり青春時代の音なんだろうなぁ?アルファ波が出て来るの分かるし、ウキウキワクワクしてしまいます!今は、もっとテクノロジーが進歩しているので、もっとクオリティの高いエレポップサウンドが作れている時代で、

まだまだEDMも流行っていますが、なぜか、今と比較すれば、中途半端とも言えるこの時代のエレポップの方が、落ち着いて堪能出来るんですよねぇ?もちろん好き嫌いの問題は、どうしようもないものだけれど、今はちょっとリズムが跳ね過ぎていて、じっくりと楽しめない気がするんだよなぁ。なんて、今は今の音楽があるんですよねぇ!

青春時代の音楽!
どなたにもあると思います。
時には思い出して、

思いっきり振り返って、
堪能してみるのも乙なものですぞ・・・。

※本日の1曲「♪ノオボディーズ・ダイアリー(1983年)」は、米ビルボード・ダンス・シングルチャートで最高位NO.1!、英国では最高位3位、アイルランドで最高位5位、スウェーデンのシングルチャートで最高位9位、ニュージーランドとイタリアでは最高位14位・・・を記録しているようです。アルバム「愛にさよなら(1983年)」は、英国のアルバムチャートで最高位No.1、スウェーデンで最高位4位、オランダでは最高位11位、旧西ドイツのアルバムチャートで最高位15位・・・を獲得しているようです。





posted by のぶそうる at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)マ行・ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

1026.♪オープン・ユア・ハート!




クイーンオブポップの
キラキラポップソングだぁ〜!


♪Open You Heart/Madonna(1986年)


マドンナ!様、ご登場です。


ちょっとジャパニーズから離れて、マドンナさんのダンスチューンを今宵は!久しぶりに聴くと、って言うか、やっぱり私たちの世代は、この'80'sの、キラキラ・・・ピコピコサウンドが聴こえて来ると、おおお〜って反応しちゃうんだよね?ピコピコって言っても、きっちりと貫いていて、且つ人間味のあるあたたかい音が、

やっぱり心地良いんだよなぁ!

今も新作をリリースし続け、シーンにしっかりと居て、進化を恐れず活躍する姿を見ていると、この方ってホント凄い方なんだよね?まだまだ女性の立場が弱いと言われていた頃から、凛とした眼差しで、しっかりと地に足を付けて頑張ってこられた方。最近の曲を聴いていると、生き様まで感じさせてくれて感動しちゃいます!

さて今夜は彼女の、通算3作目のアルバム「トゥルー・ブルー(1986年)」収録で、4thシングルナンバーです!

キラキラポップソングが
時空を超えて皆を照らす?
心開いて・・・行きましょう!

テクノロジーをふんだんに使った、あの時代の最先端のサウンドが、キラキラと眩いばかりに光輝いてます〜!って私らの世代は興奮してしまうんだけれど、♪心を開いて欲しいと恋人に訴える、ちょっとせつない詩でもあるんだよね?そして、ミュージックビデオでは、

小さい男の子が興味津々なのに、絶対見させない!いわゆる、エッチなダンス・・・。でも、全くいやらしく感じないのには驚きです!最後にはマドンナさんと一緒にダンスをするシーンは、可愛らしくて、何か健やかな風が吹いて来るようで、また独りウキウキしちゃっておりますwww

時代が混沌としていて、明るい雰囲気を出すのには無理がある!なんてことを耳にします。今はそんな時代なんだよねぇ?でもこのところいろいろなところで、ポップ風味を持ったグループが出て来てるのを嬉しく感じます!そんなグループの皆様方は、両親が聴いていた、'80年代の音楽に影響を受けて入たりして、

巡り巡って・・・また来てると言うことなんでしょうか?中でも、マドンナさんからの影響は大きいようで、さすがポップの女王です!いろいろと物議を醸す方ですが、はっきりものを言う、正直な方。特に、世界中の女性の皆様方に、どれだけ勇気を与えたかは、想像するら来ません。

今夜のナンバー、そしてアルバムから、髪型も短くして、マリリン・モンローさんを意識した?甘ったるい雰囲気をやめて、一人の女性として、強く生きるって言う宣言をしたとも言われている時。力強さと熱さを感じます!しかし、これが男性はやられてしまうところだと思いますが、とても可愛らしい感じも同時に持っていて、

良いんだよなぁ〜〜〜〜!

ですよね?

やはり、唯一無二のアーティスト!と言いつつも、ヴォーカルは、きっちりとしっかりと歌い上げていて、凛とされている。女性の方々からも、カッコイイと称賛されているもの彼女の凄いところです。彼女には、キングオブポップ、マイケル・ジャクソンさんの分も長生きされて、

いつまでも歌い続けて欲しい、本当にそう思う歌い手さんですよね?キラキラポップに照らされて、心を思いっきり開いちゃおう!

未体験の方々にはオススメのナンバーですぞ!


※本日の1曲「♪オープン・ユア・ハート(1986年)」は、米ビルボード100とダンス・シングルチャートで最高位No.1!、英国で最高位4位、イタリアでは最高位6位、カナダのシングルチャートで最高位8位、スイスで最高位11位、オーストラリアでは最高位16位・・・を記録しているようです。アルバム「トゥルー・ブルー(1986年)」は、米国、英国、カナダ、オーストラリア、オーストリア、フランス、イタリア・・・と世界中でNo.1!を獲得しているようです。





posted by のぶそうる at 21:58| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(洋楽)マ行・ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

1002.♪キャント・レット・ハー・ゲット・アウェイ!



MJよ永遠に・・・。


♪Can't Let Her Get Away
/Michael Jackson(1991年)


マイケル・ジャクソン!さん。


本日はマイケルさんの8回目の命日になります。もうそんなにも長い年月が経ったんですねぇ?還暦を目前にした、ちょっと枯れたマイケルさんの渋い笑顔も、やっぱり見たかったなぁ!なんて思うのですが、ファンの心の中では、いつまでも、かっこよく、そして優しく・・・生き続けていらっしゃるんだよね。

今夜は彼が、クインシー・ジョーンズ様から離れて、テディ・ライリーさんらと組んだ作品「デンジャラス(1991年)」最近また、ニュージャックスウィングが熱い私は、このアルバムからのナンバーを堪能しております!

跳ね上がる
ニュージャックグルーヴ!
あげあげのマイケルさんの歌声!
結果、
素晴らしい音楽が
・・・産まれたんですね?

今も私は、「オフ・ザ・ウォール(1979年)」がイチオシです!グルーヴィーで、ソウルフルで、ポップで・・・心地良いものすべてを詰め込んだ、それでいて、クールで、でも親しみやすくて。この魅惑の世界が大好きです。しかしマイケルさんは、進化を遂げることをやめなかったんだよね?

結果、いろいいろな楽曲を作り歌い、踊って。今夜のナンバーは、クインシー様の都会的で洒落たAOR風味のあるR&Bから、ヒップホップと共に、当時の先端であったニュージャックスウィングへ!跳ね上がるグルーヴ!このリズムが常にビートを刻んでいて、輪郭がはっきりしているのが特徴。

そしてそんなリズムと共に、跳ねるようにあげあげのマイケルさんが、はじけるように歌っています!テディさんと演って結果良かったんだよなぁ!強く感じます。ほぼ全編テクノロジーで作られたサウンドなのに、妙に生感があるのはなぜなんだろう?

今の音楽やサウンドとは比べちゃいけないのは分かっていますが、この時代の音って、熱がこもっていたなぁ?って今聴くと感じます!クールなのに、熱いって言うんでしょうか?汗かいて人間が演ってる姿が浮かんで来るんですよね?でもクールにも聴こえて・・カッコイイんだよなぁ!

完璧ですねぇ!

恋愛のもつれみたいなものを歌うマイケルさん!ここではスターではなくて、どこにでもいる一人の男が、もがいている?そう感じられるのが、良いなぁ!社会的な、スケールの大きいことを歌う彼も好きですが、身近なことを歌う!そんな彼も、やっぱり良いですねぇ!

マイケルよ永遠に。

今夜は、

彼に浸りたいと思っています!

あなたもぜひ・・・。

※本日の1曲「キャント・レット・ハー・ゲット・アウェイ(1991年)」収録のアルバム「デンジャラス(1991年)」は、米国、英国、オーストラリア、ニュージーランド、スペイン、スイス、フランス他世界中で最高位No.1、カナダでは最高位3位・・・を獲得しているようです。

前半は、ニュージャック系ダンスチューンが並び、その後はバラードありロックあり・・・と、やはりマイケル・ジャクソンの溢れる才能をひしひしと感じるアルバムだなぁ〜と、改めて感動しております。このアルバムも一家に一枚の必聴盤ですね?








posted by のぶそうる at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)マ行・ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする