アウトドア&フィッシング ナチュラムノートンストア

2020年01月30日

1255.♪恋におぼれて!



ソウルフルハードロック?


♪Addicted To Love/Robert Palmer(1986年)


ロバート・パーマー!さん。


ロッドさんの、バーナード・エドワーズさんプロデュースの曲を聴いていたら、やっぱりこっちもだよ〜ですねぇ!残念無念なことに、2003年に心臓発作により54歳の若さで逝ってしまわれた、歌い手さん、ロバート・パーマーさん!デュラン・デュランのジョン・テイラー&アンディ・テイラーさんたちと、シックのバーナード・エドワーズ&トニー・トンプソンさんたちと組んだプロジェクト、

ザ・パワー・ステーションで、一気に世界的に脚光を浴びることに!しかしパワー・ステーションのツアーには参加せず、自身のソロに戻り、パワー・ステーションのプロデューサー、バーナードさんプロデュースで、トンプソンさん、そしてアンディさんも1曲のみ参加するアルバム「リップタイド(Riptide)(1985年)」をリリースして、正に時の人になるんだよね。

と言うことで今宵は、上記ソロ通算8作目のアルバムからの大ヒットシングルを!この曲は有名どころなので、好きな方々多いと思うんだけれど、今聴くとめちゃくちゃ新鮮ですよねぇ!

アルバムのバックミュージシャン

バーナード・エドワーズさん(ベース)、トニー・トンプソンさん(ドラムス)、アンディ・テイラーさん(ギター)、エディ・マルティネスさん(ギター)、ウォリー・バダロウさん、ジェフ・ボヴァさん、ジャック・ウォルドマンさん(キーボード)、レニー・ピケットさん(サックス)、チャカ・カーンさん(バッキングヴォーカル)・・・。プロデュースは、バーナード・エドワーズさんです。

お洒落で都会的なナンバーが
ハードなギターでロックと融合!
今新しいかも?

アンディさんは、今夜のこの曲だけの参加になったようですが、エディ・マルティネスさんがギターを務めていて、ロックなギターとソウルやファンクが見事に融合したアルバムで、前回のロッド・スチュワートさんの「アウト・オブ・オーダー(1988年)」と同じように、当時私はカッコイイなぁ〜!と、ウキウキワクワクでした!

元々パーマーさんは、ヘヴィ・メタル/ハードロックがお好きだったようで、このアルバム以降も、ヘヴィなギターをフューチャーしたアルバムが続くんですよねぇ!さて今夜の1曲は、お洒落な黒い雰囲気を持ったナンバーが、アンディさんのエッジの利いたロックなギターが入って来ることで、ロックなナンバーになってますぞ!

ミュージックビデオがまた凄くて、スタイル抜群のボディコンのお姉さんを従えた伊達男パーマーさんが、お洒落にセクシーに歌い上げるってやつで、正にこの時代ニッポンはバブルの時代でしたから、ピッタリと合って、良く街中で流れていたのを思い出します!そしてまた、ちょっとスモーキーで、パワフルナパーマーさんの歌声が、ハードなギターとピッタリとハマって、独特な世界を築き上げてます!

ロッドさんはスコットランドですが、パーマーさんも同じ英国人!英国の白人の方々って、ソウルやファンク、R&Bなんかの黒い音楽に影響を受けている方々が多いですよね?でもパーマーさんは、ヘヴィ・メタルも好きだってのが、当時は衝撃でした。今はジャンルの垣根が取っ払われているけれど、当時はまだまだジャンルの壁がしっかりととありましたから。

♪キュイ〜〜ンなアーミングや、ギュ〜ンなピッキングハーモニックスの音が、あの頃のアンディさんですなぁ!当時のアンディさんは、ストラトやテレキャスターなんかの、シングルコイルピックアップのギターなので、ジャミジャミした硬質な音が心地よいです!ただこの曲では、意外に太い音のリフなんですよね。でもアンディさんの存在感をひしひしと感じます!

♪アディクティッドゥ・・・ってところにアクセントを付けて、リズミカルに歌うサビが何ともお洒落で、やっぱり洒落てますなぁ!私はここらへんから、黒い音楽の魅力を感じていたのかもしれません。もちろんロックな要素との融合が、このナンバーのカッコイイところだと思いますが。今の時代には、新鮮に響きますよねぇ!でも新しいかも?

ショックなのは、前述したようにパーマーさんは亡くなられてしまったのですが、バーナードさんもトンプソンさんも、亡くなってしまわれたんですよねぇ?三人揃ったのは、1996年のパワー・ステーションの2ndアルバム「リヴィング・イン・フィアー」が最後だったようです。こんなにも才能豊かな方々が、三人も今いらしゃらないとは・・・ホント残念です。しかし、

彼らが残してくれた宝物のような音楽は、

永遠に残り続けて、

永遠に楽しませてくれますからね・・・。


パーマーさんのあの頃の、
恋におぼれたセクシーな音楽に
今宵は浸りたいと思います・・・。


※本日の1曲「♪恋におぼれて(1986年)」は、米ビルボード 100&ロック・シングルチャート、オーストラリアのシングルチャートで最高位NO.1!、ニュージーランドで最高位2位、カナダとアイルランドでは最高位4位、英国のシングルチャートで最高位5位・・・を記録してるようです。アルバム「リップタイド(1985年)」は、英国のアルバムチャートで最高位5位、米ビルボード 200で最高位8位、ニュージーランドで最高位13位、オーストラリアでは最高位17位、オランダで最高位72位・・・を獲得しているようです。

又、1987年度の米グラミー賞において本日の1曲「♪恋におぼれて(1986年)」は、最優秀男性ロック・ヴォーカル賞を獲得しているようですね?ロック史においては、あまり振り返ることのない時代なんて言われているようですが、間違いなく、時代を創った曲であり、アルバムだと思います。









posted by のぶそうる at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

1254.♪リーサル・ドーズ・オブ・ラヴ!



ファンキーロックンロール?
しびれるぞ〜!



♪Lethal Dose Of Love/Rod Stewart(1988年)


ロッド・スチュワート!さん出番です。


L.A.メタルから、何と、
御大、ロッド・スチュワートさんへ!

実は、このアルバムもあの頃夢中になった作品なんですよね!まだ書いてなかったのが判明したので、今夜書かせて貰います。ロッドさんファンからも、あまり振り返ることがない作品のようで、残念です〜!'80'sロックは、金の臭いがする、産業ロックだなんて、今もまだ言われているようですから、やっぱり人気がないのかなぁ?

ロッドさん自身、心機一転!新しい世界に飛び出すぞ!ってことで、かなり気合いが入っていたと聞くんだけどなぁ。結局は好みの問題になるのが音楽ですから、私がどうのと言う権利はないのですが、良い曲が揃った、最高のアルバムだと思うんだけれどなぁ!さて今宵はロッドさんのソロ通算15作目のアルバム「アウト・オブ・オーダー(Out Of Order)(1988年)」収録のナンバーです!

バックミュージシャン

アンディ・テイラーさん(ギター)、マイケル・ランドウさん(ギター)、バーナード・エドワーズさん(ベース)、トニー・トンプソンさん(ドラムス)、トニー・ブロックさん(ドラムス)、ケヴィン・サヴィガーさん(キーボード)、レニー・ピケットさん(サックス)、ジミー・ロバーツさん(サックス)、アル・ガードナーさん(トランペット)、リン・コリンズさん(バッキングヴォーカル)・・・と、凄腕のプレイヤーさんたちがバックを務めています。

プロデュースは、バーナード・エドワーズさん、
アンディ・テイラーさん、そしてロッドさん自らが担当しています。

あの時代の先端を行くサウンドと旋律!
ロックとファンクの見事な融合に
ロッドさんの新たな旅が始まった?

凄ぇ〜〜!カッコイイ〜〜!

思わず唸ってしまいましたぁ!1985年、「ザ・パワー・ステーション」が放った、ロックとファンクが融合した、ワクワククするような音楽!そのすぐ後に、パワー・ステーションのシンガーであった、ロバート・パーマーさんが、同様なファンキーロックサウンドのソロ作をリリースして、一気に売れっ子アーティストに。今思うと、いろいろなミュージシャンにこのサウンドは影響を与えたんじゃないでしょうか?

パーマーさんから数年経ち、今度はロッドさんがこのサウンドに挑戦することに!前述したように、今後の自身を模索しておられたようで、注目されていたシックのメンバーとアンディ・テイラーさんとのジョイントが、ついに叶うことに!これが今夜のナンバー収録のアルバム「アウト・オブ・オーダー」になったんですよねぇ!

今夜のこの曲は、正にパワー・ステーションの世界で、跳ね上がるリズムにハードなギターが絡んで、ファンキーなホーンセクションで味付けされた、心躍るファンキーロックンロール?ロッドさんの歌声もとても元気で、アゲアゲ状態!楽しんでいるのが分かりますよね?思わず、カッコイイなぁ〜!と叫んでしまうぞ〜!愛の致死量?危険な女性のことを歌っている?ここは、正にモテ男のロッドさんならではですよね?

この曲もやっぱり、コンパクトにまとめられていて、これはシックのバーナード・エドワーズさんの存在だなぁ?ギターだけが目立っちゃうとかじゃない、各楽器をバランス良くまとめ上げる洗練されたプロデュースが、'80年代的ですよね!そう言えば、御大、クインシー・ジョーンズさんも、同じように洗練されたプロデュースが有名ですよね?この時代は、テクノロジーが急激に発達した時代ってのもあってか、

コンパクトにまとめるのが主流だったのかなぁ?ラットさん、モトリー・クルーさんのL.A.メタル勢もとてもコンパクトな音ですもんねぇ?ただ、アンディさんのギターは、ストラトキャスター(テレキャスターも使っていましたが)のシングルコイルサウンドが、ジャミジャミと硬質な音で、暴れています!シャキっと際立つ!ってのも、この時代ならではでしょうか?

いやぁ〜、やっぱり青春時代の音楽って、いつまでも残っているんですねぇ?後追いで聴いた、ロック黄金期の'70年代も、それはそれは夢中になり、感激しちゃいますが、'80年代のロックも、もっと評価されて良いよなぁ?と、私は思います!こればっかりは、何度も言いますが好みの問題ですから、どうしようもないところなんだけれどね。

そうそう、今夜の1曲のドラマーは、シックのトンプソンさんじゃなくて、ベイビーズのトニー・ブロックさんが担っているようです。でもオーバーダビングされた、轟くようなドラムサウンドは、紛れもなくあの時代の最先端の、シックの、エドワーズさんトンプソンさん、そして、デュラン・デュランのアンディさんが作り出した、

衝撃のファンキーロックンロール!
・・・ですねぇ。


※本日の1曲「♪リーサル・ドーズ・オブ・ラヴ(1988年)」収録のアルバム「アウト・オブ・オーダー(1988年)」は、スウェーデンのアルバムチャートで最高位No.1!、カナダでは最高位2位、旧西ドイツで最高位6位、英国とノルウェーのアルバムチャートで最高位11位、米ビルボード 200で最高位20位、オーストラリアで最高位23位、オランダでは最高位37位、ニュージーランドで最高位47位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 23:40| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

1249.♪ボディ・トーク!




ディスイズラットゥンロール!


♪Body Talk/RATT(1986年)


ラット!さん続きます


考えてみたら、前回のナンバー収録のメジャー・デビューアルバムをリリースしたのが、子年!ねずみ年の1984年だったんですねぇ?ラットはねずみですから、正に出て来るべくして出て来た人たちなのかもしれません。・・・なんて、西洋では子年は関係ないけれども。さて今夜は彼らの通算3作目のアルバム「ダンシング・ウンダーカヴァー(Dancing Undercover)(1986年)」収録の、疾走感溢れるナンバーです!

この曲は、エディ・マーフィさん主演の米映画、「ゴールデン・チャイルド(1986年)」の挿入歌として使われたナンバーです!

疾走するハードなロックンロールが
パワフルに、怪しい魅力を持って
迫って来るぞ〜!

この曲収録のアルバムも不動のメンバーと、プロデュースにはボー・ヒルさんが担っていますが、経験を重ねて、より息の合ったアンサンブルを聴かせてくれています!ギターのリフなんか聴くと、'80年代を感じて、懐かしさに胸がキュンキュンしてしまうなぁ!(笑)でも、疾走するロックンロールは、今聴いてもカッコ良くない?どうでしょうか?

やぱりヴァン・ヘイレンが創り出した旋律とサウンドに、エアロスミスの要素が加わったような感じが、Ratt&Roll!だったのかなぁ?しかしパーシーさんのヴォーカルは、もと軽快でシンンプル!まるでスポーツをしているような!なんてことも当時、評論家の方々がおっしゃってましたが、私は日本公演をこの時期に、実は見に行っていて、正にそれを感じたことを思い出します!

そんでもってメンバー全員、ルックスが良くて、引き締まった男らしい体躯なのに、ほんのり薄化粧した風貌が怪しい雰囲気を醸し出して、女性たちのハートを射止めちゃったんですよね?単に、ヘアー系なんて簡単に括られてしまうと、やっぱり悲しいなぁ!グラム・メタルなんてことも言われてましたよね?ただ音楽の方は、

ロックンロール!
アメリカが産んだ最高の音楽!

なんだよねぇ?

ウォーレンさんの、これまたテクニカルなギターソロが飛び出して来て、あの頃だぁ〜!また青春の日々に帰ってしまうんですが、基本的には、ホント!シンプルなロックンロールだったんだよなぁ。ジャンルうんぬんは今はもう良いとして、今の時代にまた復活する音楽のような気がします!違うかなぁ?

やっぱり
ロックンロールは廃れない音楽なんだよねぇ!


※本日の1曲「ボディ・トーク(1986年)」収録のアルバム「ダンシング・アンダーカヴァー(1986年)」は、米ビルボード 200で最高位26位、カナダのアルバムチャートで最高位49位、英国では最高位51位・・・を獲得しているようです。前2作にはセースルでは劣りますが、このアルバムもあの頃メタルってよりも、珠玉のロックンロールを堪能出来る一作ではないでしょうか。





posted by のぶそうる at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする