デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年03月28日

973.♪ラヴ・サムバディ!



男前は、なにやっても男前なんだよなぁ!


♪Love Somebody/Rick Springfield(1984年)


リック・スプリングフィールド!さん。


彼も、オーストラリア出身でしたよねぇ!私は彼は、2つ前の「アメリカン・ガール(1982年)」が最初で、「♪ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー(1982年)」が今もイチオシなんですが、時を経て、この曲を聴いた時、いよいよ彼も、世界的スターになったんだなぁ!と思ったものです。

と言うことで今宵は、スプリングフィールドさんの通算8作目で、自身が主演した映画のサントラでもあるアルバム「ハード・トゥ・ホールド(1984年)」収録の代表曲です!

王道のポップンロックンロールが
今も情熱的に響いて来ます!

襟足がちょっと長めの、ウルフカット!透き通るような大きな瞳が爽やかで、男から見てもホント、男前だよなぁ!あの頃、女の子たちがキャーキャー言ってたのが、そうだよなぁ!と、今頃になって分かる気がします。羨ましいほどのイケメンさんだもんねぇ?

当時私は、高校一年生でコピー・バンドを演っていたんですが、この曲をカヴァーしてるバンドを良く見ました!ストレートでシンプルで、簡単にコピー出来る曲でしたが、ニュアンス?あの声かなぁ?どうしても完璧にコピー出来るバンドがなかったように思います!

スプリングフィールドさんの甘い歌声!

男前で、しかも甘い歌声ですから、もう完璧だよなぁ!艶があって甘くて、でも力強くて・・・ゴリゴリの男らしさじゃない、甘い美男子。でも、パワフル!これが今も続く、ニッポンの女の子たちに受けるタイプなんでしょうか?しかし良い声してますなぁ〜、キラキラしてて。

間奏のギターソロなんかは、正に'80年代を感じさせる?爽やかぁ〜なフレーズが響き渡って、贔屓しちゃうんだけれど、やっぱり素直にカッコイイよ〜!って思います。今だと、やっぱり違うんだろうか?屈託のない、明るい雰囲気と、メロディアスなフレーズに、ワクワクしちゃいます!

自由奔放?いや、映画のストーリーに合わせると、ちょっと違ってくるんでしょうか?♪ちゃんとした男を愛することだぜぇ!もう遅いかもしれないけれど・・・って言うフレーズが、ちょっとせつなさを感じさせますが、キラキラした旋律が、やぁ〜っぱり気持ち良いよね?

英国系と言っても、彼の場合はアメリカンに近いですかね?一時期は俳優業に専念されていたようですが、'90年代後半からまた、アーティスト活動を復活させて、コンスタントにアルバムをリリースしているようで、あの頃の女の子たちは、嬉しいですよねぇ?最近の彼も、渋い男になって、カッコイイですからぁ。

男前はなにやっても、男前なんだなぁ!

羨ましい限りです・・・。

※本日の1曲「♪ラヴ・サムバディ(1984年)」は、オーストラリアのシングルチャートで最高位83位、米ビルボード100で最高位5位、ビルボード・ロック・シングルチャートと、カナダのシングルチャートでは最高位13位・・・を記録しているようです。アルバム「ハード・トゥ・ホールド(1984年)」は、オーストラリアのアルバムチャートで最高位87位、米ビルボード200で最高位16位、カナダでは最高位29位・・・を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

954.♪トゥー・マッチ・ブラッド!



グルーヴィーなストーンズだぁ!


♪Too Much Blood
/The Rolling Stones(1984年)


ローリング・ストーンズ!の皆様方です。


ストーンズさんだぁ!

私は彼らは、'80年代以降が好きなんですよね!今、この時代の音楽を振り返っているんですが、彼らにしても、この時代の波は逃れられなかたんだよね?ウィキペディアを読んでみるとこの頃、新しい要素をどんどん取り入れようとするジャガーさんと、

ルーツを大切にしなきゃいけないと言う、リチャーズさんとの確執が持ち上がって、お二人はレコーディング時には顔を合わさなかったんだってねぇ?この影響が、次の「ダーティ・ワーク(1986年)」にまで及んでいたそうな?そして、ワッツさんがアルコール中毒になってしまうそうで・・・大変な時期だったんですなぁ?

そんな時期ですが、音楽の方は、新しさを取り入れつつも、しっかりとストーンズ節があって、今聴くと、すごく充実しているじゃぁ〜〜ん!感じるばかりです。素直にカッコイイ〜!って言えますよね?今夜はアルバム「アンダーカヴァー(undercover)(1983年)」収録で、シングルナンバーでございます!

言わずと知れたこの頃のメンバー

ミック・ジャガーさん(ヴォーカル)
キース・リチャーズさん(ギター&ヴォーカル)
ロニー・ウッドさん(ギター&バッキングヴォーカル)
ビル・ワイマンさん(ベース)
チャーリー・ワッツさん(ドラムス)

'80'sニューウェイヴを取り入れた
グルーヴィーなストーンズが
たまらなくカッコイイです!

1981年にフランスはパリで起こった、猟奇殺人事件のことを歌っていることもあってか、おどろおどろしい雰囲気があります。MVも、今見ても怖いですよね?まるでホラー映画を見てるかのようで。しかし音楽の方は、'80年代風味のある旋律とサウンド、そしてリズムを果敢に取り入れつつ、

しっかりとストーンズなところが、凄いなぁ〜!まず、ワイマンさんのベースが、跳ねてうねってるぞ〜!1stシングルの「♪アンダーカヴァー・オブ・ザ・ナイト(1983年)」もそうなんだけど、リズムがファンキーでグルーヴィーです!ワッツさんのドラムスも、軽快で良いんだよなぁ!

そんなニューウェイヴ・サウンドに、ジャガーさんのヴォーカルもしっかり乗って、いや、益々冴え渡っているように聴こえて来ます!果敢に挑戦する姿が凛々しいなぁ!元々、黒いアフリカンっぽい歌声の方なんで、こう言うダンサブルでファンキーな曲には、ぴったりと合うんだよね?

リチャーズさんとウッドさんのギターも、あの時代のディレイサウンドを入れたりしてて、しっかり挑んでいますよ〜!リチャーズさんは気に入らなかったのかもしれませんが、結果オーライ!全体を聴けば、ちゃんとストーンズしてるんですから、やっぱり彼らもタダモノではないんだよなぁ?改めて凄い人たちだと、実感しております!

久々の彼らでしたが、

理屈抜きに、

やっぱりカッコイイです!

この頃のストーンズさんも、

・・・良いですぞ?

※本日の1曲「♪トゥー・マッチ・ブラッド(1984年)」収録のアルバム「アンダーカヴァー(1983年)」は、英国のアルバムチャートで最高位3位、米ビルボード100で最高位4位、ノルウェーとスウェーデンで最高位No.1!、カナダと旧西ドイツのアルバムチャートでは最高位2位・・・を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

950.♪ウーマン・ニーズ・ラヴ!



メロウでムーディで、心地良いなぁ!


♪A Wooman Needs Love
(Just Like You Do)
/Ray Parker Jr. & Raydio(1981年)


レイ・パーカー・ジュニア
レイディオ!・・・だぁ〜い!


昨日のニュー・エディションさんたちのナンバーを聴いてて、彼の曲が聴きたくなっっちゃって・・・。レイ・パーカー・ジュニアさんです!考えたら彼って、レイディオってグループを組んでいたんだよね?その前にも、スティーヴィ・ワンダーさんのバックでギターを弾いてたり・・・。

映画「ゴーストバスターズ(1984年)」の主題歌が印象に残っている、私は世代ですが、この方って、何でも演っちゃうマルチプレイヤーな方で、歌も上手いと来て、今さらながらですが、凄ぇ〜人だったんだよなぁ?強く感じています!

今宵は、彼らのラストアルバム「ウーマン・ニーズ・ラヴ(A Woman Needs Love)(1981年)」収録で、タイトルナンバーでございます!

メンバー

レイ・パーカー・ジュニアさん(リード・ヴォーカル、ギター、ベース、シンセサイザー、ピアノ、ドラムス、パ−カッション)、アーネル・カーマイケルさん(リード&バッキング・ヴォーカル)

デビュー作では、正式メンバーとして、ヴィンセント・ボーナムさん(ヴォーカル)と、ジェリー・ナイトさん(ベース&ヴォーカル)のお二人がいらっしゃったんですよね?しかし結局は、レイさん中心のプロジェクトってかたちなんですねぇ?ゲストに、オリー・E.ブラウンさん(ドラムス)、ポール・ジャクソンさん(ギター)、ファンク・ブラザーズの、ジャック・アシュフォードさん(タンバリン)などが参加しています!

メロウでポップでムーディな
ザッツ・ブラコン!
に、とても癒されます!

'80年代を今聴いていますが、前半はまだまだ'70年代を引きずった、フュージョンっぽい生楽器演奏が、シンガーさんよりも目立つ?ほどブイブイ鳴らしていて、シンセサイザーも、味付け程度だったんだなぁ?やはり、1984年!この年を境にして、グググッとシンセサイザーが大胆にフューチャーされて来るように感じます!

今宵のナンバーは、前半も前半で、まだ'70'sフレイヴァーが漂っていますよね?しかしレイさんってば、ベースもセンスあるんだなぁ?リズミカルで、ブイブイ鳴らしてますよね?決して楽曲を壊すことなく、でもちゃんと存在感があるんですから、あっぱれです!

メロウで、ちょっとせつない恋愛の歌?落ち着いた大人の曲ってところでしょうか?私はこの曲は、中一の頃にFMラジオで聴いて知ったのが、最初だったと思います!何とも、心が落ち着くメロディと、優し気な歌声に、あの時も癒されたことを思い出しますねぇ。

ブラコンだよね?

ニッポンでしか通用しない、ブラック・コンテンポラリーでブラコン!ですが、あの時代の、アフリカンの方々のソウルやR&Bを受け継ぐ、'80年代のジャンルですね?バブル期を楽しまれた、私より少し上の方々には、まさに必須の音楽と言われてるいる音楽でございます!

しかしレイさんの場合は、ファンク系の音楽も得意なので、ちょっと違う感じがするんだなぁ!前述した、センス抜群のベースラインなんかを体感すると、ちょっと前の時代を感じますよね?でも、歌もしっかりと歌いこなしてしまうし、新しい要素もしっかりと取り入れてて・・・センスも才能もすべてを持った方としか言いようがないなぁ!

素晴らしいですね!

爽やかぁ〜な空気に満たされて

いやなこと、忘れちゃいましたぁ!www

今宵も'80'sソング!

楽しみたいと思います・・・。

※今宵の1曲「♪ウーマン・ニーズ・ラヴ(1981年)」は、米ビルボード・R&B・シングルチャートで最高位No.1!、ビルボード100で最高位4位、カナダでは最高位8位・・・を記録しているようです。アルバム「ウーマン・ニーズ・ラヴ(1981年)」は、米ビルボード・R&B・アルバムチャートで最高位No.1!、ビルボード200で最高位13位・・・を獲得しているようです。






posted by のぶそうる at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする