ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ 秋の旅行特集 びゅう

2017年09月23日

1036.♪NEW LOOK!




キラキラポップで可愛らしい〜!


♪NEW LOOK/安室奈美恵(2008年)


安室奈美恵!さん、聴いちゃうよなぁ〜!


やっぱり、彼女のナンバーが聴きたくなっちゃって・・・この曲をセレクトです!2008年にリリースされた、彼女のソロ名義での通算34作目のシングル、「♪60s 70s 80s(2008年)」'60年代、'70年代、そして、'80年代の名曲を、一気にリメイクしたシングル!この中で、1960年代の曲のリメイクナンバーが今夜の1曲でございます。

そのリメイクソングはって言うと、1964年のスプリームスのヒットナンバー、「♪ベイビー・ラヴ」なんだよねぇ〜!丁度今、NHKさんの朝ドラで、'60年代がクローズアップされていて、この曲の中の歌詞にも登場する、ツィッギーのミニスカートの時代。何かピッタリハマッてしまって、また独りワクワクしながら堪能しています!

編曲&プロデュースは、
T.Kura,michikoご夫妻

シンプルなのにずっと耳と心に残る
安室ちゃんの、
珠玉のリメイクだよねぇ!


ホント、安室さんのオリジナルと言っても良いほど、ピッタリと彼女に合っていて、改めて良いなぁ〜!って思います。スプリームスのこのナンバー好きだったんだってねぇ〜、安室さんは?やっぱり、R&B!日本にも、ちゃんとしたR&Bが存在するんだぞ〜!って、女性シンンガーがぁって、ことを教えてくれたのは、

安室さんだったんだよなぁ?って今思います!もちろん先達には、和田アキ子さんなんかも、もちろんいらっしゃる訳だけれども、いわゆる、R&Bって言うものが、全く違和感なくニッポンでも取り入れられたってのは、彼女の功績じゃないかなぁ?って感じるばかりです。

このリメイクは、'60年代のナンバーなので、やっぱり装飾をあまり付けずに、シンプルにストレートに作り上げているところも素晴らしいです!T.Kura&michikoご夫妻のお力もあると思うんですが、まず、安室さんの歌声がなくては成立しないですよねぇ?

リズムもしっかりと刻まれていて、ハンドクラップ(手拍子)が、意外にアクセントになっていて、輪郭がくっきりしてるところなんかも、凄いよなぁ〜!って思う。安室さんが主役ってことを、ちゃんと周りが分かっているんだなぁ?

そして、

彼女の珠玉のヴォーカル!

もう説明の必要はないですが、改めて良い喉、声の持ち主だってことを思い出させてくれます!アフリカンっぽい、のど越ししゃがれながらも、クリアで伸びやかなヴォーカル!英語を歌い上げる彼女もカッコイイですが、日本語を歌う彼女が、やっぱり素晴らしいよねぇ?

彼女だって、

ニッポンのDNAを引き継ぐ方ですからぁ〜。

引退されるのが、本当に残念でなりませんが

いつも彼女の残してくれた歌は楽しめます!
いつまでも堪能したいと思っています・・・。


※本日の1曲収録のシングル「♪60s 70s 80s(2008年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位No.1!を記録しているようです。







posted by のぶそうる at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

1035.♪そして、神戸!




いやぁ〜、しびれますぅ〜〜!


♪そして、神戸
/内山田洋とクール・ファイヴ(1972年)


クール・ファイヴ!の皆様方ご登場。


ついに、彼らに行ってしまいましたぁ!

両親が聴いていて、子供の頃から馴染みのある歌声だったんですが、改めてじっくりと聴いてみるとこの曲、同時期のアイズレー・ブラザーズさんたちと、サウンドが似ていることに気が付いて、おお〜〜って今、またしても独りで上がっておりますwww・・・と言うことで今夜は、彼らの通算14作目のヒットシングルナンバーを!

作詞:千家和也さん
作曲:浜圭介さん
編曲:盛岡賢一郎さん

メンバー

内山田洋さん(ギター)
前川清さん(リードヴォーカル)
宮本悦朗さん(ピアノ&キーボード)
小林正樹さん(ベース)
岩崎茂美さん(サックス&フルート)
森本繁さん(ドラムス)

ざらついたサウンド
哀愁のメロディ
'70'sR&Bっぽくて
でも、ニッポンの珠玉のムード歌謡が
・・・最高です!

ちょっとざらついた感触が、同時期の米R&Bファンクグループ、アイズレイ・ブラザーズさんたちと似ているのに、驚いております!ファズですよね?歪んだギターと、滑らかなリズムギター!二本のギターの対比なんかも、アーニー・アイズレイさんっぽいし。

それから、ドラムスの♪ドカドカ・・・と忙しいリズムを体感していると、あの時代のロックンロールグループともかぶって来て、人間が奏でる、汗かいて頑張ってる姿が想像出来て、おお〜っ!って感激しちゃいます!元々ジャズを中心に、いろいいろなジャンルの音楽を演奏していた人たちなので、

何でも出来ちゃうんでしょうねぇ?

ドゥアップ風コーラスもお手のものだし、演奏だって、ピッタリとリアルタイムのサウンドやスタイルを取り入れて、難なくこなしています!そこに主役の前川さんの独特な歌声が入って来て、今聴いてもオリジナリティ溢れてるよなぁ?って感じます。

アフリカンなソウフルっぽくもあるし、分厚い声のロックシンガー風でもあるし、ニッポンの演歌調でもある。でも、彼にしか出せない存在感ある、聴かせるヴォーカルだよなぁ!男が聴いても惚れ惚れしちゃうってやつですね。後に、お笑い番組に出て来て、笑わせてくれた人でもあって、面白い方。多才な方なんですよね?

聴き終わった後には、やっぱりニッポンの歌で、ムード歌謡と言われた当時のヒットソングだよなぁ〜!と感じます。日本語の母音が抜ける、柔らかい発音がそう感じさせるんだろうか?紛うことなき、ジャパニーズだよねぇ?ちょっとせつないって言う曲は、私たちニッポン人の得意なところであると思うけれど、

洋楽には出せない、
ニッポンの旋律とサウンド!

・・・に改めて拍手です!

前川さんはもちろん、

最高級の歌い手さんだぁ〜!


※本日の1曲「♪そして、神戸(1972年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位6位、第15回日本レコード大賞にて、作曲賞を受賞。第6回日本有線大賞を受賞されているようです。神戸のご当地ソングでもあるそうで、改めて名曲だなぁ〜と感じております。





posted by のぶそうる at 21:37| 東京 ☔| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

1031.♪Someday,Someplace!



ホント、
楽しくて、癒されるんだよなぁ・・・。


♪Someday,Someplace
/Every Little Thing(1999年)


ELT!さんご登場


すっかり秋めいて来てますが、まだまだしっとり系よりも、はじけるポップソングが聴きたくて・・・。今夜は、ELTさんたちの通算12thシングルでございます!1999年にリリースされたベストアルバム「Every Best Single +3(1999年)」収録の先行シングルなんだよねぇ?

この頃は、

持田香織さん(ヴォーカル)、伊藤一朗さん(ギター)、そしてキーボードに、五十嵐充さんがいらしゃった時のナンバーで、お二人になってからよりも、派手でキーボードサウンンドが主体になっている、ちょっとアメリカのAORっぽい雰囲気があったように時代?もちろん、ダンスミュージックサウンドも存分に楽しめるんですが。

作詞、作曲、編曲:五十嵐充さん

何とも楽しめて
何とも癒されるその旋律
そして、
持田さんの歌声にまた
何とも楽しませてもらい
何とも癒される・・・。

実は久しぶりに、ELTさんの上記ベストアルバムを引っ張り出して、今また堪能しているんですよ〜!最近の、自然体な雰囲気に重点を置いた彼らも好きなんだけど、やっぱりこの時代が良いんだよなぁ!まだ持田さんも金髪ヘアーで、ギャルモッチーと呼ばれていた頃。

その後に喉を傷めてしまわれて、彼女独特のあの歌声が変わってしまって。その後ももちろんファンであり続けていますが、どうしてもあの頃のあの透き通るような彼女の歌声に、今も心を持って行かれちゃう私でございます!(今の歌声ももちろん好きですが)

五十嵐さんのキーボードを主体にした、ポップンロックで、ちょっとアメリカのAOR風味がある?その美旋律にも、やっぱり良いなぁ〜!と、感動しちゃいます〜!この曲の一つ前のシングル「♪Over and Over(1999年)」この曲が一つの転換期になったように感じています!ユーロビート系?のダンスチューンから、

洗練されたポップロックへ!

そして、

持田さんの透明感のある美声!

ライヴになると、おらおら系に豹変してしまう?www彼女ですが、何とも可愛らしくて、透明感があって、そしてエネルギッシュで・・・今も聴いていると、自然と体が動いちゃうし、心が洗われるようで心地良いんだよなぁ!紡がれる歌詞の方も、

♪優しさと仲間を胸に刻んで走り出そう・・・辛くても、頑張って行こうよ!って言う、普遍的なものが合っていて、ワクワクして、本当に頑張ろう!って、素直に思えるなぁ。ここらへんも好きなところで、小難しいことを紡いで、哲学しているような(お好きな方々すみません!)陰にこもるものはどうも最近は苦手で・・・。

結局音楽って、趣味嗜好のものだから、好き嫌いは当たり前にあると思います!それをどうこうなんて、私に言う権利なんて全くないけれど、明るく楽しい詩は勇気を貰えるし、ダイレクトに歌詞が伝わるジャヤパニーズならではの、やはり楽しみじゃないでしょうか?なんて・・・。

楽しんで
癒されて

堪能したいと思います!


※本日の1曲「♪Someday,Someplace(1999年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位4位、ベストアルバム「Every Best Single+3(1999年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位No.1!を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする