ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ アウトドア&フィッシング ナチュラム

2017年10月19日

1042.♪NEO GEO!




国境を超えた、名サウンド&名旋律!


♪NEO GEO/坂本龍一(1987年)


坂本龍一!様ご登場。


ブーツィーさん繋がりで、そうだぁ!って、この曲を思い出して、今夜は堪能しております!我らが教授こと、坂本龍一氏のナンバーです!1987年にリリースされたアルバム「NEO GEO(1987年)」収録で、タイトルナンバーでございます。そうです!ベースが、ブーツィーさんなんだよねぇ!

翻訳・作曲:坂本龍一さん、ビル・ラズウェルさん

沖縄民謡とバリ島のケチャ
ファンクとロックの大融合?
国境を超えた名作だよねぇ!

歌われている沖縄民謡は、「耳切り坊主(みみちりぼーず)」って言う曲なんだってねぇ?この頃って、古謝美佐子さんのいらした、ネーネーズさんとの交流がありましたよね?この曲でも、古謝さんが参加なさってます!何だろう?沖縄の旋律って、沖縄の方でなくとも、落ち着きませんかぁ?

スーッと穏やかな気持ちになって、癒されてしまいます!そこに突然、バリ島のケチャの叫び声が入って来て・・・アジアの風が、とても心地良く響き渡って、何かもういやなこととか忘れちゃうんだよなぁ〜。このところニッポンの歌を良く聴いているんですが、やっぱり血やDNAに刻みこまれているんですかね?

東洋の旋律?にうっとりしてしまいます!

ただリズムは、洋楽風味のファンキーなロックンロール?エレクトリックギターの歪んだフレーズと、ブーツィー・コリンズ様の、揺らした(これってワウペダルかけてるんですかね?)、跳ね上がった、ぶっ飛んだベースが、独特のリズムを作っています!

そして、共にプロデュースを担っている、ビル・ラズウェルさんと一緒に、キーボードを操って、曲をとりまとめていらっしゃるのが、坂本教授!ウィキペディを読んでみると「NEO GEO」は、ネオ・ジオグラフィーの略で、「新しい地図」の意だそうな。以下、ウィキペディアに書かれている文章を引用させて頂きます。

「国や民族などどこにも属さない浮遊する大地で、そこでは世界のすべてを受容し、互いに認め合い、尊重し合う世界を、まずは音で試みている。」とのことです。教授らしい精神が、21世紀の今になっても、多くの人たちの叶わぬ願いだと言うところに問題ありだと、痛感しますね?

今も心に訴えて来て
今も、ワクワクさせてくれ

今も癒されてしまう。

国境を超えたナンバーに乾杯!


※本日の1曲「♪NEO GEO(1987年)」収録のアルバム「NEO GEO(1987年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位8位を獲得しているようです。国境を超える、人種も超える、ヴァラエティに富んだ作品が詰まったアルバムは、今も輝いてます。未体験の方々には、ぜひ楽しんで頂きたいですね。





posted by のぶそうる at 23:22| 東京 ☔| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

1036.♪Good-bye My Lonliness!





キラキラしてます〜!


♪Good-bye My Lonliness/ZARD(1991年)


ZARD!さんご登場です。


いやいや、まだまだイケイケの曲で盛り上がりたいと思っていたのに、ちょっとしっとり系が聴きたいなぁ?と、過ごしやすくなって、めっきり秋めいて来た今、感じています!でもやっぱりジャパニーズが良いなぁ!と言うことで、久しぶりに、ZARDさんの曲を今夜は選択です!彼らの記念すべきデビューシングルです!

作詞:坂井泉水さん
作曲:織田哲郎さん
編曲:明石昌夫さん

王道の爽やかで、ちょっとせつない
パワーポップソング!
泉水さんは
時代を超えて今も・・・。

久しぶりのZARDさんなんですが、やっぱり爽やかですよねぇ?アメリカンポップやアメリカンAOR風な雰囲気が満載のデビュー曲ですが、王道のJ-POPとも言えますよね?ロックが下地にあって、ギターも利いているけれど、ポップで爽やかで、ちょっとせつない感じが散りばめられたところなんかは、

やっぱりジャパニーズだなぁ〜!っても、もちろん良い意味で感じます!ブルーズをルーツに持つ、葉山たけしさんのギターも、良い加減に鳴らしていて、良いんだなぁ!そして織田さんワールドなんでしょうか?胸キュン旋律で、ニッポン人には、スーッと入って来ますよねぇ?

サックスソロが間奏を担うところも、ロックなんだけれど、ポップなんですよねぇ?都会的で、大人の雰囲気を感じて、でも、日本語の歌詞が、何とも優しく、柔らかぁ〜く響いて、リアルタイムで私は好きになったグループですし、曲なのですが、

今聴いた方が、グッと来ちゃうのはなぜだろう?疲れている時に、昔懐かしい頃のことを想い出すってことは、精神的に良いことって聞いたことがありますが、そう言う作用なのかなぁ?ただ、テクノロジーはもちろん音楽に必要なものですが、しっかりと人間が演奏している、人肌を感じる音楽って言うのは、いつまでも残るんでしょうねぇ?

泉水さんの透明感のある歌声!

今は亡き、って書くととてもさびしいのですが、泉水さんのヴォーカルは、透明感があって良いなぁ〜!決して熱唱系で聴かせる方ではないけれど(なんて、素人が失礼いたしますm(__)m)、何とも言えない、柔らかぁ〜くて、大きな愛に包まれてしまうようなその歌声と存在感は、唯一無二のものですよ〜〜!

特に、男性は、彼女の歌声が好きな方々多いでしょうねぇ?美人さんだし、素敵な方だったよなぁ!ホント、惜しい人を失くしてしまったと、今つくづく思うばかりで・・・。そんでもって、

彼女も、日本語の詩だからこそ
キラキラと輝いているんですよねぇ?

今夜は、

彼女の歌に酔いしれたいと思います・・・。


※本日の1曲「♪Good-bye My Lonliness(1991年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位9位、アルバム「Good-bye My Lonliness(1991年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位34位を獲得しているようです。


※manakin 050さん、リンク貼らせて頂きましたm(__)m
まさかこんなに綺麗なミュージックビデオが!感激です。




posted by のぶそうる at 22:08| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

1034.I'M GETTIN' BLUE!



昭和歌謡メロディなんだよなぁ!


♪I'M GETTIN' BLUE/ZIGGY(1988年)


ZIGGY!の皆様方です。


ジャパニーズが熱い!

昭和の香りがプンプンするところが、いやぁ〜、めちゃくちゃ良いです〜!前回のPINK SAPPHIREさんと同じく、じっくりアルバムを堪能することはなかったんですが、いわゆる有名どころで良い曲!ってことで、自分なりのベストセレクションに入っているのが今夜のナンバー!なので、

ZIGGYさんのことを語る資格はありません!でも友達が、彼らのようなバッドボーイズ・ロックンロール系のバンドを演っていたこともあり、海外の、ハノイ・ロックスさんたちや、モトリー・クルーさんなんかは良く聴いていました。そうそう、ZIGGYさんは、ハノイ・ロックスしてましたよねぇ?

さて今宵のナンバーは、彼らのデビューシングルでございます!(翌年の1989年に再発されていますが)次のシングルである、「GLORIA(1988年)」も、それはそれは良いのですが、今宵の1曲が私は好きですねぇ!

作詞&作曲:森重樹一さん
編曲:ZIGGY、佐藤宣彦さん

メンバー

森重樹一さん(ヴォーカル)
戸城憲夫さん(ベース)
松尾宗仁さん(ギター)
大山正篤さん(ドラムス)

ノリノリの
ラフ&ルーズなロックンロール!
でも、
昭和歌謡の旋律に乾杯です!

理屈抜きの、バッドボーイズ・ロックンロールが炸裂!そのルックスも、正にあの頃のロックンロールで、懐かしいなぁ!って感じるんですが、♪どしゃぶりの雨が〜・・・のメロディが、えええ〜そう来る?って、何とも言えない昭和歌謡メロディで、

そうだったっけぇ?と、驚き、いや、癒されてしまってます!展開とか曲構成はシンプルで、洋楽っぽいのに、やっぱりジャパニーズを強く感じるんだよね。最近しつこく書いてしまってるけれども、ホント、そこが良いんだよなぁ!当時は洋楽っぽくあればあるほどカッコイイでしたが、

今は、ニッポンのメロディだよねぇ?なところに反応しちゃって、ワクワクしちゃう私です!年取ったのかなぁ?日本人としてのDNAは、どうしたってあるんだろうねぇ?そして、森重さん!その派手なルックスがちょっとキワモノ系を連想・・・いや失礼!ケバイ(ヤバい!これも死語かなぁ?)グラム系を感じるんですが、

とても爽やかな歌声をお持ちで、ロックンロールにも、昭和歌謡旋律にも合っていて、イイなぁ〜!と改めて思うばかりです!彼も、歌い手さんだよねぇ!ギターソロがなくて、ベースソロがある間奏から、ちょっとせつないサビのメロディへ!って言うところも良いなぁ!日本語がまた、グイグイ入って来ますし!
今夜も、

ニッポンのロックンロールに
・・・浸りたいと思います!


※本日の1曲「♪I'M GETTIN' BLUE(1988年)」は、1989年の再発盤が、オリコンのシングルチャートで最高位15位を記録しているようです。メジャー第一作のアルバム「ZIGGY IN WITH THE TIMES(1987年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位57位を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする