TV通販公式サイト ビートップス(B-tops) DHCオンラインショップ

2017年02月12日

947.♪DEAR FRIENDS!



みんなで歌える極上メロディアス・・・。


♪DEAR FRIENDS/PERSONZ(1989年)


パーソンズ!さんだぁ。


彼らも、'80'sだったんだよねぇ!BOOWYさんたちに近い雰囲気で、音楽の方もギターロックで、黒系ファッションもおんなじだったよなぁ?改めて聴いてみると・・・?

メンバー

JILLさん(ヴォーカル)
渡邉貢さん(ベース)
本田毅さん(ギター)
藤田勉さん(ドラムス)

作詞:JILLさん
作曲:渡邉貢さん
編曲:PERSONZ


ポップでメロディアスで
キラキラ輝いて、分かりやすい
・・・だったんだなぁ?

ルックスを見ると、真っ黒けっけで、いわゆるヴィジュアル系なのに、これはBOOWYさんたちもそうでしたが、とても分かりやすいメロディアスな音楽を演っていたんだなぁ?もちろんロックンロールなんだけれど、ハードロックではないよね?

歌謡曲って言っても全然問題ないぐらい、みんなで歌える感じが、逆に新鮮です!Tシャツに洗いざらしのジーンズ姿の、爽やかな人たちを想像しません?BOOWYさんもルックス知らずに聴いたら、そう感じる気がします。ヴィジアル系って、ニッポンだとハードロックが核になってますよね?

パーソンズさんたちは、もちろんクールな曲もあるけれど、全体的にやはりポップだったんだなぁ?今改めて感じて、いつものように驚いています!あの時代って、オルタナ系がまだない時代。真っ直ぐな、屈折しないってのかな?(好きな方々すいませんm(__)m)これがやぱり私は好きですねぇ!

そしてやはり注目は、

本田さんのギター!

ディレイ・サウンドと呼ばれた、エコーがかかって、音にキラキラ感を付けたようなサウンド?そんな音色でアルペジオを刻み、カッティングしたり、バービー・ボーイズのイマサさんも演ってましたが、生音に近い、♪ジャミジャミ・・・した音が特徴で、

今聴いても、いや、今だからこそ、一周回ってかっこよく聴こえません?贔屓してしまうけれども、もう一度、シンプルなギターサウンドに帰って来る予感がします!もう演っていらっしゃる方々も要ると思いますが。木が、木材が鳴っているってのを、凄く感じます!エフェクトをかけているのに、生感が浮かび上がって来てるんだよね?

そんでもって、堂々たるルックス(失礼m(- -)m)なんだけど、繊細で可愛らしい歌声も、何とも魅力的で良いです!西洋人のような顔をされているのに、やっぱり日本語が似合う方ですよねぇ〜、彼女も。今はそんなことないけど、当時は、日本語がかっこ悪くて、英語がカッコイイ・・・なんて私も思っていたけれど、不思議だなぁ?

日本語がカッコイイ!強く感じてしまっています。この曲は英語のフレーズがアクセントになっているナンバーなんですが、日本語が響いてますよね?ニッポンのグループには、日本語の響きを大切にして欲しいなぁ?パーソンズを、久しぶりに堪能していて、日本語が心地良く感じる冬の夜です!

そう言えばカラオケ行くと、

今も必ずみんなで歌っているなぁ!

※今夜の1曲「♪DEAR FRIENDS(1989年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位13位を記録しているようです。3rdアルバム「NO MORE TEARS(1989年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位2位を獲得しているようです。







posted by のぶそうる at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)な行・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

946.♪離れろよ!




日本語がイイんだよねぇ?


♪離れろよ/BARBEE BOYS(1986年)


バービー・ボーイズ!さんたち。


そう言えば彼らも、'80'sに活躍されたバンドだったなぁ?と言うことで、久しぶりに、超がつくぐらい久しぶりに、今堪能しております!カッコイイじゃないですかぁ?ちょっと聴いた感じは、ストレートなロックンロールで、男女のツインヴォーカルってのが特徴ぐらいに感じるんだけど、

いやいや、斬新だったんだなぁ?今改めて感じます!

今夜は、彼らの通算3作目のアルバム「3rd BREAK(1986年)」収録で、オープニングを飾るナンバーです!

メンバー

KONTAさん(リード・ヴォーカル&ソプラノサックス)、杏子さん(リード・ヴォーカル)、いまみちともたか(イマサ)さん(ギター)、ENRIQUEさん(ベース)、小沼俊昭(コイソ)さん(ドラムス)の五人。

ギターが煌めく?
ポップでタイトなロックンロール!
ツインヴォーカルが秀逸です。

高校時代に、ボン・ジョヴィのコピーバンドを組んでいた時の、キーボード担当だった友人から、翌年の1987年にカセットテープに録音してもらって聴いたあの日が、蘇って来るなぁ!当時私は洋楽ばっかりで、洋楽しか聴いてなかったんですが、

おお?何か、ザ・ポリスのような、昔のオーソドックスなロックとは違う、やぱり斬新さを感じたんでしょうか?結構イイじゃぁ〜ん!ってのが、初バービー・ボーイズさんでした。今聴くと、イマサさんのギターが核になってるなぁ!♪ジャァ〜〜ンって、シングルコイルのストラトの、♪ジャミジャミ・・・した、これぞなロックンロールギター!

でも、ここらへんがそうだと思うんだけど、エフェクトをかけてたアルペジオで、キーボードのような役割を担うんだよね。アンディ・サマーズさんっぽくないですかぁ?そこに、ENRIQUEさんとコイソさんのリズム隊が、タイトなグルーヴを刻んで、混ざり合う!

そんな豪華なバックサウンドに、KONTA&杏子さんの、男女の気持ちの言い合い?激しいヴォーカルがぶつかり合う!KONTAさんは、ソプラノサックスも吹いていて、何とも言えない世界を作っています!サックスがソプラノってところもミソだよね?高いトーンなので、ちょっと違うよねぇ?って・・・。

そう言えば、当時、BOOWYさんたちも同じ匂いのロックンロールを演っていました!ただバービーさんたちは、杏子さんが居たから、ちょっと違った雰囲気があったよね?共に、英国のパンキッシュなロックとか、ニュー・ウェイヴに影響を受けたんでしょうね?

ただ、

日本語ってのがキーになっている!

と感じます。

柔らかい発音なのかなぁ?もちろんメロディにリズミカルに乗る歌い回しをしているんだけれど、母音が抜けるってところかなぁ?しかも、男女の掛け合い言い合いなんで、これがまた凄い!今だと、これはダメ・・・とかなっちゃうような、激しい詩が響きます!ここが熱くて、入って来るところだったのかもしれませんね?

日本語だからこそ・・・ですねぇ?

一周回って、今も斬新で新しい?

未体験の方々には、

ぜひ堪能して欲しいグルーヴですね!

※今夜の1曲「♪離れろよ(1986年)」収録のアルバム「3rd BREAK(1986年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位7位を獲得しているようです。




posted by のぶそうる at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)な行・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

848.♪翼の折れたエンジェル!



爽やかポップンロックだねぇ〜〜!


♪翼の折れたエンジェル
/中村あゆみ(1985年)


中村あゆみ!さんです。


懐かしいナンバーなんですが、この曲も'80'sポップなロックだったんだなぁ!当時高校生で、友達の女の子がガールズバンドで演っていて、おお〜!って。歌声も似ていたんで、凄いじゃぁ〜んって思っていました!でも当時はこの曲、そんなに響かなかったんですよね。

しかし今改めて体感すると、いやいや、爽やかでちょっとせつなくて・・・イイなぁ〜!中村あゆみさんは、今でも変わらずカッコイイシンガーさんですよね?この曲のニューヴァージョンもかっこよくて・・・しかし私は、あの頃のヴァージョン!やっぱりこっちが良いですねぇ!

彼女の通算3作目のシングルナンバー!

作詞、作曲&編曲:高橋研さん

オリコンのシングルチャートで最高位4位を記録した、彼女の代表曲です!この曲収録のアルバム「Be True(1985年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位16位を獲得しているようですね?

アメリカンポップロックンロール?
ちょっとスプリングスティーンさんっぽい
大陸的な雰囲気が、心地良いなぁ〜〜!

どっしりと構えたリズムに乗って、あゆみさんのハスキーヴォイスが響き渡ります!やっぱり、ファッションなんかを見ていると時代を感じてしまうけれど、音楽の方は濃くて、歌も素晴らしくて・・・イイ曲ですよね?サックスがイイ感じにアクセントになっているところなんかは、

ブルース・スプリングスティーンさんのような雰囲気があるよなぁ!そうそう、同時期に活躍された、故尾崎豊氏もこういった、大陸的な音楽を演っていらっしゃったっけなぁ。あゆみさんの方がもっとポップで、やはり女性らしく柔らかいんですが。

そんでもって何と言っても、

あゆみさんの歌・歌・そして歌!

これに尽きるなぁ!

驚くのはこの時まだ彼女は、18歳(なんですよねぇ?なんて大人っぽいこと!今のお若い世代が、幼く見えるんでしょうか?歌われる詩も、大人っぽくて、でもそれをしっかりと歌いこなしてしまうんだから、あゆみさんもやはり、選ばれたる歌い手さん!だったってことになるんだねぇ?

ハスキーヴォイス!

ホント、歌い手さんには大きな武器になるよねぇ?何とも味わ深く聴こえて来ますよねぇ?そこにまだ可愛らしい女性のポップな雰囲気が混ざり合って、小麦色に焼けたルックスとも相まって・・・かっこよくも、キュートに見えます、そして感じます!

イイですねぇ〜〜!

今年の夏も終わりを迎えていますが

まだまだ暑くて・・・。

爽やかポップンロックンロール!

まだまだ楽しみたいと思ってます。








posted by のぶそうる at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(邦楽)な行・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする