2020年01月16日

ヒューイさんたちが、19年ぶりの新作だぁ!

今、私の青春時代である

'80'sのハードロックを振り返っているんだけれど

何と!

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース!

さんたちが

来月の2月14日に

新作がリリースされるようです!

タイトルは、

ウェザー

彼らも'80'sを席巻した、スーパーグループ!

期待が膨らみます。

2001年リリースの「Plan B」以来となる、19年ぶりの新作だそうで、これは聴かなきゃぁ〜ですねぇ!現在のグループのラインナップは、ヒューイ・ルイスさん(リードヴォーカル他)、ジョニー・コーラさん(サックス、ギター&ヴォーカル)、ステフ・バーンズさん(ギター&ヴォーカル)、ジョン・ピアーズさん(ベース)、ビル・ギブソンさん(ドラムス、パーカッション&ヴォーカル)、ショーン・ホッパーさん(キーボード&ヴォーカル)

アルバムのトップと、

その次のナンバーが今公開されています!

トップの

♪ホワイル・ウィ・アー・ヤングは、イントロを聴いて一瞬、デジタルポップかぁ?なんて思ったんですが、そこはやっぱり違って、若かった過去を懐かしむ?珠玉の穏やかなナンバー!これぞな彼ららしさが良いです!そして2曲目の、♪ハー・ラヴ・イズ・キリン・ミーは、ブルージーなんだけど、カントリーっぽさや、アメリカは西海岸の爽やかなポップさもブレンドされて、

アメリカン・サウンドをぎっしり詰め込んだ、これまたヒューイさんたちらしいロックが心地よいです!彼女の愛は俺をてんてこまいにするよ〜?なんて、ヒューイさんが歌えば、懐かしい'80年代が蘇って来ちゃういますよねぇ?リアルタイムで彼らを好きだった人たちだけではなく、若い人たちにも聴いて欲しいところです!

ジャケットの写真を見るとヒューイさん、

やっぱり老け・・・いやいや

ジェントルマンで、タレ目の優しい笑顔は健在です!

ホント、

彼らにもいつまでも活動し続けて欲しいなぁ!

新作に注目ですね?








posted by のぶそうる at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

氷川きよしさんは、やっぱり歌い手さんだぁ!



毎年年末はバタバタしていて、

一向にゆったり出来ないのは、

私の宿命なんだろうかぁ?

・・・なんて、この時期になると最近は、

ニッポンの演歌や歌謡曲が恋しくなるんだよねぇ!

テレビやラジオで最近、

氷川きよし!さんの

♪大丈夫

良く聴くんですが、良い曲ですよねぇ?

もう彼も、

アラフォーの世代に入られたようで

ちょっと驚いているのですが、

その歌声は健在、いや、益々磨きがかかって

ホント素晴らしい歌唱力ですよねぇ!

今ニッポンの男性の歌い手さんの中で、間違いなく一番上手い歌い手さんだと私は思います!デビュー時から、その華やかなルックスのイケメンぶりで颯爽と登場されたきよしさんですが、最近は、「演歌だけでなく、いろいろな音楽を歌って行きたい!」

なんてことをおっしゃっているようで

ポップやロック、ジャジーな歌なんかも

ぜひ歌って欲しいなぁ!

さて♪大丈夫は、三三七拍子!が入って来て

正にニッポンを感じる曲で、ほんわかしならがらも

みんなに勇気やパワーを送ってくれる

最高に心地よいナンバーで、上がっちゃいますねぇ?

この方も、

いつまでも末永〜く歌って行って欲しい
ニッポンの宝ですね・・・。


♪だいじょうぶだ〜よ〜〜・・・。




posted by のぶそうる at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

フレデリクソンさん逝く・・・。

このブログを書かせて頂いてから、

何度お悔みの報を書いたことか。

また一人、

カッコイイ女性シンガーが逝ってしまいました。

北欧はスウェーデンご出身のデュオ、

ロクセット!のシンガー、
マリー・フレデリクソン!さんが

12月9日亡くなられました・・・。享年61歳

早過ぎますよね?

彼女は2002年に脳腫瘍を患ってしまいますが、見事に回復を果たして、その後も活躍を続けていると聞いていたので、突然の訃報にビックリしております!私は彼らのアルバム「ルック・シャープ(1988年)」が大好きでして、実はミュージシャンを目指していた時に良くこのアルバムを聴いて、ロックなのにダンサブルもあり、ファンキーもあり、

でもしっかりと彼らの音楽を確立しているところに感銘を受けて、こういう音楽を演りたいなぁ!なんて感じていたことを思い出しました!そんな意味では宝物のようなアルバムなんですよね。このアルバムは代表曲はもちろんのこと、全曲◎で、ホント素晴らしいなぁ〜と、今でも思うばかり。そんな中での、マリーさんの透明感のある、ちょとハスキーがかったパワフルな歌声がこれまた秀逸で、これは真似出来ないなぁ〜と。

ブロンドで青い目をした
正に、北欧の美人さん!

しかし、

ョートヘアをつんつん立てた髪型がアグレッシヴで、

性から見ても、

カッコイイ歌い手さんっだったんじゃないでしょうか。


昭和は遠くなりにけり?

いや、

20世紀は最早、はるか遠くへ?

そう思うとさびしいですねぇ?

マリーさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

合掌
posted by のぶそうる at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする