NEC Direct(NECダイレクト)

2017年05月03日

生ける伝説は、今もエネルギッシュだぁ!



先日、

ブラッド・ペイズリーさんと

ミック・ジャガーさんの共演ソングに

聴き惚れてしまいましたが、

今夜もカントリー・ナンバーを!

今月29日に、

何と、御年84歳の誕生日を迎えられた、

御大、ウィリー・ネルソン!さんが、

新作

なんてこったい
God Problem Child

を、リリースしたようです〜!

収録曲の、

♪スティル・ノット・デッド

早速、聴かせて頂いているのですが、いやぁ〜〜、これぞな、軽快なアメリカン・カントリー・ソング!良く小説などで表現されますが、ホント、なめし革のような肌。皺がたくさん刻まれたそのお顔が、ギターを握ると少年のような目に変わって、生き生きとした表情を見せてくれる!

髪の毛を三つ編みにしたり、お茶目な表情も見せてくれて、ネルソンさんってば、まだまだ歌ってくれそうだよ〜!と、嬉しくなっちゃいましたぁ!♪朝起きたら、まだ死んでなかった・・・なんて、軽快で楽し気なメロディに乗せて歌っちゃうところも、さすが、キング・オブ・アメリカン・カントリーだよねぇ?

どうやらこれは、

アメリカの新大統領についての

偽ニュースへの回答を歌った曲のようですが・・・。

しかし、ワクワクしながら、

楽しそうに歌う御大を見て、聴いていて

心がほっこりして来ます!

跳ね上がるようなエレクトリックギターのフレーズも、

キラキラした旋律も、いやいや心地良いですぞ〜!

ウィリー・ネルソンさん!

この方も

いつまでも歌っていて欲しい、音楽界の宝ですね?



posted by のぶそうる at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ブラッド・ペイズリーさんが御大と・・・。



今夜は、

久々にカントリーナンバーを!

もうすでにリリースされているようですが、

ブラッド・ペイズリー!さんの新作

ラヴ・アンド・ウォー

このアルバム収録のナンバー

♪ドライヴ・オブ・シェイム

にて、

ミック・ジャガー様と共演しているようです!

早速また、楽しませて貰ってますが、

久しぶりの、土臭いカントリーサウンドと

もうこれでしょ〜〜う!なギターサウンドに

惚れ惚れしちゃって

・・・また独り上がっております〜!

テレキャスターから繰り出されるペイズリーさんの、何とも言えないカッコイイギターフレーズが、久しぶりにガンガン入って来るぅ〜〜!♪タリラッタリラッ・・・って言う、カントリー独特の弾き方なはずなんだけれども、ロックのタッピングみたいに響くその、軽快なタッチとフレーズが、

めちゃくちゃカッコイイなぁ〜〜〜!って。

乾いた音楽に、ワイルドなんだけれど甘い彼の歌声も

グッドです!

そして、

御大、ジャガー様のしゃがれヴォイスが絡んで来る!

いやぁ〜、最高ですね!

しかしジャガーさん、

全く衰えてないじゃないですかぁ?

恐ろしいほどに、お若いお声で!

この方も、凄い人ですよね?

理屈抜きで、生身で勝負する音楽?

いやいや、

久しぶりなんですが、心地良いですねぇ!

アルバムには他に、こちらも御大、ジョン・フォガティーさんや、何とティンバランドさんとの共演曲もあって、何やら、かなり良いアルバムになっているようですぞ?カントリーと言っても、ポップさとロックさもあり、聴き易い感じを持っている?ペイズリーさんなんで、期待大でございます!

シングル曲の、

♪トゥデイは、

昨年の10月にリリースされているナンバー。

ちょっとシリアスな曲なんでしょうか?

このアルバムは、聴かなきゃですねぇ!




posted by のぶそうる at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ブライジ様、貫録の一曲!



いよいよ、

メアリー・J.ブライジ!様の新作、

ストレングス・オブ・ア・ウーマン

リリースされたようですぞ〜!

昨年の11月に、♪シック・オブ・イットを聴かせてもらいましたが、いよいよアルバムがリリースと言うことで、現在、タイトル曲の、

♪ストレングス・オブ・ア・ウーマン

も、公開されていて、早速楽しませて貰っています!

凄ぇ〜〜〜!

貫録のヴォーカルを披露されてますぞ〜!

ちょっと低めのアルトヴォイスが彼女の魅力ですが、低いトーンで、あなたの魂を揺さぶるって言うのでしょうか?圧倒的な歌声に、鳥肌が立ってしまいましたぁ!やはり凄い歌い手さんだよなぁ〜、彼女は?改めてそう感じるばかりでございます。

サウンドの方は、あまり主張しない

コンパクトにまとめられた感じで、シンプルです!しかしこれで良い気がするなぁ〜。だって、彼女の歌声だけで満足してしまいますもん!と、ファンの方々は納得してくれるんじゃないかなぁ?望むならば、生楽器演奏で、ビートとリズムの利いた、ファンキーなバックサウンドに乗った彼女の歌声を聴きたいところですが、

2017年のブライジ様ですからねぇ?

これで良いんだよね!

Spotifyでは、何と!アルバム全曲リスニングが可能だとか?アルバムを買って、家に帰ってセットするまで、一曲として聴けなかった私の青春時代とは、まるで違うこの便利さに、未だに戸惑ってしまうわけですが、これもまた、

2017年のブライジ様の聴き方なんだよね?

今回もまた、

カニエ・ウェストさん、ミッシー・エリオットさん

DJキャレドさん他、

豪華なゲスト陣が参加しているそうですね?

三年ぶり、13作目のアルバムリリースに

乾杯です(^O^)



posted by のぶそうる at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする