デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年05月10日

991.♪ユー・アー!(with ブレイク・シェルトン)



ソウルフルが、
爽やかポップに生まれ変わる?


♪You Are with Blake Shelton
/Lionel Richie(2012年)


ライオネル・リッチー!さんが
ブレイク・シェルトン!さんと共演です。


カントリーが実はルーツにあるんだよ!

・・・ってことを、本日の1曲収録のアルバムを聴いて知った方々、かなりいらっしゃるんじゃないでしょうか?私もそうです!そう言えば、ケニー・ロジャースさんが歌ってヒットした、「♪レディ(1980年)」は、ライオネルさん作のナンバーでしたよね?

結局のところ、ジャンルうんぬんじゃなくて、良いものは良い、好きなものは好き、どれだけ楽しめるか・・・ってことなんだよね?今夜は、ライオネルさんの生まれ故郷である、米国は南部アラバマ州は、タスキーギをタイトルに冠した、セルフ・デュエット・カヴァー・アルバム「タスキーギ(2012年)」収録の1曲を!

やっぱりポップセンス抜群!
改めて、
ライオネルさんの才能に
・・・乾杯ですね!

アコースティックギターの乾いたサウンド、生楽器演奏のストレートでタイトな演奏が、爽やかぁ〜に響いて来て、思わず、良いよねぇ〜〜!って言っちちゃうぞ〜。原曲のヴァージョンは、ソウルフルなポップソングで、こっちはこっちでもちろん心地良いんだけれど、シェルトンさんとのデュエットヴァージョンの方も、

優しい風がサ〜〜〜ッと吹いて来て、とても爽やかな気持ちにさせてくれて、最高に気持ち良いです!アレンジを変えただけで、こんなにも雰囲気が違って来るのかぁ?と思いつつ、やはり、元々の原曲が良いんだなぁ?ってことを、痛感しますね。

しかしライオネルさんって、若いよね?健康に気を遣っていて、体も鍛えていらっしゃるそうですが、MVで見るお姿は、若々しくてカッコイイなぁ!ブレイク・シェルトンさんも、思いっきりカントリーな歌い方で、歌っていらっしゃるんですが、ちょっと優しさを感じるところ?ポップな感じがするところ?

が、上手くライオネルさんと合ってて、肩の力が抜けている感じもあって、良いです!先日のドゥービー・ブラザーズさんたちもそうでしたが、ソウルフルやR&B風味と、ロックやポップってものが、自然に融合していて、前述しましたが、ジャンルうんぬんじゃないんですね?

音楽を楽しもう!

聴いてくれる方々のために、

そして演ってるこっちも・・・存分に楽しもう!

これなんだよねぇ?

理屈じゃない、音楽の絆を強く感じる1曲です!

※本日の1曲「♪ユー・アー(with ブレイク・シェルトン)(2012年)」収録のアルバム「タスキーギ(2012年)」は、米ビルボード200、カントリー・アルバムチャート、カナダのアルバムチャートで最高位No.1!、オーストラリアとデンマークで最高位2位、英国では最高位7位・・・を獲得しているようです。豪華カントリーな人たちとのデュエット・セルフカヴァー集!このアルバムも、一家に一作の必聴盤ですぞ〜。






posted by のぶそうる at 22:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

990.♪チャイナ・グローヴ!




スカッと爽やか・・・ドゥービーズ!


♪China Grove/The Doobie Brothers(1973年)


ドゥービー・ブラザーズ!の皆様方。


今現在、って言うか、この間、来日されてましたよね?ええ〜まだ演っていらっしゃるんだぁ?と、ビックリです!トム・ジョンストンさんが中心の、初期のアメリカン・ロックンロール!カッコイイですよね?でも私は、マイケル・マクドナルドさんが加入してからのドゥービー

・・・いやこの時代は、ドゥービーの冠は付けちゃいけないようですが、都会的アダルト・コンテンポラリーな音楽に、一気に変わってしまった時も好きなんですよねぇ!一気に変わったからと言っても、セールス的に成功を収めて、しっかりと時代に乗った彼ら。

カントリーをと思っていたところに、ひょっこりと出て来て、今宵は初期のドゥービーさんたちを堪能しております!今夜は彼らの通算3作目のアルバム「キャプテン・アンド・ミー(1973年)」収録のシングルナンバーです!

メンバー

トム・ジョンストンさん(ヴォーカル&ギター)、パット・シモンズさん(ギター&ヴォーカル)、タイラン・ポーターさん(ベース)、ジョン・ハートマンさん(ドラムス&パーカッション)、マイケル・ホザックさん(ドラムス&コンガ他)、ゲストとして、その後は主力メンバーと同等の位置を占めることになる、ジェフリー・バクスターさん(ギター)

サザンロック?
いや
サザンソウル?
アメリカン爽やかロックンロールが
最高に心地良いです!

♪アメリカは南部、テキサスのサン・アントニオの近くの街にある、チャイナ・グローヴなんだよ〜!・・・対訳歌詞を読んでみると、サムライの刀まで出て来て、中国と日本がごっちゃまぜになって、良く分からないんいんだよなぁ?東洋の神秘的なもののことを言っているのかなぁ?何かの比喩なんでしょうか?

彼らは、いわゆるヒッピー世代の方々なので、ヨガのこと?まぁ、それよりもこの、がっつりパワフルなロックンロールを、体で受け止めようじゃないですかぁ!ガツ〜〜ンと!この時代は、エレクトリックギターの音も、ほとんど歪ませていない、自然のドライヴ感を大切にした音!

だからこその、木が鳴っている音色が存分に楽しめます!ホント、これぞなエレクトリックギターが、カッコイイです!そして驚くのは、ドラマーがお二人居るんですよね?今だと考えられないことですが、サザンロックのパワーをひしひしと感じるばかり!

そこに、アフリカン・アメリカンのベーシストである、ポーターさんが居て、やっぱりアフリカンなリズムが感じられて、ちょっとサザン・ソウルな雰囲気もあって、これがまた良いんだよなぁ!もちろん主体は、

ジョンストンさんのダイナミックな歌声!

アメリカンロックシンガーの代名詞的存在の彼が、ワイルドに時に繊細に、高らかに歌い上げる!カントリーやブルーグラスっぽさは、シモンズさんが醸し出していて、今考えてみると、初期の彼らも、ただただストレートなロックではなかったんですねぇ?

そんでもって、このアルバムから客演で参加したギターのジェフ・バクスターさん!彼の存在も大きくて、結局は、後期の音楽への橋渡し的な役割を担う人でもあったんだよね?いやぁ〜、遡って改めて聴き直してみると、いろいろと発見することがありますが、この曲は、

ブルーズなんかを基調としたアメリカンロックと、南部アメリカのソウル風味の合体?絶妙なかたちでの融合って言うのかなぁ?文句なしに、カッコイイ〜よねぇ?アメリカの音楽って、やっぱり大きくて、でっかくて、細かいことは気にしない、おおらかさを感じて、悩みとか吹っ飛ばしてしまう。そんなパワーを感じるなぁ。

それから彼らも、保守ではなく、革新の側の方々なので、いろいろな面を見せて、聴かせてくれるように思います!しかし今もまだ活動されていらっしゃるって言うんですから、凄いヴァイタリティですよね?コラボ・アルバム「サウスバウンド(2014年)」の次はまだ出ていないようですが、新作に期待したいところです!

心地良い、ホントカッコイイ曲だぞ〜!

※本日の1曲「♪チャイナ・グローヴ(1973年)」は、米ビルボード100で最高位15位・・・を記録しているようです。アルバム「キャプテン・アンド・ミー(1973年)」は、米ビルボード200で最高位7位、カナダで最高位10位、ニュージーランドでは最高位30位・・・を獲得しているようです。プロデュースを担う、テッド・テンプルマンさんは後に、ヴァン・ヘイレンさんやエアロスミスさんなどを手がける方。ダイナミックで、文句なしにカッコイイ音は、もうすでに完璧に出来上がっていたんですね?





posted by のぶそうる at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

989.♪ワン・ウェイ・チケット(ビコーズ・アイ・キャン)



爽やか健やか・・・最高だねぇ!


♪One Way Ticket(Because I Can)
/LeAnn Rimes(1996年)


リアン・ライムス!さん、良いなぁ。


あったかくなって来ると、爽やかな音楽が恋しくなる!久々にカントリーっぽい曲を!なんて思っていたら、この曲、そしてアルバムを思い出して、そうだよ〜!と、また独り上がっております。今夜は、何と!この時13歳だったんですね?カントリーシンガー、リアン・ライムスさんのアルバム「ブルー(1996年)」収録のシングルンナンバーです!

爽やか健やか清々しい!
初々しい少女の、可愛らしくも、
すでに完璧な歌声に、
酔いしれましょう!

最初に「♪ブルー(1996年)」を、当時、FMだっと記憶しているんですが聴いた時に、まさか13歳の少女が歌っているなんて、考えもしなかった。やはり天才っているんですよね?スティーヴィー・ワンダーさんだって、マイケル・ジャクソンさんだって、幼い時にデビューしているんですから、

出て来たってそんなに驚くことはないはずなんですが、彼女リアンさんの場合は、もう出来上がっているのが凄いところなんだよね!20代のレディが歌っているとしか聴こえないも〜ん。しかも説得力もあって、しっかりとカントリーの歌い方も心得ているし。

今また改めて聴き直していても、

あの頃の衝撃は全く薄れてません!

さて今夜のナンバーは、「♪ブルー」よりも、もっとポップで、カントリーって言う枠だけに留めておくのは、もったいないほどの美メロポップソング!後に彼女は、ジョン・ボン・ジョヴィさんとデュエットすることになりますが、ちょっとボン・ジョヴィさんたちを思わせるような、

土臭いけれども、爽やかで健やかな雰囲気満載の、聴き易いポップロックソングではないでしょうか?挑戦する若い女の子の、強い気持ち?を、何ともウキウキワクワクしちゃう音楽に乗せて、披露してくれてます!そう言えば、今をときめく、テイラー・スウィフト嬢が、リアンさんから影響を受けていると公言していて、

最初に買ったアルバムがこの「ブルー(1996年)」だったようですね?スウィフトさんも、カントリーと言う枠だけじゃなく、ポップシーンに果敢に挑戦して行ってる方なんで、リアンさんの影響は、そこらへんが大きいのかなぁ?典型的な美人さんであるスウィフトさんは、それはそれはゴージャズですが、目元が涼しく、ベイビーフェイスで、

可愛らしいリアンさんの方が、私は良いなぁ!もちろんリアンさんも成長されて、今はお綺麗な方ですが、可愛らしい目元は、今も変わらないですよね?とても癒されます!連休が今日で終わってしまい、あ〜あな方々、明日朝一番は、爽やか健やかポップで、上がって行きません?

なんて、

良〜〜いナンバーですぞ!

※本日の1曲「♪ワン・ウェイ・チケット(ビコーズ・アイ・キャン)(1996年)」は、米ビルボード・カントリー・シングルチャートで最高位No.1!、カナダのカントリーでは最高位4位・・・を記録しているようです。アルバム「ブルー(1996年)」は、米ビルボード・カントリー、カナダのカントリー、そして英国のカントリー・アルバムチャートで最高位No.1!、米ビルボード200で最高位3位・・・を獲得しているようです。

そしてグラミー賞にて、「♪ブルー(1996年)」で最優秀女性カントリー・ヴォーカル賞を受賞。最優秀新人賞も獲得しているようです。恐るべき天才少女だったんだなぁ!今後も、ずっとずっと歌い続けていて欲しい方ですね?








posted by のぶそうる at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ラ行・ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする