富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MARTセシール

2018年05月29日

1098.♪マイ・ジャマイカン・ガイ!




うねるレゲエファンク?


🎵My Jamaican Guy/Grace Jones(1983年)


グレイス・ジョーンズ!さん続ぞ〜。


前回の「ナイトクラビング(1981年)」の次にリリースされた、ジョーンズさんの通算6作目のアルバム「リヴィング・マイ・ライフ(1982年)」こちらも前作に続き、バハマのコンパスポイントにて、アレックス・サドキンさん、クリス・ブラックウェルさんのプロデュースの元作り上げられた作品!そうそう、前回書かなかったんですが、リズムセクションには、

スライ・ダンバーさんがドラムス
ロビー・シェイクスピアさんがベース

レゲエグループ、スライ&ロビー!のグルーヴなんですよね?重く、でもうねるお二人のグルーヴは、やっぱり最強だよなぁ〜って、改めて感じます!そして、こちらも前作から引き続きキーボード/シンセサイザーを操る、ウォーリー・バダロウさんが鍵盤を担っています!レベル42、トーキング・ヘッズ、ロバート・パーマーさんなどのバックで有名な方ですね。

・・・と言うことで今夜は、

上記彼女のアルバム「リヴィング・マイ・ライフ(1982年)」収録で、

3rdシングルナンバーです!

無機質なデジタルレゲエファンク?
いや、
やっぱり人肌のあるグルーヴだよね?

このアルバムではドラムスのダンバーさんは、シンセドラムも演っているみたいですが、この曲はそうなのかなぁ?シャキっとしていて・・・いやでも生ドラムかなぁ?バダロウさんの紡ぎ出すキーボードも、主役のジョーンズさんも淡々と歌っているので、何とも機械的で無機質な感じがあります!しかし、そこかしこでやっぱり、人肌が感じられますよね?

ジャマイカの原住民のことを歌っているんでしょうか?ちょっとピンと来ない難解な歌詞なんだけど、彼女の低く呟くようなヴォーカルも、艶めかしいし、生演奏とテクノロジーがごった煮?この中途半端なところが、この時代の魅力なんだよなぁ!前作の方がリズムも生々しくて、スライ&ロビーさんたちを強く感じられます。でもやはり、レゲエとファンクが合体したようなグルーヴは、最高に心地良いです!

南国風味も感じられて、コンパスポイント・サウンドだよねぇ?後に「♪ドゥーイング・イット(1995年)」で、LL COOL Jさんが大胆にサンプリングをしています!こちらもカッコイイんですが、ジョーンズさんのオリジナルあっての・・・ですね?今の時代だと、テクノロジーが完璧なサウンドを作って、クリアでクールで、これはこれでまた凄い!しかし、ちょっと半端なあの頃の音楽が魅力的で、私にはグッと来ちゃうんだよなぁ!

しかしジョーンズさんの存在って、振り返ってみると、

今のポップミュージックにホント影響を与えているよなぁ!

強く強く感じます。

この後、トレヴァー・ホーンさんが迎えられて、さらにデジタルサウンドに入って行く彼女ですが、この頃の、中途半端なアナログとデジタルの融合サウンドが、より浮かび上がって魅力を放っているように思う。私の青春時代の曲なので(リアルタイムではなく、後追いで聴いた曲なんですが)、どうしても贔屓しちゃうんですけどね。

未体験の方々にはぜひ聴いて欲しい世界です!


※本日の1曲「♪マイ・ジャマイカン・ガイ(1983年)」は、ニュージーランドのシングルチャートで最高位39位、英国で最高位59位・・・を記録しているようです。アルバム「リヴィング・マイ・ライフ(1982年)」は、ニュージーランドのアルバムチャートで最高位3位、スウェーデンでは最高位7位、ノルウェーで最高位13位、英国では最高位15位、オランダのアルバムチャートでは最高位18位、米ビルボード200では最高位86位・・・を獲得しているようです。





posted by のぶそうる at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

1097.🎵アイヴ・シーン・ザット・フェイス・ビフォー!



魅惑のムーディな世界へ・・・。


🎵I've Seen That Face Before(Libertango)
/Grace Jones(1981年)


グレース・ジョーンズ!女史ご登場です。


プロデューサーの、アレックス・サドキンさん繋がり!

あの頃の、バハマのコンパスポイント・スタジオでのレーコーディング作ってことで、グレース・ジョーンズ様が目に浮かび・・・。今宵は彼女の通算5作目のアルバム「ナイトクラビング(1981年)」収録で、アルゼンチンの作曲家でバンドネオン奏者であられた、アストル・ピアソラさんの楽曲をカヴァーしたナンバーでございます!

もちろん、アレックス・サドキンさん、そしてアイランド・レコードの社長、コンパスポイント・スタジオの所有者でもある、クリス・ブラックウェルさんとの共同プロデュース作品です!

レゲエの発祥地であるジャマイカに生まれ、アメリカはニューヨークに渡り、その抜群のスタイルを生かしてファッションモデルとして活躍。あの、アンディ・ウォーホール様との交流も生まれる。妖艶な眼差しと歌声は、今もレディガガ様などに影響を与えていると聞きます。後に、女優としても活躍して、今現在も現役アーティストとして活躍中のようです。

タンゴ・ミーツ・レゲエ?
デジタルとアナログ
いろいろなものを詰め込んだカヴァーは
今聴いても輝いていますよね?

ピアソラさんの、アルゼンチン・タンゴ・ソングが、妖艶に響き渡ります!そこに、デジタルなシンセサイザーサウンドが入り、ジョーンズさんの歌声が、何とも艶めかしく登場!レゲエビートがうねり・・・いろいろなジャンル、デジタルとアナログが混然一体となって、憂いを帯びた、お洒落な音楽が静かに、でも熱く迫って来る。

いやぁ〜、お洒落だよねぇ?

いろんな要素を、分け隔てなく取り込んで、一つの作品を作り上げる!ともすると、画一的になりがちな音楽とは、ひと味もふた味も違った音楽だよねぇ?夜一人でバーなんかに入って、仕事の疲れを癒す時に、ふと流れて来たら、何とも癒されるんじゃないかなぁ?ピアソラさんとしては、政治的な想いを込めて書いた曲とおっしゃるかもしれませんが、その人その人で感じか方が違っても良いと、私は思います!

やっぱり

'80'sの音に吸い込まれて行っちゃうんだよなぁ!

このナンバー収録のアルバムは、カヴァー作品が多いんですが、ジョーンズ色に染められていて、さすがの存在感を魅せてくれています!ザ・ポリスの、「♪デモリッション・マン(1981年)」も秀逸です!後、3rdシングル「♪プル・アップ・トゥ・ザ・バンパー(1981年)」は一転、ファンク調で、これまた違う魅力を感じます!改めて、ジョーンズさん凄ぇ〜なぁですね。

この曲も、アルバムも

未体験の方々に体験して欲しいなぁ!


本日の1曲「♪アイヴ・シーン・ザット・フェイス・ビフォー(リベルタンゴ)(1981年)」は、ベルギーのシングルチャートで最高位No.1!、オランダで最高位4位、スイスで最高位9位、スペインのシングルチャートで最高位14位、旧西ドイツでは最高位16位、フランスで最高位35位・・・を記録しているようです。アルバム「ナイトクラビング(1981年)」は、オランダのアルバムチャートで最高位2位、ニュージーランドで最高位3位、スウェーデンでは最高位4位、フランスのアルバムチャートで最高位5位・・・を獲得しているようです。シングル、アルバム共に、英米ではそれほどでもなかったとは・・・改めて知りました。でも欧州で受けたのは納得ですよね?







posted by のぶそうる at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

1096.♪ホールド・ミー・ナウ!



名バラッドだよねぇ?


🎵Hold Me Now/Thompson Twins(1983年)


トンプソン・ツインズ!さんたちご登場。


この曲、書くの忘れてましたぁ!

ベイリーさんのソロナンバーを聴いてて、やはり彼らトンプソン・ツインズさんたちが聴きたくなってしまったんだけれど、この名バラッドを書いてなかったとは・・・。とてもシンプルなのに、ちょっとせつなくて、でもあったかぁ〜くて、改めて良いバラッドだなぁ!と強く感じます。今夜は、彼らの通算4作目のアルバム「ホールド・ミー・ナウ(Into The Gap)(1984年)」収録で、1stシングルナンバーです!

メンバー

トム・ベイリーさん(ヴォーカル、ギター、ベース、シンセサイザー他)、アラナ・カリーさん(ドラムス、パーカッション、マリンバ、木琴、バッキングヴォーカル)ジョー・リーウェイさん(シンセサイザー、パーカッション、バッキングヴォーカル)そしてベイリーさんと共に、グレース・ジョーンズさん、デュラン・デュランさんたちのプロデュースでも有名な、アレックス・サドキン氏がプロデュースを担っています。

男の未練?
いや、本当に愛しているんだよ!
って言う
正に本気の名バラッドが良いです!
そしてリズムが秀逸です!

🎵体も、心も抱きしめてくれ!
そばに居て、また愛してくれ!

未練がましい男の想いって言うとそうかもしれないんですが、やっぱり本気でやり直したいと想う、男の最後の願いって考えると、さらにこの曲が盛り上がるよねぇ?なんて・・・ストレートでシンプルバラッド!あの頃の、英国産ニュー・ウェイヴの中のって言うことでじゃなくて、ポップミュージックの名バラッドと言っても過言ではないナンバーだよね。

ピアノの音色と歌い上げるヴォーカル!

そこに、マリンバ?いや木琴ですかね?カリーさんが担っている、フレーズともリズムとも言えるバックのサウンドが独特です!思い返してみると彼らって、リズムをとても大切にしている人たちだったんだよなぁ。本日のこのナンバーも、すぐにリズムが入って来ます!最初は、ピアノとヴォーカルだけで行って、だぁ〜〜ん!って盛り上げるパターンがバラードだと多いけれど、

すぐリズムが入って来るんだよ〜!

シンセのリズムなんだけど、前述した木琴が入って来て、パーカッションも鳴って・・・他の曲を聴いてみても、リズムに凝ってるなぁ!って。プロデュースのサドキンさんは、バハマのご出身の方だからなんだろか?英国のポップミュージックと、南国やアフリカンな風味が混ざり合って、デュラン・デュランさんたちも、サドキン氏プロデュース作「セヴン・アンド・ザ・ラグド・タイガー(1983年)」で、

同じような風味が混ざり合ってたよなぁ?今聴いても、いや今聴くからこそ、新鮮で面白く感じるのかなぁ?とにかく心地良いですぞ〜!曲自体はシンプル!しかし、ちょっとせつなくて、でもあったかぁ〜くて、ついメロディを覚えて口ずさんでしまう曲だと思います。ベイリーさんの歌声も、一周回って新しい?いや、やはり粘着系であの頃のニュー・ウェイヴ勢のシンガーさんですね!

渋くてダンディで
でも、ちょっと危うい粘着声?

が、私にはやっぱり一番しっくり来るんだなぁ!

でも名バラッドだよねぇ?

未体験の方々には、ぜひ堪能して欲しいです!


※本日の1曲「♪ホールド・ミー・ナウ(1983年)」は、米ビルボード100とオーストラリアのシングルチャートで最高位3位、英国とニュージーランド、ベルギーで最高位4位、旧西ドイツでは最高位7位、南アフリカのシングルチャートで最高位8位、スイスで最高位18位・・・を記録しているようです。アルバム「ホールド・ミー・ナウ(Into The Gap)(1984年)」は、英国のアルバムチャートで最高位No.1、米ビルボード200で最高位10位・・・を獲得しているようです。このアルバムも、ポップファンには一家に一枚の名盤ですね・・・。







posted by のぶそうる at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする