ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ Microsoft Public Affiliate Program (JP)

2017年09月17日

1035.♪そして、神戸!




いやぁ〜、しびれますぅ〜〜!


♪そして、神戸
/内山田洋とクール・ファイヴ(1972年)


クール・ファイヴ!の皆様方ご登場。


ついに、彼らに行ってしまいましたぁ!

両親が聴いていて、子供の頃から馴染みのある歌声だったんですが、改めてじっくりと聴いてみるとこの曲、同時期のアイズレー・ブラザーズさんたちと、サウンドが似ていることに気が付いて、おお〜〜って今、またしても独りで上がっておりますwww・・・と言うことで今夜は、彼らの通算14作目のヒットシングルナンバーを!

作詞:千家和也さん
作曲:浜圭介さん
編曲:盛岡賢一郎さん

メンバー

内山田洋さん(ギター)
前川清さん(リードヴォーカル)
宮本悦朗さん(ピアノ&キーボード)
小林正樹さん(ベース)
岩崎茂美さん(サックス&フルート)
森本繁さん(ドラムス)

ざらついたサウンド
哀愁のメロディ
'70'sR&Bっぽくて
でも、ニッポンの珠玉のムード歌謡が
・・・最高です!

ちょっとざらついた感触が、同時期の米R&Bファンクグループ、アイズレイ・ブラザーズさんたちと似ているのに、驚いております!ファズですよね?歪んだギターと、滑らかなリズムギター!二本のギターの対比なんかも、アーニー・アイズレイさんっぽいし。

それから、ドラムスの♪ドカドカ・・・と忙しいリズムを体感していると、あの時代のロックンロールグループともかぶって来て、人間が奏でる、汗かいて頑張ってる姿が想像出来て、おお〜っ!って感激しちゃいます!元々ジャズを中心に、いろいいろなジャンルの音楽を演奏していた人たちなので、

何でも出来ちゃうんでしょうねぇ?

ドゥアップ風コーラスもお手のものだし、演奏だって、ピッタリとリアルタイムのサウンドやスタイルを取り入れて、難なくこなしています!そこに主役の前川さんの独特な歌声が入って来て、今聴いてもオリジナリティ溢れてるよなぁ?って感じます。

アフリカンなソウフルっぽくもあるし、分厚い声のロックシンガー風でもあるし、ニッポンの演歌調でもある。でも、彼にしか出せない存在感ある、聴かせるヴォーカルだよなぁ!男が聴いても惚れ惚れしちゃうってやつですね。後に、お笑い番組に出て来て、笑わせてくれた人でもあって、面白い方。多才な方なんですよね?

聴き終わった後には、やっぱりニッポンの歌で、ムード歌謡と言われた当時のヒットソングだよなぁ〜!と感じます。日本語の母音が抜ける、柔らかい発音がそう感じさせるんだろうか?紛うことなき、ジャパニーズだよねぇ?ちょっとせつないって言う曲は、私たちニッポン人の得意なところであると思うけれど、

洋楽には出せない、
ニッポンの旋律とサウンド!

・・・に改めて拍手です!

前川さんはもちろん、

最高級の歌い手さんだぁ〜!


※本日の1曲「♪そして、神戸(1972年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位6位、第15回日本レコード大賞にて、作曲賞を受賞。第6回日本有線大賞を受賞されているようです。神戸のご当地ソングでもあるそうで、改めて名曲だなぁ〜と感じております。





posted by のぶそうる at 21:37| 東京 ☔| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

1034.I'M GETTIN' BLUE!



昭和歌謡メロディなんだよなぁ!


♪I'M GETTIN' BLUE/ZIGGY(1988年)


ZIGGY!の皆様方です。


ジャパニーズが熱い!

昭和の香りがプンプンするところが、いやぁ〜、めちゃくちゃ良いです〜!前回のPINK SAPPHIREさんと同じく、じっくりアルバムを堪能することはなかったんですが、いわゆる有名どころで良い曲!ってことで、自分なりのベストセレクションに入っているのが今夜のナンバー!なので、

ZIGGYさんのことを語る資格はありません!でも友達が、彼らのようなバッドボーイズ・ロックンロール系のバンドを演っていたこともあり、海外の、ハノイ・ロックスさんたちや、モトリー・クルーさんなんかは良く聴いていました。そうそう、ZIGGYさんは、ハノイ・ロックスしてましたよねぇ?

さて今宵のナンバーは、彼らのデビューシングルでございます!(翌年の1989年に再発されていますが)次のシングルである、「GLORIA(1988年)」も、それはそれは良いのですが、今宵の1曲が私は好きですねぇ!

作詞&作曲:森重樹一さん
編曲:ZIGGY、佐藤宣彦さん

メンバー

森重樹一さん(ヴォーカル)
戸城憲夫さん(ベース)
松尾宗仁さん(ギター)
大山正篤さん(ドラムス)

ノリノリの
ラフ&ルーズなロックンロール!
でも、
昭和歌謡の旋律に乾杯です!

理屈抜きの、バッドボーイズ・ロックンロールが炸裂!そのルックスも、正にあの頃のロックンロールで、懐かしいなぁ!って感じるんですが、♪どしゃぶりの雨が〜・・・のメロディが、えええ〜そう来る?って、何とも言えない昭和歌謡メロディで、

そうだったっけぇ?と、驚き、いや、癒されてしまってます!展開とか曲構成はシンプルで、洋楽っぽいのに、やっぱりジャパニーズを強く感じるんだよね。最近しつこく書いてしまってるけれども、ホント、そこが良いんだよなぁ!当時は洋楽っぽくあればあるほどカッコイイでしたが、

今は、ニッポンのメロディだよねぇ?なところに反応しちゃって、ワクワクしちゃう私です!年取ったのかなぁ?日本人としてのDNAは、どうしたってあるんだろうねぇ?そして、森重さん!その派手なルックスがちょっとキワモノ系を連想・・・いや失礼!ケバイ(ヤバい!これも死語かなぁ?)グラム系を感じるんですが、

とても爽やかな歌声をお持ちで、ロックンロールにも、昭和歌謡旋律にも合っていて、イイなぁ〜!と改めて思うばかりです!彼も、歌い手さんだよねぇ!ギターソロがなくて、ベースソロがある間奏から、ちょっとせつないサビのメロディへ!って言うところも良いなぁ!日本語がまた、グイグイ入って来ますし!
今夜も、

ニッポンのロックンロールに
・・・浸りたいと思います!


※本日の1曲「♪I'M GETTIN' BLUE(1988年)」は、1989年の再発盤が、オリコンのシングルチャートで最高位15位を記録しているようです。メジャー第一作のアルバム「ZIGGY IN WITH THE TIMES(1987年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位57位を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)さ行・た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

1033.♪P.S.I LOVE YOU!




胸がキュンキュンしちゃってます!



♪P.S. I LOVE YOU
/PINK SAPPHIRE(1990年)


PINK SAPPHIRE!の皆様方です。


キラキラジャパニーズポップソング!

また思い出してしまって、今また独りで、ウキウキしながら楽しんでおりますwww前に、胸キュンソングとして、このブログに書いたと思うんだけれど、今また聴いても、いや、今聴くとさらに良く聴こえてきちゃって、困っちゃって・・・いやぁ〜、たまらないなぁ!

今夜は彼女たちのデビューシングルを!

作詞:石田美紀さん
作曲:小路隆さん
編曲:PINK SAPPHIRE

メンバーは、ミス・・・

AYAKO TSUKADA(ヴォーカル)
TAKAKO SUZUKI(ギター)
MIKI ISHIDA(ベース)
HARUMI KIKUNO(ドラムス)

ストレートで美メロの
ポップンロックンロール!
でもやっぱり、
ジャパニーズなのが良いです〜!

何と、2014年に再結成していらしゃるんですね?ガールズロックグループとして、'90年代を席巻したPINK SAPPHIREさんたち!この頃って、'80年代のハードロックやヘヴィ・メタル系をバックグラウンドに持っている、いわゆる、ジャパニーズ・メタル(ジャパメタ)の流れを継ぐ路線の人たちって、

もうあんまりもう居なかった気がするんですが、彼女たちはそうでしたよね?ただ、もっとポップで明るい雰囲気が、プリンセス・プリンセスの妹分的で、当時私は、おお〜〜!って感じてました。ヴォーカルのAYAさんがお綺麗で、バブル期のコンサバな雰囲気を持っていて、

一目惚れしちゃった方々多いんじゃないかなぁ?私らの世代と、ちょっと下の方々かなぁ?男性は、ツーブロックヘア全盛期で、アメリカン・カジュアルが流行っていて・・・懐かしいです!久しぶりにMVを見させてもらったんですが、全然ロックな衣装も着てないし?

やっぱり、爽やかポップンロックンロールだよね!ギターのTAKAさんが、かろうじてハードロックな雰囲気を漂わせているけれども。ただダイナミックに響くサウンドは、がっつりしたアメリカン風のポップなロックで、聴いていて爽快ですなぁ!当時よりも今聴くと、意外に太い音だったのかぁ?って感じます。

そこに、AYAさんの日本語の歌が入って来る!英語の詩がアクセントにもちろんなっているけれど、やっぱり彼女たちも、しつこい?こりゃ失敬!ニッポンならではを感じてしまいます!良い意味で、ちょっとせつない雰囲気のメロディも、その歌い回しも・・・。

逆に、アメリカ人には作れない曲だと思うんだよねぇ!ガチッと琴線を掴まれてしまう感じって言うのかなぁ?良い曲ですよ〜!なんて、最近は新旧問わず、ジャパニーズにハマッてしまってます。まだ再結成後の新作の報はないようですが、ニューアルバムなんて出して欲しいなぁ?

爽やかな風が、心躍り癒してくれる・・・。


※本日の1曲「♪P.S. I LOVE YOU(1990年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位2位を記録しているようです。改めて彼女たちの作品をじっくり聴いてみようかなぁ?って思われている方々多い気がします・・・。









posted by のぶそうる at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)な行・は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする