ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ Microsoft Public Affiliate Program (JP)

2017年09月11日

1032.♪ネクスト・トゥ・ユー!




君のそばに居たいのさぁぁぁぁ!


♪Nest To You/The Police(1978年)


ザ・ポリス!のご三方です。


先日、ギズモドロームさんたちを見て聴いていたら、やっぱりスチュさんのドラミンングが体感したくなって・・・。と言うことで今夜は、ザ・ポリスさんたちの初期の名曲を!しかし、いつ聴いても、しびれるなぁ〜!

ご存知最強のトリオ

スティングさん(ベース&リードヴォーカル)
スチュワート・コープランドさん(ドラムス&ヴォーカル)
アンディ・サマーズさん(ギター&ヴォーカル)

シンプルでストレートに疾走する
ど直球ななラヴソング!
カッコイイなぁ〜〜〜!

確か、2008年の再結成来日公演の(贅沢にも私、観に行ったんですよ〜!)、ラストソングだったと記憶しています!デビューアルバム「アウトランドス・ダムール(1978年)」収録で、シングルカットはされなかったけれども、オープニングナンバーとして、人気のナンバー!

真っすぐに疾走する、ちょっとパンキッシュな雰囲気が初期の彼らにはありましたが、理屈抜きにカッコイイ〜!ホント、いつ聴いてもそう感じます!血管切れちゃうんじゃない?なスティングさんの超ハイトーンヴォーカルも最高だし、シンプルなサマーズさんのギターも良い!

でもやっぱり、

スチュさんの流れるようなドラミング!

だよねぇ〜!この曲はシンプルに徹していらっしゃるけど、そのグルーヴは、正にポリスの心臓部。もう体が自然と動いてしまって、じっとしていられないです〜!これぞ、ロックンロールの醍醐味だよねぇ?ハイハットがシャキシャキと鳴り、軽快にリズムを刻む、圧倒的な彼存在感に、改めて凄ぇ〜!と感動しちゃいます。

元々は、プログレッシヴ系をルーツに持つ、テクニシャンであられるのに、あえてシンプルに、ストレートに、難しいことは何も演らないんだぜぇ!(実はこのシンプルなものが、一番難しかったりするんですが・・・。)とにかく聴く者をのせる、惑わす、虜にさせるプロフェッショナルドラマーだよねぇ?

彼が後ろに居るから、そんでもって、スティングさんがきっちりこなしていらっしゃるから、サマーズさんが好きなことが出来る?来日公演の時に、サマーズさんが一番アクションが大きかったもんなぁ?ドラムスがやっぱり、ロックンロールの要なんだよねぇ?

理屈抜きに楽しめる1曲!

まだまだ

最強の三人!は彼らですねぇ?


※本日の1曲「♪ネクスト・トゥ・ユー(1978年)」収録のアルバム「アウトランドス・ダムール(1978年)」は、フランスとオランダのシングルチャートで最高位2位、英国とニュージーランドでは最高位6位、米ビルボード200で最高位23位・・・を獲得しているようです。この曲は多くのカヴァーが存在するようですが、オフスプリングさん、アンスラックスさんのカヴァーが人気があるようですねぇ?





posted by のぶそうる at 23:04| 東京 ☁| Comment(0) | アーティスト(洋楽)ナ行・ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

1031.♪Someday,Someplace!



ホント、
楽しくて、癒されるんだよなぁ・・・。


♪Someday,Someplace
/Every Little Thing(1999年)


ELT!さんご登場


すっかり秋めいて来てますが、まだまだしっとり系よりも、はじけるポップソングが聴きたくて・・・。今夜は、ELTさんたちの通算12thシングルでございます!1999年にリリースされたベストアルバム「Every Best Single +3(1999年)」収録の先行シングルなんだよねぇ?

この頃は、

持田香織さん(ヴォーカル)、伊藤一朗さん(ギター)、そしてキーボードに、五十嵐充さんがいらしゃった時のナンバーで、お二人になってからよりも、派手でキーボードサウンンドが主体になっている、ちょっとアメリカのAORっぽい雰囲気があったように時代?もちろん、ダンスミュージックサウンドも存分に楽しめるんですが。

作詞、作曲、編曲:五十嵐充さん

何とも楽しめて
何とも癒されるその旋律
そして、
持田さんの歌声にまた
何とも楽しませてもらい
何とも癒される・・・。

実は久しぶりに、ELTさんの上記ベストアルバムを引っ張り出して、今また堪能しているんですよ〜!最近の、自然体な雰囲気に重点を置いた彼らも好きなんだけど、やっぱりこの時代が良いんだよなぁ!まだ持田さんも金髪ヘアーで、ギャルモッチーと呼ばれていた頃。

その後に喉を傷めてしまわれて、彼女独特のあの歌声が変わってしまって。その後ももちろんファンであり続けていますが、どうしてもあの頃のあの透き通るような彼女の歌声に、今も心を持って行かれちゃう私でございます!(今の歌声ももちろん好きですが)

五十嵐さんのキーボードを主体にした、ポップンロックで、ちょっとアメリカのAOR風味がある?その美旋律にも、やっぱり良いなぁ〜!と、感動しちゃいます〜!この曲の一つ前のシングル「♪Over and Over(1999年)」この曲が一つの転換期になったように感じています!ユーロビート系?のダンスチューンから、

洗練されたポップロックへ!

そして、

持田さんの透明感のある美声!

ライヴになると、おらおら系に豹変してしまう?www彼女ですが、何とも可愛らしくて、透明感があって、そしてエネルギッシュで・・・今も聴いていると、自然と体が動いちゃうし、心が洗われるようで心地良いんだよなぁ!紡がれる歌詞の方も、

♪優しさと仲間を胸に刻んで走り出そう・・・辛くても、頑張って行こうよ!って言う、普遍的なものが合っていて、ワクワクして、本当に頑張ろう!って、素直に思えるなぁ。ここらへんも好きなところで、小難しいことを紡いで、哲学しているような(お好きな方々すみません!)陰にこもるものはどうも最近は苦手で・・・。

結局音楽って、趣味嗜好のものだから、好き嫌いは当たり前にあると思います!それをどうこうなんて、私に言う権利なんて全くないけれど、明るく楽しい詩は勇気を貰えるし、ダイレクトに歌詞が伝わるジャヤパニーズならではの、やはり楽しみじゃないでしょうか?なんて・・・。

楽しんで
癒されて

堪能したいと思います!


※本日の1曲「♪Someday,Someplace(1999年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位4位、ベストアルバム「Every Best Single+3(1999年)」は、オリコンのアルバムチャートで最高位No.1!を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 23:37| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

ギズモドロームが、凄いぞ〜!




またしても物凄いグループを発見です〜!

と言っても、

キラ星のごときベテラン勢が集結した

スーパーグループなんです!

スチュワート・コープランド(ザ・ポリス)さんがドラムス、エイドリアン・ブリュー(キング・クリムゾン)さんがギター、マーク・キング(レベル42)さんがベース、そして、ヴィットリオ・コスマ(P.F.M.)さんがキーボードって言う、もうこれ以上望めないプレイヤーさんたちが集まってます!

その名は、

ギズモドローム!

セルフタイトルを冠したアルバムが

9月15日にリリースされるようです!

ドキュメンタリー他、

♪アカマ・ピパ


と、

♪マン・イン・ザ・マウンテン


が、只今公開されています!

パンク?いやレゲエ?ジャズ?フュージョン?ロックンロール?・・・このメンバーならば、何だって出来ちゃうはずですが、基本的に、シンプルな音楽になっているところがまた凄いなぁ!もちろん、スチュさんキングさんのリズムが、うねりまくってるし、ブリューさんのギターは唸りを上げてるんだけれど・・・。

そんでもって、

♪マン・イン・ザ〜で、スチュさんが、

野太く味わい深い歌声でヴォーカルを披露!

MVでの、

白髪になった渋いおじ様なのに

思いっきりはじけているのには、拍手です〜!

もう怖いのもなんてなくて、友達とワイワイ集まって、好きなこと演ろうよ!ってことなのかなぁ?でも、子供のように楽しんでいるお姿を見て、とても嬉しくなっちゃいましたぁ!やっぱり音楽って、楽しむものなんだよね?再確認させてくれますぞ!

注目のグループですねぇ?

posted by のぶそうる at 23:01| 東京 🌁| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする