デル株式会社 NEC Direct(NECダイレクト)

2017年04月05日

977.♪火星の生活!



ホロリとさせる、王道バラッド!


♪火星の生活
Life On Mars?/David Bowie(1973年)


デヴィッド・ボウイ!さんご登場です。


先日、ボウイ展を見に行ってから、ボウイさんの曲にまた、惹きつけられてしまってます!やっぱり、私の中で彼の存在は大きかったんだなぁ?と強く感じるばかり。あらゆるスタイルの音楽を、彼色に染め上げて・・・本当に凄い方だったことを痛感しています。

「レッツ・ダンス(1983年)」から入って、その後を堪能して、遡ってまた堪能して行ったんですが、初期のグラム時代の曲を聴くと、やはり彼が自身の魅力を存分に発揮していたのは、この時だったのかなぁ?と今感じています。今夜は、彼の通算4作目のアルバム「ハンキー・ドリー(1971年)」収録のシングルナンバーです!

次作の「ジギー・スターダスト(1972年)」も良いですし、その次の「アラディン・セイン(1973年)」は、大好きな作品なんだけれど、このアルバム、そしてこのバラッドが、心にスーッと入って来て、耳にいつまでも残って離れません!ギターのミック・ロンソンさん(彼ももう居ないんだよね)、ベースのトレヴァー・ボルダーさん、

ドラムスの、ミック・ウッドマンジーさん、そして本日のナンバーではピアノ、キーボードに、リック・ウェイクマンさんが参加しています!彼の、流れるような豪華絢爛なピアノの調べ、これがまた、良いんですよねぇ〜!

ゴージャスでホロリとさせる
王道の英国産バラッド!
でも
シンプルでとても聴き易くて。

ウェイクマンさんのゴージャスなピアノの調べに乗って、ボウイさんのキーが高めの歌声がささやき出す!難解な詩は、どうやらマスメディアへの皮肉を歌った詩のようですが、旋律とサウンド、そしてその歌声は、豪華絢爛で、ホロリとさせる王道の英国産バラッド!

ロックに関心のない方々にも、スーッと入って行く、とても聴き易い曲だと感じます!展開もシンプルだし・・・。シンプルだからこそ、耳に、心に、ずっと残って行くのかもしれませんね?生のオーケストラが、ダイナミックさを演出していて、'70年代を凄く感じますが、

ボウイさんのヴォーカルが、とても優しく聴こえて来るんだよなぁ!厚化粧して、キラキラギラギラしたそのルックスとは対照的な優しい歌声に、癒されるんだよなぁ。ダンディで渋いボウイさんが私は好きなんですが、この頃の彼が。実は一番素の感じがして、いや違うかなぁ?

この頃が一番、魅力的なボウイさんなのかもしれません!そして、今の若い方々にも、この頃の彼が一番グッと来るのかなぁ?どこか寂しくて、でも、決して逃げずに、必死に生きようとする強く凛とした態度?そんなことを感じるナンバーですね。

今宵はボウイさんに酔いしれます!

あなたもぜひ・・・。

※本日の1曲「♪火星の生活(1973年)」は、英国のシングルチャートで最高位3位、アイルランドで最高位4位・・・を記録しているようです。アルバム「ハンキー・ドリー(1971年)」は、英国のアルバムチャートで最高位3位、スウェーデンでは最高位16位、米ビルボード200では最高位57位・・・を獲得しているようです。








posted by のぶそうる at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

デヴィッド・ボウイ・イズ・・・。

デヴィッド・ボウイ展

DAVID BOWIE is

昨日、行ってきましたぁ!

改めてボウイさんは、ミュージシャンでシンガーであるばかりでなく、詩人であり、作家であり、俳優でもあり、絵描きさんでも、デザイナーさんでもあり・・・ってことを感じるひと時でしたぁ!やはり私は、レッツ・ダンスの頃の、ゴールド系?ダボッとしたパンツのスーツが印象的でして、

目の前すると、時が止まってしまった?

本当に、感動してしまいましたぁ!

パリッとダンディに決めたボウイさんが

今にも歌ってくれそうで・・・。

メインのポスターなどに使われている、

アラディン・セインやグラム時代の彼の衣装やエピソードが、やっぱりメインだったのかなぁ?我らがニッポンのデザイナー、山本寛斎さんデザインの、歌舞伎を思わせる衣装ももちろん、とにかく、音楽的にもいろいろなものにチャレンジして来た彼なので、

いろいろなスタイルの衣装が展示されてましたぁ!

改めて、ボウイさんがどうしてこんなにも魅力的な方だったのかを、強く感じる瞬間でしたね!会場には、若い方々も結構いらっしゃっていて、メモまで取っている方もいました。そうかぁ〜、今この瞬間も彼は生きているのかぁ?最高の時間を過ごすことが出来て、満足しています!

ニッポンでは、4/9(日)までのようです。

ぜひ足を運んで、

彼の世界を、夢を与えて下さった彼の軌跡を

堪能して欲しいです!

ボウイさんよ永遠に・・・。



デヴィッド・ボウイ・イズ2017年04月02日(日).jpg



posted by のぶそうる at 22:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

976.♪ニュー・センセーション!




新しい感覚なんだぜぇ!


♪New Sensation/INXS(1988年)


INXSの皆様方です。


ウェイブのかかった長髪をポニーテールにして、スーツでビシッと決めたセクシーな男が、エネルギッシュに歌い出す!ちょっとミック・ジャガーさんっぽくて・・・今改めてミュージック・ビデオを見てみると、あの時とおんなじで、いやぁ〜、カッコイイなぁ!です。

彼らもオーストラリア出身のグループで、'80'sを席巻したスーパーグループ!今夜は彼らの通算6作目のアルバム「キック(1987年)」収録で、3rdシングルナンバーです!

メンバー

マイケル・ハッチェンッスさん(ヴォーカル)
アンドリュー・ファリスさん(キーボード&ギター)
ティム・ファリスさん(ギター)
ジョン・ファリスさん(ドラムス&パーカッション)
ギャリー・ゲイリー・ビアーズさん(ベース)
カーク・ペンギリーさん
(サックス、ギター、ヴォーカル)

ファンキーとロックンロールの融合?
跳ね上がるサウンドと、
ソウルフルなヴォーカルが
・・・もう踊るしかありませんぞ〜!

クリス・トーマスさんをプロデューサーに迎えてからの彼らは、正に時代の寵児になったんですよねぇ?シンセサイザーを取り入れて、先端なサウンドになって、いわゆるファンクとソウルとロックの融合って言うものが、この頃のブームだったんですかね?この音楽が、正に私の青春でもあり、こういう音楽が演りたいよ〜でした。

エレクトリックギターのシャリシャリのカッティングがアクセントになった、ファンキーで揺れるリズムに、
ハッチェンスさんの、ワイルドでソウルフルな歌声が乗っかる!ロックな雰囲気ももちろんあるし、サックスが、これまたセクシーに響いて来る!体が勝手に反応して、気が付いたらもう・・・?

ハッチェンスさんの存在感!

最近も、ファンキーなリズムを持ったグループを耳にして、嬉しい限りでなんだけれども、いかんせんヴォーカルが、真面目過ぎちゃう?と言うか、アクやクセがあまり感じられないのが、私は物足りないんですよね!もちろんそういうとろが今のヴォーカルなんですから、良いんですよ!

しかしおじさんは、もう見た瞬間から釘付けになっちゃうような、女性の方々ならば、心を持ってかれちゃうような、セクシーでワイルドで、危険な男に、とても魅力を感じちゃうわけでございます!ハッチェンスさんは、もう水も滴る良い男(ヤバい死後?)ブラッド・ピットさんと互角に張り合えるほどのイケメンぶりで、

歌声は、ミック・ジャガーさんを彷彿とさせる?黒くソウルフルな歌声で、一気に持って行かれっちゃうことでしょう!カリスマってやつかなぁ?男から見てもカッコイイって言う男だよね?思えば、ちょうど今から、20年前に亡くなられてしまったんですね。そう言えば、その若過ぎる死からも、雰囲気からも、

ドアーズの、ジム・モリソンさんとも比較されていらっしゃいました。今思うと、もっともっと歌って欲しかった人です!今生きていたら、56歳になられていたのかぁ?きっと渋さを増して、さらにかっこよくなっていたことでしょう。そして歌も、ちょっと枯れた、渋い歌を歌ってくれてたんじゃないでしょうか?

それを考えると悲しくなってしまうなぁ!

でも、

ハッチェンスさんの歌声は永遠に聴けます!

今宵はもう4月の夜。

上がって行きたましょ〜〜う!

※本日の1曲「♪ニュー・センセーション(1988年)」は、オーストラリアのシングルチャートで最高位9位、カナダで最高位No.1!、米ビルボード100で最高位3位、ビルボード・ロックシングルチャートでは最高位8位、オランダで最高位14位・・・を記録しているようです。アルバム「キック(1987年)」は、オーストラリアのアルバムチャートで細最高位2位、カナダとニュージーランドで最高位No.1!、フランスと米ビルボード200で最高位3位・・・を獲得しているようです。










posted by のぶそうる at 22:52| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | アーティスト(洋楽)ア行・カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする