日比谷花壇_2017年_お年玉キャンペーン_フラワーギフト

2017年11月11日

1047.♪ひとり!




しかし・・・良い歌声だよなぁ?


♪ひとり/ゴスペラーズ(2001年)


ゴスペラーズ!の皆様方です。


今夜の東京地方は、かなり寒くて、そう言えばもう冬なんだよなぁ?とつくづく感じるばかりです。こんな時私は決まって、ソウルフルなメロディが聴きたくなるんだよね!スティーヴィー・ワンダーさんをしばし聴き直していたんですが今宵は、ニッポンのソウルフル!ゴスペラーズの皆様方のご登場です!

このナンバーが、初めてオリコンのトップ10チャート入りをした曲で、代表的なナンバー!しかも、全編アカペラってことで、温もりを感じて・・・良いなぁ!今聴いても感じるなぁ。彼らの通算16作目のシングルナンバーを、今夜は堪能しましょう!

作詞・作曲:村上てつやさん
編曲:村上てつやさん、北山陽一さん

メンバー

村上てつやさん
黒沢薫さん
酒井雄二さん
北山陽一さん
安岡優さん

ソウルフルメロディに
ソウルフルな歌声とハーモニー
ちょっとせつない雰囲気が
日本語の響きが
たまらなく愛しいです!

ソウルフルな旋律に、村上さんの、これまたソウルフルでぶっとい歌声が、轟いてますぞ〜!ホントこの方も、歌を歌うために生まれて来られた方だよね?共演もされてましたが、マーチンさん(鈴木雅之さん)のスタイルと似ていて、アフリカンの人のような喉をお持ちで、しかし・・・良い歌声だよなぁ?

村上さん以外の四人の、絶妙なバックコーラスがバックをしっかりと作っていて、バンドなど要らないぜぇ!それほどの高いクオリティですよね?人間の声でバックサウンドを作るって、相当難しいことだと思うんだけれど、簡単に演ってしまってるようで・・・こちらも素晴らしいです!

黒人の方々がオリジンなのは当たり前なんですが、彼らの音楽は世界中に影響を与えているわけで、ニッポンのグループが歌っても、何も変じゃない時代。今は白人のシンガーさんたちにも、黒人の方々の歌い方の影響が大きいですもんね。

張りのあるその歌声、スムーズに歌われる、ファルセットヴォイスも・・・アフリカンの方々と十分に張り合えるお声を、村上さんは持っていらっしゃいます!そこに、日本語の響きが入って来る!私たちには、瞬時に詩の意味が分かるので、さらに聴き入ってしまうんだよなぁ。そして、

やっぱり人間同士の触れ合いの中で、

人間って生きて行くんだよね?

いや、触れ合いがなければ

人間は生きて行けないんだよね?

家族や友人を、周りにいるお世話になっている方々に、感謝しなきゃいけないなぁ?と、このナンバーを聴いていて強く感じる寒い夜でございます!今年、酒井さんがご結婚を発表されて、メンバーすべてが既婚者になったようですね?これから枯れて行って、渋くなる?いや、ますますエネルギッシュに?ダンディに?

彼らにも、

末永く歌い続けて行って欲しいですね?


※本日の1曲「♪ひとり(2001年)」は、オリコンのシングルチャートで最高位3位を記録しているようです。







posted by のぶそうる at 22:57| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(邦楽)あ行・か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

顕子さんもご健在で、嬉しいなぁ!



最近、彼女の昔のナンバーを聴いていて

やっぱり良いなぁ〜!って凄く思っています。

何だろう?めちゃくちゃ癒されるんだよなぁ!

矢野顕子!さん。

恒例のピアノ弾き語り新作アルバム

Soft Landing

が、11月29日にリリースされるようです!

今、トレイラーが公開されていて

見て聴いているのですが、ご健在ですよねぇ?

派手だった顕子さんですが、

今は、自然体で、貫録十分で、

さらりとピアノを弾いている姿は、

これまためちゃくちゃカッコイイです!

その優しい旋律と、優しい歌声に癒されます〜!

元旦那さんの坂本教授と同じく、

西洋的でもあり、東洋的でもあって

不思議な魅力がある方ですよね?

もちろんニッポンの音楽なんだけれど、

それが今も、全く古さを感じさせず

というのが、ホント不思議で、魅了されてしまいます!

ニッポンの宝ですねぇ?

彼女も、

いつまでも歌い続けて欲しい歌い手さんだぁ!

聴かなきゃですねぇ?




posted by のぶそうる at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

1046.♪ユー・アンド・アイ!




愛はすべてを駆逐する?


♪You And I
(We Can Conquer The World)
/Stevie Wonder(1972年)


スティーヴィー・ワンダー!様ご登場です。


このところ、ニッポンの音楽が心地良く響いて来てハマッてしまってるんですが、今日から暦の上でも冬ってことで、あったかぁ〜いソウルフルバラードを、久しぶりに楽しんでおります!♪君と僕の二人ならば、世界を征服することだって出来るのさ・・・こんなこと歌える方は、

スティーヴィーさんしか居ないよねぇ?

最後の愛の伝道師とも呼ばれる彼の音楽は、いつどんな時に聴いても、いつも同じように励まされて、癒されて、優しくなって、勇気を貰えます!今夜は、彼の代表作と呼ばれるアルバム「トーキング・ブック(1972年)」収録の、愛に溢れるバラッドでございます。

愛に溢れすぎた
シンプルだけど珠玉のバラードに
心洗われちゃうぞ?

もう説明の必要はないですねぇ?

♪サンシャインや♪迷信などが有名ですが、全曲◎なアルバム「トーキング・ブック(1972年)」ソウルやスティーヴィー・ファンでなくとも、このアルバムが好きって方々多いと思います。私は、2000年代に入ってから堪能させて貰っている、実はまだまだ偉そうに語れる人ではないのですが

もう、何度聴いたか覚えてないぐらいに楽しませて貰った作品です!今夜のナンバーは、3曲目に収録されていて、濃厚な愛の詩が、響き渡ります!T.O.N.T.O.や、モーグシンセシザーって言う、当時の最先端のテクノロジーを惜しげもなく使いながらも、

アナログシンセサイザーの、今聴くと、ちょっと古臭さを感じるってこともあるんでしょうか?ちっとも機械的な冷たい感じがなく、スティーヴィーさんの熱い歌声と共に、人間臭くあったかぁ〜い音楽に、熱くなり、そして心が洗われちゃいますぞ!

♪ウニョウニョ〜〜〜・・・て鳴るシンセの音は、幼い頃に、ウルトラマンを見た時に流れていた音と被って?やっぱりあの時代、'70年代独特の世界を感じますよね?と言うと、お若い方々は全く分からないと思うんですが、親やおじいちゃん、おばあちゃんが聴いていたってことで、この時代の音楽って特にロックがそうですが、

今にしっかりと繋がっているんですよね?

冬の早朝の寒空の中、駅へ急ぐ瞬間、ふとこの曲が流れて来たら・・・忙しくてトゲトゲしている気分が、一瞬で飛んで行ってしまい、しばしの小休止。ポジティヴな気持ちが湧いて来て、憂鬱な朝を変えてくれると感じます!

本当の愛を知っている
本当の愛を持っている
本当の愛を与えてくれる

スティーヴィーさん!

彼にも末永く歌っていて欲しいですね?




posted by のぶそうる at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | アーティスト(洋楽)サ行・タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする